menu

フレームワークを使う前に気をつけるべきこと

こんばんは、渋屋です。
怒涛の仕事ラッシュです!

 

フレームワークによる分析が「刺さらない」ワケ

このところ、フレームワークを使った分析が迷走しているシーンに良く出会います。過去にも似たようなことがあって、フレームワークに関するを記事を書いていました。

せっかく労力をかけて、あるいは多大な費用を払ってコンサルタントを雇い、フレームワークを使って分析をしたにも関わらず、自社や事業をどうすれば良いのか?有益な結論が得られないときがあります。

それは分析をする以前にやらなければいけない、「根本」が抜けてしまっているからです。

 

まずは本質的な問いに答えることから

その根本とは、 本質的な問いに答えることです。例えば、ドラッカーは経営者に対して、この5つの質問をしています。

ペルソナの設定はやっぱり大事だった!

失って気付くネットワークの大切さ

関連記事

  1. 「型」がないから悩む、苦労する

    日曜日、近所を25kmランニングしました。3月12日の古河はなももマラソンが近づいてきているから…

  2. この兆候が出てきた組織は危険です

    組織には様々な人がいます。そして、組織の状態も常に変化しています。油断していると、あっと…

  3. 一点集中!!

    こんにちは、渋屋です。ランニングコーチに体幹トレーニングを教わったときのこと。全く同じことを…

  4. マーケティングでは「対象を具体化するほど刺さる」、ということを実…

    マーケティングでは、大衆を狙うのではなく、できる限り対象となる顧客像を具体化しなさい、と良く言わ…

  5. ポジティブシンキングに潜むリスク

    どんな出来事ができても、それをポジティブに捉えて前に進んでいくポジティブシンキング。これによって…

  6. 「うちのエンジニアは高いですよ」と言えるまでの道

    昨日は、30数社のIT関連企業、製造業が集まるイベントを運営していました。今日はそのイベントでの…

  7. 仕組みづくりは大変だけど、「自分」を作り上げていく

    独立以来、とにかく目の前の仕事を頑張ることに集中してきましたが、先月あたりから、自分の時間を積極…

  8. 顧客にアプローチするための2つの問い

    「顧客は誰か?」ドラッカーが投げかける、シンプルながら深い問いです。私も新規事業、新商品…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP