menu

販売を甘く見ると、痛い目に遭う

こんにちは、渋屋です。
少し前に診断士を取得し、独立・起業を目指している方向けに記事を書きました。

中小企業診断士を取得し、独立・起業する前に知っておくべきこと

士業は自分で集客するチカラを持っていないので、
自ら実践し、学ばなければならない、という内容でした。

 

起業時の最大のテーマは販売

士業に限らず、どんな業種であっても、起業時の最大の経営テーマは販売です。

売れなければ顧客からのフィードバックをもらうことができません。
フィードバックが得られなければ、商品やサービスを改善することができません。
(顧客の声を聞かずに、独断で変更するのは、単なる独りよがりです。)

さらに、売れなければキャッシュが枯渇します。
立ち上げ直後の小さな起業にとって、資金繰りは生死に関わる問題です。

起業は簡単になったとは言え、それでも多少なりとも資金を投資します。
それを回収し、早期に黒字化するためには、とにかく売れなければなりません。

これだけ重要な売ることが、何だか軽視されているような気がしています。

 

販売を軽んじていませんか?

士業など、何らかの高い専門性を持っている人ほど、
販売(営業)を軽んじているように感じることがあります。

そういえば、私が数ある士業の中から中小企業診断士になる決意をした理由は、
「マーケティング」が含まれていたからでした。
しかし、診断士だけでなく、MBAを見ても、「セールス」を科目に含めているところは
ないのでは?と思います。

  • 営業は学術的な科目として成立していないのか?
  • 営業はどの会社にも既にいるものだからなのか?
  • マーケティングがしっかり機能すれば、セールスは不要だからなのか?

理由は分かりませんが、科目に含まれていません。
だからからなのか?販売をしっかりサポートしている経営コンサルタントは少なく、
逆にしっかりサポートされている方は、優秀な方が多いと感じます。

売ることの重要性が、ご自身の体験として分かっているからなのでしょう。

 

商品やサービスは変わっても、販売力は残る

もう1つ、販売力(マーケティング+セールス)が大切な理由があります。
商品やサービスは変わることがあるからです。

実際、スタートアップしたばかりの企業は、 顧客からのフィードバックをもらいながら、
急速に商品やサービスを変えることが多いのです。

商品やサービスというビジネスの中心を軽んじるわけでは決してありません。
ただ、そればかりに全てのエネルギーを費やしていると、
ある日突然、商品やサービスを変えざるを得なくなったとき、その企業の競争力は激減してしまいます。

一方、販売力という人的資源、企業のノウハウは、商品やサービスが変わっても
活かし続けることができます。

 

これから起業する人、起業したばかりの人は、売ることについて、
徹底的に考え、実践してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

今日は第2四半期のチーム懇親会です。
少しでも楽しい場になればと思います。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

一歩先を歩くだけで生じる優位性

楽しい場所に行こう!

関連記事

  1. 機嫌の悪い上司は、インフルエンザより迷惑だ

    「己の欲せざる所は人に施す勿(なか)れ」と孔子は言いました。多くの日本人が幼い頃に習う考え方でし…

  2. 診断士がセミナー主催を成功させるステップ(その1)

    こんにちは、渋屋です。「診断士のタマゴ」(実践編)、セミナー主催について書いています。セ…

  3. 私を救ってくれたのは、「書くこと」だった

    ここ最近、私はずっと悩んでいました。あることが上手くいかず、凹んだり、あるいは感情的になってしま…

  4. 「無力感」に悩まされているあなたに

    突然ですが、「無力感」を感じたことありませんか?私は少し前まで、感じまくっていました。&…

  5. 士業の世界より外に出ていこう

    私は中小企業診断士を取得した頃から、診断士だけで集まりすぎないようにしていました。■…

  6. 何のために独立したのか?改めて考えてみる

    先日、ちょっとしたことから、「なぜ独立したのか?」を考えさせられる出来事がありました。改めて考え…

  7. ドラッカーを学ぶなら、この本から

    こんにちは、渋屋です。今日は暑いですね!所用で外のプールに居たので(詳細は【編集後記】にて)、日…

  8. 起業筋のことを考える #534

    こんばんは。渋屋です。今日はまず、息子を空手に連れていき、帰る前に選挙へ…

最近の記事

PAGE TOP