日々の気付き

自分にないモノを持つ人に会いに行こう

こんばんは、渋屋です。
あるメルマガを読んでいて、全く意識していなかった自分のダメな行動に気付きました。

 

自分の会うべき人は誰?

一時期、仕事の追われ過ぎて、会社外の人と会う時間が全く取れなくなっていました。
ようやく仕事のピークを越え、ここ最近は、人とお会いする頻度も増えて、
少し自己満足していたときでした。

そのメルマガは私の頭をガツンと叩いてくれました。
「何のために人と会っているのか?」 本質的な問いを私に投げかけてくれたのです。
その問いに対する答えが出る前に、私は自己満足していたことに本能的に危機感を覚えました。

そして、私なりに考えた答えは、
「自分がそうなりたいと思うことを実現している人」に会うこと。
現在の自分と、ありたい姿のギャップをより鮮明にすると共に、
既に実現している人に会うことによって、自分にも実現できるイメージを持つこと、でした。

 

自分のロールモデルに会いに行こう

一言で言えば、ロールモデルを探し、成功イメージを持つためです。
自分のありたい姿を既に描いている場合には、その人がすぐに見つかります。
マラソンでサブフォー(4時間以内にゴール)達成したければ、達成している人に会えば良いのです。

しかし、自分のありたい姿が未だ描けていない場合には、
それに近しい可能性のある方に、お会いし続けるしかありません。

当然、自分のありたい姿が、誰か1人に絞られることはないでしょう。
仕事面ではAさんのようになりたいと思い、趣味はBさんのように楽しみたいと思い、
家庭ではCさんのような強く・優しいパパになる、などのように。

私の場合、どの面から見ても、ある程度ロールモデルは明確になりつつあるにも関わらず、
その人たちに、あまりお会い出来ていないことに気付いたのです。

 

ロールモデル以外にもお会いしたい人たち

私はロールモデルとなる人にあまりお会いできない一方、
どちらかというと、「共に成長する仲間」として意識している方々と
お会いする時間が多かったように思います。

また、事業を営む立場の方であれば、将来の顧客となる方や
パートナーとなる方にお会いする時間も重要でしょう。

これらの方々とお会いすることは、ロールモデルと同様に重要な機会なのですが、
私の場合はロールモデルと会おうとする努力が足りていなかったのです。
その事実に気付いたので、自分が持っていないモノを持っている人たちに
もっと会いに行こうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日はハーフマラソンに参加・・・の予定でしたが、
今週は風邪で体調を崩し続けていたので、敢えなく断念しました。
3週間後に迫った、3度目のフルマラソン(つくばマラソン)に向けて、
走り込みが全く足りていないので、かなり不安になってきました。。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!