menu

診断士の自分戦略

おはようございます。渋屋です。
久々に5時に起きたら、外は真っ暗。
確実に季節が変わってきていますね。

このところ、試験を終えた診断士のタマゴが意識しておくと良いマインドについて書いてきました。

マインド

マインドシリーズは長く続けると説教臭くなるので、いったん、この辺で終わりにしておきます(^^;

今日からは「診断士のタマゴ(戦略編)」に移ります。(勝手に命名しました!)

 

診断士になったからといって、自動的に仕事は入ってこない

これから勉強して試験に挑戦する人、あるいは合格したばかりの人と話をしていて、
たまに誤解をしている方がいます。

試験に合格して診断士になって、診断協会に所属すれば自動的に仕事が入ってくる

と勘違いをしているのです。決してそんなことはありません。

この辺りの記事で書きましたように、士業とは言え、自分で集客・販売できる力を
身につける必要があります。
だからこそ、顧客のニーズを発掘し、自分の強みを活かしつつ、
適切なメッセージを顧客に投げかけ続ける必要があるのです。

それでは、早速、自分を活かす戦略を考えてみましょう。

 

まずは概略から

戦略と言っても、最初から精緻な戦略を描けるわけではありません。
今日は概略を理解するところから始めましょう。

戦略を考えるのに最強のツールは、佐藤義典さんのBASiCS
本ブログでも過去に何度もご紹介してきました。
BASiCSを基礎から理解するには、これらの書籍をオススメします。

BASiCSでは、B(戦う市場)、A(独自資源)、St(強み)、C(顧客)、Sm(セリングメッセージ)の視点から戦略を練っていきます。
このとき、最初に考えるべきはC(顧客)です。

 

まずは顧客から

非常に簡単に言えば、困っている人を見つけ、その方が(潜在的・顕在的)に
持っているニーズを把握することから始めます。
そうして、典型的な顧客像(ペルソナ)を描くところが始めの一歩です。

何も難しい話ではなく、私の場合で言えば、友人と飲んでいたとき、
その友人が困っていたことについて、セミナーをやったのが、
週末起業として始めた最初のセミナーでした。

こうして最初の顧客像を明確にし、それに対応していくことが戦略の第一歩なのだと思います。

明日に続けます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今週はスケジュールがビッチリ埋まっています。
前のめりに頑張っていきたいです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

外部環境変化を機会と捉える

自分の商品を決める

関連記事

  1. なぜ中小企業診断士を取るのですか?

    今週末は中小企業診断士の1次試験ですね。試験直前期にこんなことを聴くのも何ですが、何で中小企業診…

  2. プロは全体像を伝えよう

    おはようございます。渋屋です。一昨日から販売開始された新刊ですが、この記事執筆時点で、Ama…

  3. 損益分岐点分析 #476

    こんばんは。渋屋です。先日、ある方から相談を受けました。新しい事…

  4. 診断士として、自分の商品にこだわり過ぎない

    こんにちは、渋屋です。昨日の記事(自分を知るためにも、常に新しい人と出会う)にも書きましたが、…

  5. 診断士はノウハウを求める前にマインドを身につけよう

    こんばんは、渋屋です。今日は、定期的にお会いしている診断士の方々と、ある事業についての継続ディス…

  6. 税理士と中小企業診断士の関係

    経営コンサルタントを顧問として雇っている中小企業はそんなに多くありませんが、税理士を顧問につけて…

  7. 中小企業診断士、合格後の実務補習に向けて注意したいこと

    中小企業診断士、2次面接試験の結果が出て、本当の受験が終わりました。改めて合格された方、おめでと…

  8. 中小企業診断士、合格に確実に近付く勉強法

    おはようございます。渋屋です。診断士関連のイベント・セミナーに行くと、受験生にお会いすることが多…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP