menu

「業者扱い」してくるような会社は、相手にしなくてOK

ビジネスの現場を色々と見ていると、
自分がお客になったときこそ、その方の生き方や姿勢が現れるなぁ〜と実感しています。

普段は柔和な方なのに、コンビニや飲食店に行った途端、
急に偉そうな態度に変わる人を見て、ドン引きしたことありませんか?
それは一般消費者の立場だけでなく、会社としても認識しておくべきことです。

 

顧客候補なだけで、偉そうな態度を取る・・

先日、システム化の案件に携わっていたときのこと。
「お客様面(づら)」をして、相手を「業者扱い」する現場がありました。

例えば、自社で使えるシステムなのか?確認するためにデモをしてもらう。
あるいは、自社でこんな使い方ができるのか?ということを
ベンダーと一緒に検討させてもらう。

こういう機会は一般的にあるでしょう。
このようなときに、

「自社は買うかもしれないよ」
「顧客(候補)だよ」
「財布を握っているのは俺だよ」

という上から目線を感じることが少なからずあるのです。

デモを依頼するにしても、直前のスケジュール変更は当たり前。
業者なんだから、お客である自分のスケジュールが最優先である。
残念ながら、そう考えていることが、ヒシヒシと伝わってきます。

 

相手の時間を使っていただくのは、タダじゃない

言うまでもなく、相手の貴重な時間を頂戴しているのですから、
それはタダではありません。

プロフェッショナルの時間を調整いただいているのですし、
何よりも、時間は命そのものです。

フリーランスになって、
「獲得できもしない案件に首を突っ込むほどヒマじゃない」と真剣に思います。
相見積もりなんてされた時点で、即引きます。
(されたことありませんが)
消耗戦に参加するのは、時間(=人生)の無駄だからです。

でも本来、それは会社員であろうとなんだろうと同じことです。
相手の時間をいただくことは、タダではないのです。

にも関わらず、上記のような、上から目線の態度を取ることは、
「時間という貴重な資源の重要性を理解していません」と
自らアピールするようなもの。

そんな会社と取引が始まったとしても、
後で面倒なことになるのは、火を見るより明らかです。

 

業者扱いしてくる会社とは、距離を空けましょう

モノが不足し、つくればつくるほど売れた経済成長期は、既に終わりました。
そういう時代だったら、業者扱いする人が居ても、まぁ不思議ではありません。
(人として付き合いたいとは思いませんが)

今の世の中は、価値観を共有する時代に変わっています。
相手と価値観・仕事観・ポリシーが合わなければ、取引しても不幸になるだけです。

ですから、本来パートナーであるはずの企業を見下し、業者扱いするような会社・個人からは、
どんどん距離を空けてしまえば良いと考えています。
私は自分のお客様には、そのように勧めています。
「仮に案件が取れたところで、ろくなことがありませんよ」と。
そうやって、総スカンを食らい続ければ、自分の過ちに気づくかもしれませんし。

お客は誰から買うのか?を選ぶ権利があります。
それと同様に、誰に売るのか?も選ぶ権利があります。
選ばなければ自分・自社のど真ん中を生きることなどできません。
できることなら、もっと自社を好きになってくれる、良い顧客と長くお付き合いしたいもの。

そんな当たり前のことが、まだまだ浸透しておらず、
「お客の方が偉い」という間違った感覚がまかり通っているように感じてなりません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今晩は、初のランニングイベント開催です。
来月以降も実施しますが、まずは初回を楽しみたいと思います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

私のブログに、セルフマネジメントの記事が多い理由

月例ランニング@横浜を行いました

関連記事

  1. 企業活動の基本とは

    企業活動の基本とは何でしょうか?業種・業態に関わらず、企業として活動する上での基本があります。…

  2. 正しさよりも、目的を貫く行動を

    私がついついやらかしてしまうバグの1つが、「正しくやろうとする」ことです。…

  3. ディスカッション #135

    こんばんは、duckです。今日は中小企業診断士、実務従事の1日でした。今回で3回目の実務ですが、診断…

  4. 分かりやすい・分かりにくいマーケティングの使い分け

    少し前に、「分かりにくさ」で参入障壁を築くマーケティング手法があるのではないかという記事を書きました…

  5. [社長の言葉] コンサルティングの基本

    こんばんは、duckです。先日、とある中小企業の社長とお話しする機会がありました。その企…

  6. 役員教育と社員教育を成功させるための肝

    私のやっている仕事の約半分は「教育」なのだ、と考えています。社長の話を徹底的に聴き、何をやり…

  7. 損益分岐点分析 #476

    こんばんは。渋屋です。先日、ある方から相談を受けました。新しい事…

  8. 「我慢」したことを、ビジネスチャンスに変える

    一昨日の記事で、目標につながらない無駄な我慢は、働く側にとっても組織にとっても不利益であることを書き…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP