menu

フレームワークを使う前に気をつけるべきこと

こんばんは、渋屋です。
怒涛の仕事ラッシュです!

 

フレームワークによる分析が「刺さらない」ワケ

このところ、フレームワークを使った分析が迷走しているシーンに良く出会います。過去にも似たようなことがあって、フレームワークに関するを記事を書いていました。

せっかく労力をかけて、あるいは多大な費用を払ってコンサルタントを雇い、フレームワークを使って分析をしたにも関わらず、自社や事業をどうすれば良いのか?有益な結論が得られないときがあります。

それは分析をする以前にやらなければいけない、「根本」が抜けてしまっているからです。

 

まずは本質的な問いに答えることから

その根本とは、 本質的な問いに答えることです。例えば、ドラッカーは経営者に対して、この5つの質問をしています。

ペルソナの設定はやっぱり大事だった!

失って気付くネットワークの大切さ

関連記事

  1. 自分と仕事の関係を図示してみると?

    昨日、受講した研修の中で、面白いワークがありました。自分と仕事の関係を見つめる良い機会となったの…

  2. 何事にも陰と陽があることを知る

    このところ深く考えさせられていることがあります。「何事にも陰と陽がある」さらには、陽…

  3. 大企業は中小企業からもっと学ぶべし

    「あの中小企業が・・」「社員たった5名のあの会社・・」大企業の人が、中小企業を嘲るような…

  4. 創業期・新規事業とシステムの関係を考える

    会社の創業期、あるいは新規事業の立ち上げ時期、今の時代だと何らかのシステムが必要になることが多々…

  5. 市場動向を把握するために参照しているデータ一覧

    マーケティングを行うにも、セミナーで何かを説得するにも、外部データを時折参照しています。&n…

  6. その提案は相手の行動に繋がっているか?

    こんばんは、duckです。実務従事が続いています。実務補習は診断協会が、診断報告書のフォーマットなど…

  7. 顧客のニーズや課題を明確にするための問いとは?

    顧客像を明確にするためには、問いが必要です。顧客を明確にする理由は2つです。 顧客…

  8. 売上・利益のノルマ(目標設定)は思考停止のサイン

    「今年の部の売上目標は○○万円だ!」「昨年対比120%の利益が目標だ!」「Aくんのノルマは○…

最近の記事

PAGE TOP