menu

フレームワークを使う前に気をつけるべきこと

こんばんは、渋屋です。
怒涛の仕事ラッシュです!

 

フレームワークによる分析が「刺さらない」ワケ

このところ、フレームワークを使った分析が迷走しているシーンに良く出会います。過去にも似たようなことがあって、フレームワークに関するを記事を書いていました。

せっかく労力をかけて、あるいは多大な費用を払ってコンサルタントを雇い、フレームワークを使って分析をしたにも関わらず、自社や事業をどうすれば良いのか?有益な結論が得られないときがあります。

それは分析をする以前にやらなければいけない、「根本」が抜けてしまっているからです。

 

まずは本質的な問いに答えることから

その根本とは、 本質的な問いに答えることです。例えば、ドラッカーは経営者に対して、この5つの質問をしています。

ペルソナの設定はやっぱり大事だった!

失って気付くネットワークの大切さ

関連記事

  1. 密着型マーケティング #436

    おはようございます。渋屋です。今朝は涼しく感じます。気温差がある日々なので、身体を気をつ…

  2. 顧客にアプローチするための2つの問い

    「顧客は誰か?」ドラッカーが投げかける、シンプルながら深い問いです。私も新規事業、新商品…

  3. もっと欲張りまくっていこう!

    昨日の記事は、ここ最近のなかでは、Facebookで最も反応がありました。ちょっと感じたことを書…

  4. 専門が活かせないフィールド

    こんばんは、duckです。診断士の試験後、何人かのITを強みとする先輩診断士と会話をする中で、確信し…

  5. かつてない買収ニーズがやってくる!求められるプロフェッショナル像…

    あなたもご存知の通り、日本は超少子高齢化社会を迎えています。2014年版中小企業白書より…

  6. アプローチする顧客 #423

    おはようございます。渋屋です。昨日はセミナー講師を育成するセミ総研の自主セミナーでした。…

  7. 人事評価の真の目的は、給与を決めることではない

    会社員にとって、人事評価は給与や賞与を決めるためのものでしょう。高い評価を得られたときは、昇給や…

  8. 自分の中の熱いモノ

    こんばんは。duckです 少し前に実施した、中小企業診断士の実務補習について、振り返ってみます。初回…

最近の記事

PAGE TOP