menu

自分の商品を決める

おはようございます。渋屋です。
昨日は上期に設定した目標を達成したのか?チームメンバー達と面談尽くしの1日でした。
ある意味、管理職らしい1日ですが、人に関わる仕事は、やっぱり大変です。

さて、このところ継続して続けている「診断士のタマゴ」シリーズ。
(後から勝手に命名したのですが。。)
マインド編を終えて、昨日から戦略編に入っています。
過去の記事はこちらです。

 

診断士のタマゴ(マインド編)

診断士のタマゴ(戦略編)

自分自身のビジネスの戦略を考える

診断士は、試験を終えて資格を取っただけでは、他の数多くいる診断士と同じです。
そこに自分らしさや、自分の強みを加えていかなければ、
他の診断士や経営コンサルと差別化することはできません。

そこで自分自身のビジネス戦略を考える必要があるのですが、
利用するツールは、本ブログでは毎度お馴染みの佐藤義典さんのBASiCS
BASiCSでは、B(戦う市場)、A(独自資源)、St(強み)、C(顧客)、Sm(セリングメッセージ)の視点から戦略を練っていきます。

昨日は顧客の姿を明確にして、その顧客が(潜在的・顕在的に)何を求めているのか?
ペルソナを設定するところから始めました。

 

戦う市場を決める

顧客の求めていることや、困っていることが分かれば、
それを達成すること・解決する商品を作ることになります。
これは言い換えると、B(戦う市場)を決めることです。

商品が決まれば、それと似たような商品を出している競合他社がいます。
それらの競合他社と形成する戦う市場が決まってきます。
この時点では市場を決定するのではなく、仮決めしておけば良いでしょう。

 

商品を決める

なお、商品は全く同じものだとしても、その提供手段によって様変わりします。
これは週末起業で有名な藤井孝一さんから教わったのですが、
商品を考えるときは4つの切り口で考えるのだそうです。

  • モノ
  • ワザ・スキル
  • 知識・情報
  • 場・ネットワーク

例えば同じ「経営コンサルティング」でも、4つの切り口で大きく商品は変わります。

モノにすればDVDや書籍で自分のノウハウを売ることになるでしょう。
ワザ・スキルを提供ということになると、現場にどっぷりと浸かり、経営者の変わりに「やってあげる」ことになるでしょう。(それを経営コンサルと呼ぶかどうか?はさておき)
知識・情報を売る場合には、セミナーを行ったり、コンサルティングを行うことになるでしょう。
場・ネットワークを売るとなると、同様に困っている経営者を集めた会を運営したり、そこで人と人のマッチングを行うこともあるでしょう。

このように自分が提供できるスキルは1つでも、「商品」にしようとすると、
様々な形があるのです。

あなたが描いた顧客(ペルソナ)には、どのような形態で商品を提供するのがベストか?
考えてみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日はある方の紹介で、初めてお会いする方とランチをご一緒させて頂きました。
(Kさん、ありがとうございました!)
時間も忘れ、話しまくってしまいましたが。。
ほんの少しでも、貢献できたなら何よりです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

診断士の自分戦略

自分の商品の強みを探そう

関連記事

  1. 「勝つ」と思わなければ、勝てやしない #623

    こんばんは。渋屋です。■いよいよ、明後日は中小企業診断士の2次筆記試験。…

  2. 中小企業診断士にブログを書くのをオススメする3つの理由

    このブログを毎日欠かさず書き続けて、今日で1,855日です。過去に発信したメルマガや、現在配信し…

  3. 診断士として、個人事業主になるか?会社を設立するか?

    こんにちは、渋屋です。先週に実施させて頂きました、「診断士の会」 で行ったパネルディスカッション…

  4. 診断士がハマりやすい罠

    こんにちは。渋屋です。これまでに多くの中小企業診断士とその受験生にお会い…

  5. 稼いでいない中小企業診断士がやった方が良い3つのこと

    中小企業診断士やその他士業、コンサルタントの独立支援をしていますが、稼いでいない中小企業診断士には共…

  6. 急成長を狙うか、安定成長を狙うかは全く違う

    「経営」について、色んな人たちと会話をしていると、どうも話が合わないことがあります。その原因を探…

  7. 中小企業診断士向けの最も簡単な問題集

    今日は中小企業診断士 受験生の方向けの記事です。■私の知る限り、診断士向けの問題集として…

  8. 受験時代の成績と合格後の活躍は、全く関係ありません

    受験生時代、予備校の教室に入ると、いつも最前列に座っている人たちがいました。いわゆる優等生たちで…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP