menu

「なんとなく」「楽しそう」でやったことが、道を切り開く

私が独立して以来、「これだけはやってよかった」と確信していることがあります。
「やりたいと感じたことをやってきたこと」です。

 

独立してから感覚でやってきたこと

何度もこのブログでは書いていますが、私の専門はマーケティングとITです。
企業の支援をするときも、コンサルタント・士業の独立支援をするときも、
私が使っているスキルは、マーケティングとITがほとんどです。

専門分野の情報収集は日常的に続けていますし、ツールやシステムの簡易的な検証も行っています。
(最近ですと、サイボウズのkintoneや、zoho CRM・キャンペーンを触ってみました)

しかし、本当にそれだけで良いのか?
私はこれまでに、なんとなくやった方が良いし、面白いと感じることをやってきました。
専門分野と全く異なるもので言えば、以下のようなものです。

  • 自己探求の「アイダモン」、自己統合を追究する「アイミング道場」を受講
  • マインドフルネスの国際カンファレンス「Zen2.0」に参加
  • 禅の考え方を取り入れた全く新しい商品開発講座「zenschool」を受講
  • 速読技術である「フォーカス・リーディング」を受講
  • 「カマコン」の月例会に参加

これらは、極論言えば自分のビジネスに活きなくてもいい。
単に「楽しそう」「気になる」から行ってみただけのことです。
ですが結果的に、全てビジネスに活かされていると感じています。

 

点と点は、お客様がつないでくれる

「Connecting the dots」スティーブ・ジョブズの有名な言葉です。
これまでやってきたこと(点)が、いつの間にか線になってつながっていく。
無駄な活動は何一つない。

そういう意味ですが、私もこのように「なんとなく」「面白そう」でやってきたことが無駄になったことは1度もありません。
むしろ、これらの「点」をお客様がつないで「線」にしてくれる、と感じています。

つい昨日もお客様から問い合わせのメールがあったのですが、
「えっ!?そこですか?」というつながりをつくってくれました。
つい数ヶ月前に、私が熱心に研究していたところだったのです。

もちろん狙って研究していたわけではありません。
面白そうだし、楽しそうだし、なんとなくやっていたことです。

でも、どこかで点と点はつながります。
ただ本人ですら、どう活かされるのか?分からないままやってきたことですから、そのつながり方は事前には想定できません。
あるとき自分で不思議なつながりを発見するかもしれませんし、お客様がつないでくれることもあります。

私はこれからのビジネスでは、このような偶発的なつながりが、個性をつくっていくのだろうと感じます。
やりたいことをやって、他者とは競争しない。競争環境に入らない。
それが結果として価値になり、差別化になっている。

特にスモールビジネスを営む者は、この方向に向かうのだろうと。

 

既にある体系からはイノベーションは生まれない

ですから、単に今ある体系を学ぶことだけでは、自分らしさが生まれません。
以前に「勉強しかできない中小企業診断士の独立は失敗する」と記事に書きました。

学びに関しても、他者がつくり上げてきた体系(もっと言えば、単に教科書)を学ぶだけでなく、自分の中の何かと統合させる必要があるのです。

私の周りにも大学院に行ったりして、学んでいる人がいます。
ただ、この人たちも大きく分けると、「(既にある)体系を学ぶ」という人と、「学んだことを自分の経験に結びつける(そして新しいものを生み出す)」という意識の人と2つに分かれます。

後者の人は良いのですが、前者の姿勢で大学院に行く人は、(余計なお世話ですが)少し心配です。
もちろん、学問を学ぶこと自体は素晴らしいことで、私も数学とか学び直したら楽しいだろうなぁ〜と思っています。
ただビジネスパーソンとして学ぶなら、単に教科書をおさらいするのではなく、何かに活かす姿勢を持ち続けたいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日・明日と熊本に出張です。
その前に元帥にランニングでしばかれてきます 笑。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

あなたに足りないのは本当に「資格」ですか?

もっと全国各地に行ってみたい

関連記事

  1. 3年間の活動で、私が手に入れてきたもの

    私が中小企業診断士試験を受けたのが、2011年。合格が決まり、外の世界に出始めたのが、2012年…

  2. 中小企業診断士として独立する前にやっておきたい3つのこと

    中小企業診断士として独立したいのであれば、その前にやっておきたいことがあります。(その他の士業・…

  3. コンサルタントやセミナー講師に必要な自信

    昨日の記事で、セミナー講師ができないなら、まずは司会などで慣れることをお勧めしました。■…

  4. 好きなことのために時間とお金をコントロールする

    4月の下旬から5月中旬まで、実は仕事量を少し減らしていました。昨日参加した、五島でのトラ…

  5. 独立後の葛藤:人を雇うか?雇わないか?

    独立後の大きな葛藤の1つ、「人を雇うか・雇わないか?」昨日、ランチをご一緒した友人は、IT企…

  6. 副業(週末起業)時に、もっとやれることがあったのに

    今晩、私の独立の軌跡をお伝えするセミナー(というより勉強会?放談会?)を実施します。隠し事なくリ…

  7. 私が独立以前から悩んできた問題について

    「何によって覚えられたいか?」このブログで何度も書いてきた、ドラッカーの有名な言葉です。…

  8. セミナーを開始します #439

    おはようございます。渋屋です。息子を保育園に送った後、出勤前に1時間程度、自分の時間を確…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP