menu

プロフィールに書くべきことと、その狙い

こんにちは、渋屋です。
昨日でブログ更新連続1,000日を達成しました(ブログを1,000日続けて感じていること)。
多くの方から、Facebookや個別メッセージなどで、お祝いの言葉を頂きました。
いつも皆様に支えて頂いていることを、改めて実感しました。ありがとうございます!

今回から、「診断士のタマゴ」シリーズ(実践編)に入っていきますが、
これからもマインド編、戦略編を付け足していくことと思います。

具体例(実践編)と戦略、あるいはそれらを支えるマインドを
何度も何度もグルグルと行き来することが、
自分の軸を明確にさせ、個別の具体的な行動を効果的なものにするからです。

 

診断士だけでなく、自分は何者なのか、を示す

戦略編(診断士として自分が何者なのか?をハッキリさせる)でも書きましたが、
診断士は自分が何者なのか?を明確にする必要があります。
もちろん、「中小企業診断士です」では何も伝わりません。

では、具体的に何を示す必要があるのか?ですが、
その前に自分のプロフィールが使われる場所・シーンを考えてみます。

  • 名刺(人と会ったときの自己紹介)
  • ホームページのプロフィール
  • セミナーや研修を行う際、冒頭の自己紹介
  • 書籍のプロフィール

等など、数多くあります。

社長は1分で自己紹介できるようになれ、とは良く聞く話です。
診断士は個人事業主であることが多く、社長を支援しますので、
自分自身がまず、それを実践する必要があります。

 

具体的に何を示すのか

では、具体的に何を示すべきなのか?です。
基本的には徹底して顧客の視点に立って考えてみましょう。

  • 商品(サービス)が分かる
    あなたが顧客に対して提供できるものを示します。
    それによって顧客のどのようなニーズが満たされるのか?
    イメージを持って頂けるようにする必要があります。
  • 実績が分かる
    商品(サービス)が分かっても、顧客は初めてお会いしたあなたに対して、
    仕事を依頼するのを躊躇します。まだ信頼関係がないからです。
    それを補うためには、過去の実績を示すのが良いでしょう。
  • あなたの想いが分かる
    とは言え、これから独立・起業しようとするあなたにとって実績を示すのは
    難しいことかもしれません。
    そのときに大切になるのが、あなたの「想い」です。
    なぜ独立・起業して、あなたの商品(サービス)を提供しようとしているのか?
    あなたの強い想いに顧客が共感してくれれば、信頼関係が築けるでしょう。

これらの要素を適切な長さで表現する必要があります。
名刺や書籍に載せるものは文字数が限られています。
一方、ホームページであれば制限はありませんので、詳細をしっかり書くことができます。

 

もう1つのプロフィールの意味

プロフィールには、もう1つの意味合いがあります。
それは、あなたにとって理想的な顧客から、自分がやりたい仕事を取ることです。

例えば私の場合であれば、物事を小さく始めて、徐々に育てていくことを
サービスの主軸においています。
したがって、「短期間で稼ぐ」、「これだけやれば一発で」というようなことを
期待されている方は、顧客対象から外れます。

そのような方からの仕事依頼が来ないようにするためにも、
プロフィールは必要なのだと思います。

※以前にも書きましたが、本ブログの私のプロフィール、あるいは名刺は
更新が出来ておらず、本記事の参考になりませんので、予めお詫び申し上げます。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の「診断士のタマゴ」シリーズはこちらです。

診断士のタマゴ(マインド編)

診断士のタマゴ(戦略編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

相変わらず体調を崩しています。
風邪を引いたりするときにも原因があるはずですので、
しっかり原因分析して、同じようなミスを繰り返さないようにしたいものです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

ブログを1,000日続けて感じていること

自分にないモノを持つ人に会いに行こう

関連記事

  1. 2次試験を控えた方へ

    こんにちは、渋屋です。中小企業診断士の2次筆記試験まで、あと10日あまりとなりました。ご近所…

  2. フリーランスのイザというとき対策

    おはようございます。渋屋です。今、ブログを書いているパソコンのバッテリーからアラーム(警告)が出…

  3. クライアント企業から、どんな肩書きを与えてもらいますか?

    4月から、ある企業に入らせていただき、仕事をしています。その会社における自分の「肩書き」について…

  4. プロは全体像を伝えよう

    おはようございます。渋屋です。一昨日から販売開始された新刊ですが、この記事執筆時点で、Ama…

  5. これからの企業内診断士にお勧めしたいこと

    私が中小企業診断士の受験を決意したとき、独立することになるとは、夢にも思っていませんでした。受験…

  6. 経営コンサルティング「も」できる強み

    おはようございます。渋屋です。昨日、中小企業診断士は何でも出来る、オール…

  7. 診断士に必要な外注(パートナー)を統括するチカラ

    こんにちは、渋屋です。昨日の記事(診断士のブログにWordPressをオススメする理由)では、…

  8. メルマガ『非常識なコンサルタント』の配信を始めました

    突然ですが、メルマガを配信することにしました。タイトルは『非常識なコンサルタント』。その概要…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP