menu

自分の商品の強みを探そう

おはようございます。渋屋です。
昨日は、たまにお会いしているHさんとサシモニ。
話が意外な方向に向かい、面白いビジネスが出来るようになるかもしれません。
Hさん、ありがとうございました!

さて、急に始まった診断士のタマゴシリーズですが、引き続き戦略編です。
これまでの記事はこちらです。

診断士のタマゴ(マインド編)

診断士のタマゴ(戦略編)

 

自分の商品を決めるとき

昨日の記事(自分の商品を決める) では、顧客のニーズを元に、
そのニーズを満たす商品を考えてみることをしました。
その際、商品の形態としては、「モノ」「ワザ・スキル」「知識・情報」「場・ネットワーク」があるので、
どのような形態が顧客に最も価値を提供できるのか?考えてみましょう、というお話しでした。

 

競合他社との比較

次にあなたの商品が顧客に選ばれる理由を確認します。
市場が飽和しているこの時代、商品の選択権は顧客にあります。
顧客は、あなたの商品と競合他社の商品を比べて、自分に合った方を選びます。

戦略BASiCSでは、顧客が自社商品を選ぶ理由を、「強み」と呼んでいます。

例えば、あなたが予算管理の専門家だったとします。
同じ予算管理の専門家が2人居て、1人は顧客の予算管理を代行するのみ。
あなたは代行もするけど、最終的には顧客が自分で出来るよう仕組み作りや教育も行う。
その差が顧客に気に入られてあなたが選ばれるのであれば、それが「強み」です。

逆にあなたではなく、もう1人の専門家が選ばれてしまうのだとすると、
その原因を分析して対策を打たない限り、あなたはなかなか仕事を頂くことができません。

 

強みを探そう

とは言え、自分の強みというのは、なかなか自分で認識することができません。
自分にとってアタリマエなこととして自然に行っているものほど、強みだったりするからです。

だからこそ、コーチングを受けて自分の強みや興味、様々なルーツを探ってみたり、
あるいは顧客に対してアンケートをとって、自社(自分)を選んで頂いた理由をしっかりと
書いてもらうことが有効です。

  1. 顧客と、その顧客が困っていることを発見する
  2. その困り事を解決するための商品を開発する
  3. その商品を競合他社と比較し、顧客に選んで頂く強みがあるかを確認する

という流れです。
まだ続きがありますので、明日に続けたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日も始めてご紹介頂いた方とランチの予定です。
どんなことが起こるのか?楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

自分の商品を決める

自分を知るためにも、常に新しい人と出会う

関連記事

  1. インプットが足りない #457

    おはようございます。渋屋です。昨日は家族でこども自然公園へ。ブーメランで遊び、モ…

  2. アイデア(仮説)を出すなら3C分析

    こんにちは。渋屋です。経営や事業の戦略を考える上で、SWOT分析について…

  3. 中小企業診断士はダメな政策に立ち向かうべき

    東京都議会議員 おときた駿さんのブログ記事を読んで、これは中小企業診断士界隈の仕事に…

  4. パラダイムシフトをどれだけ感じていますか?

    このところ、学びや気づきを得る機会を増やしています。そのとき大事にしているのが、ガツン!!と殴ら…

  5. 外部環境変化を機会と捉える

    こんばんは、渋屋です。今日は家族でよこはま月例マラソンに参加してきました。妻と同じレースに出…

  6. 販売を甘く見ると、痛い目に遭う

    こんにちは、渋屋です。少し前に診断士を取得し、独立・起業を目指している方向けに記事を書きました。…

  7. あ、無理だったら全然いいですよ!

    おはようございます。渋屋です。一昨日、昨日と、お金の話を明るく楽しくできるようなりたい、と書いて…

  8. 傾向から見る「経営情報システム」と、日常からできる試験対策

    普段からIT関わる仕事をしている人以外、「経営情報システム」は悩みのタネとなる科目ではないでしょうか…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP