中小企業診断士

SWOT分析の使い方(適切な利用場面とは?)

以前に、SWOT分析は使うのが難しいということを書きました。

SWOT分析は難しい

ブレインストーミングのような、アイデア出しの場面で使うと苦労するのです。
では、SWOT分析が使える場面とはどういうときでしょうか?

<スポンサードリンク>



SWOT分析は比較に使おう

結論から書くと、比較のために使います。
複数の戦略があるとき、通常は全ての戦略を実行することは出来ません。
戦略の軸がぶれてしまったり、資金や人員・時間などのリソースが限られているからです。

SWOT使い方

せっかく複数の戦略を練り出したのであれば、どれが最も効果的か?比較したいですね。
そのようなときに、SWOT分析が使えると思います。

その戦略を実行すると、

  • どのように自社の強みを活かし、弱みを克服できるか?
  • どのように外部環境の機会を捉え、脅威を削減・回避できるか?

というチェックを行います。

既に戦略が仮決定しているので、強みと弱み、機会と脅威を迷うことも減るでしょう。
(アイデア出しにSWOT分析を使うと、ここが迷いやすいのです)
このようにSWOT分析をチェックリストとして活用し、複数ある戦略案の中から、最も適切なものを選択していきます。

繰り返しになりますが、アイデア出しの時点でSWOT分析を使うと、混乱しやすいです。
では、アイデア出しのときには、どういうフレームワークを使うべきか?という疑問が出てくると思うのですが、
それはまた、別の記事で書きたいと思います。

 

<スポンサードリンク>



■終わりに

約1年振りに、よこはま月例マラソン(20km)に参加。
強風が厳しかったですが、良いペース作りができました。

 

【昨日のトレーニング】

  • 体幹トレーニング・・・スイッチレベル1.5
  • ストレッチ・・・○
  • RUN・・・20km/1時間37分

次回、フルマラソン(古河)まで、あと56日。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村