menu

こんな人に中小企業診断士を目指して欲しい

中小企業診断士の試験は、他の士業と異なり、非常に範囲が広いのが特徴です。
ビジネスパーソンにとって、自分の専門分野が経営上、どの位置づけにあるのか?を知るには、良い教材だと感じています。
特にこんな人たちには中小企業診断士を目指してもらいたいです。

 

経営知識を身につけたエンジニアは最強

世の中、STEM教育とかSTEAM教育の必要性が叫ばれています。
Sience(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Art(芸術)・Mathematics(数学)の頭文字をとったものです。

日本の大企業は特に、営業で成績を上げた人が上位職・経営層に上がっていく傾向が強いので、
こういったSTEAMの要素がないままに経営者になってしまうことが多く見受けられます。
他国と比べて、大企業の競争力がどうなってしまったのか?は、この10年・20年の結果を見れば明らかです。

経営者にこれからSTEAM教育することも必要ですが、
それよりも、エンジニアが経営知識を身につけていくことの方が現実的だと思っています。
(STEAMのうち、いくつかは既に身につけているでしょうから)

何よりもエンジニアは人から指図されることが嫌いな人種(笑)
特にエンジニアの仕事内容に理解を示さない管理職は圧倒的に嫌われます。
エンジニアの仕事が正しく理解され、組織として活かされるためには、エンジニアの視点を持った経営者が必要です。
将来経営者を目指すエンジニアの方であれば、今のうちに中小企業診断士を学んでみてはいかがでしょうか。

また、エンジニアにとっては、自分たちの仕事がどう役になっているのか?も興味のあるところではないでしょうか。
実際、そのような疑問から診断士を受験するITエンジニアが、私の周りには多いです。
IT以外のエンジニアも、同様に増えれば良いのに、と感じています。

 

中小企業の社長・経営者

大企業の社長はMBAを持っていたりしますし、身につけて欲しいのは経営知識よりもSTEAMなので、脇に置いておきます。
中小企業の社長には、中小企業診断士を目指さないまでも、1次試験7科目を眺めて欲しいと思っています。
(さすがに受験まではオススメしません。そんな時間があったら経営に注力していただきたいので)

中小企業の社長は、現場のことも良くご存知ですし、
特に製造業やITなどの社長であれば、技術のことも日常業務で把握されています。

一方で、その他の分野の知識が大きく欠落しているケースが多いのです。
得意分野はめっぽう強いけど、苦手分野は素人以下に落ちてしまいます。

ですからエンジニア同様、得意分野はその経営上の位置づけを再確認し、
苦手分野をザックリと把握するのに、診断士7科目の概要把握が適しています。
何冊も本を読むのは大変ですから、1冊で基本を押さえる程度で十分です。

銀行員や公的な中小企業支援機関の職員

銀行員の中小企業診断士受験数は結構多いのではないでしょうか。
あくまでも私の感覚ですが、ITエンジニアと銀行員は多いように見えます。

銀行業務だけをしていると、それが支援する企業にとって、どのような役に立つのかが見えにくいです。
しかも金融庁は金融行政の方向性を大きく転換させました。
銀行員はご存知かと思いますが、「コンサルティング機能」を発揮して、企業の経営改善・生産性向上・体質強化の支援を行うよう、地銀に求めています。
このことからも、今までより幅広い経営全般の知識が求められることは言うまでもありません。

また各都道府県や市にある中小企業支援機関の職員にも、中小企業診断士を目指して欲しいです。
この支援機関には中小企業診断士だけでなく、税理士や行政書士、社労士など、他の士業も出入りしています。
中小企業診断士の役割は、これら専門家である士業への橋渡しをすること。

中小企業の社長は、何らかの問題・課題を持って支援機関を訪れますが、
当然、それが税理士業務の範囲なのか、行政書士の範囲なのかなどを知って訪れるわけではありません。
問題を整理し、解決の方向付けをした上で、適切な士業に橋渡しをする上で、中小企業診断士の知識が役立ちます。

これらを職員ができてしまえば、外部の中小企業診断士に仕事を振らなくても、ことが済んでしまいます。
その分、時間もコストも削減できるでしょう。
こんなことばかり書いていると、支援機関から仕事を受けている診断士に刺されそうですが・・
私も仕事を受けていますが、心からそう思っているので、書いてしまいました。
外部の診断士は、自分しかできない独自サービスの価値を、もっと高めれば良いのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今週は金曜日に五島に移動します。
木曜日までにしっかりと仕事を終わらせます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

目標に向かって生きる、今を大切に生きる

ITに疎い中小企業診断士には、厳しい世の中になります

関連記事

  1. 売り方以前の商品・サービスづくり

    今日は中小企業診断士2次筆記試験の結果発表でした。6年前の今頃、勤めていたオフィスでガッツポーズ…

  2. コンサルタントのノウハウをつかむ!『年間報酬3000万円超えが1…

    今回は、経営コンサルタントを目指す方にご紹介したい本についてです。…

  3. 中小企業診断士の活動を始める前に知っておきたいこと

    もうすぐ春ですね。昨年の中小企業診断士試験に合格された方は、診断協会のイベントが迫りつつあるかと…

  4. 【私の履歴書】マーケティング部門に異動し、ますます濃密な4年間

    私のキャリアをご紹介するマニアックなシリーズ。中小企業診断士の勉強を通じてマーケティングに興味を…

  5. 中小企業診断士1次試験7科目と実務の関係(私の勝手な主観)

    独立診断士として働いていますが、改めて診断士1次試験に含まれる7科目と、実務の関係を整理してみま…

  6. 実務従事と実務補習

    こんばんは、duckです。今日から実務従事が始まりました2月の実務補習に続いて2社目です…

  7. ビジネスモデルを知りたい人に送る1冊

    おはようございます。渋屋です。このところ、多少の寝不足でも暑くて勝手に目…

  8. 中小企業診断士がブログを書かねばならない、3つの理由

    このブログを毎日欠かさず書き続けて、今日で1,855日です。過去に発信したメルマガや、現在配信し…

最近の記事

PAGE TOP