menu

短期の収益確保と長期の戦略

今日は朝からダイレクトレスポンスマーケティングの専門家である中村さんとミーティング。
渋谷 エクセルホテル東急 ラウンジ「エスタシオン カフェ」にて。
近況報告を含めて、内容の濃いお話をうかがうことができました。
(中村さん、ありがとうございました!)

過去、中村さんのセミナーに参加して、下記のような記事を書いています。

今日は、そんな中村さんとの会話の中で、「これはマズイ!」と思ったことを。

 

短期的思考に陥っていた

何が「マズイ!」のか?と言えば、会社員を辞めフリーランスになることで、
収入が安定しなくなることの恐怖に、押しつぶされていたことに気付いたのでした。

とにかく収益を確保しなければ、と焦ってしまうと、何が問題になるのでしょうか?
自分のビジネスのデザインができなくなることです。

上記の記事(中長期に成功している人は、何を大切にしているのか?)にも書きましたが、
目の前の収益に固執する人は、中長期には成功できません。
長期的に成功する人は、資産、特に顧客を大事にしています。

  • どうやってお客様に自分を見つけてもらうのか?
  • どのようなお客様と関係性を構築したいのか?
  • 自分のどの商品・サービスで、どのような価値を提供したいのか?

こういったことを考え、全てが連動するように一貫させるデザインが、
ビジネスには必要になります。
短期的思考に陥ると、目の前の収益を確保する方向に走るので、
いつまで経っても、収益を追いかけ続ける日々から脱出できません。

自分で記事を書いておきながら、恐怖で我を忘れていたのです。
中村さんとのミーティングで、そのことに気付かせてもらえました。

 

最初から長期思考だけでも食っていけない

その一方で、最初から、ビジネスデザインだけに集中することは、
現実的ではありません。

独立・起業したばかりの人は、資金面でも、顧客の面でも、
ほとんどゼロからのスタートです。
少なくとも自分自身が生活し続け、事業を継続させるためには、
目の前の最低限の収益を確保することが必須です。

ビジネスデザイン(=戦略)だけ考えることはできず、
目の前の収益を確保する仕事を確保しつつ、
もう一方で、ビジネスデザインを考え、その仕組みを少しずつ、
構築していくことが大事なのでしょう。

 

大切なのはバランス

つまり、大切なのはバランスです。
独立・起業のステージ、自分の状況ごとに、

  • 短期の収益確保に動かなければならない時間
  • 長期のビジネスデザインを実現するための投資時間

の比率は変わってくるでしょう。

いかに後者の比率を上げていくことが出来るか?
最初から、それを意識するかしないか?で数年後、大きな差になって
現れるのだと思います。

毎日、少しずつでも後者の時間を投資し続けられると良いですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今後、私自身を独立・起業の実験台とした記事を増やしていく予定です。
本ブログでなくて、別のメルマガとかにするかもしれないですが。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

プロになればなるほど、求められる見える化

気付いたら自分の基準値が変わっていた件

関連記事

  1. 顧客関係の深さ・広さと、商品ラインナップについて

    年明けから3月までは、既存のお客様に対して、今まで以上の深い支援を行ってきました。4月からはそれ…

  2. SWOT分析の使い方

    以前に、SWOT分析は使うのが難しいということを書きました。ブレインストーミングのような…

  3. 美しい商売を追い求めつつも・・

    できることなら、さっさと「美しい商売」を作り上げたいと思っています。が、実態は・・&nb…

  4. あなたは、2,000万円ソルジャーになりたいのですか?

    昨日は、あるセミナーに参加してきました。こちらでも書いた通り、マインドを書き直すことや、…

  5. 中小企業診断士 実務補習で使える情報源

    前回は実務補習の大まかな流れを説明しました。今回は、実務補習で使える情報源についてで…

  6. 独立・起業してから、一番悩んでいます

    今、独立・起業してから一番悩んでいます。こんなことに悩んでいます悩んでい…

  7. 私が「戦略」という言葉を使いたくない理由

    少し前から「戦略」という言葉をできる限り使わないようになりました。特に顧客にコンサルティングする…

  8. 診断士のセルフメディアはメルマガか?ブログか?

    こんばんは、渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)の続きです。引き続きセルフメディアについて考え…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP