menu

いつからスケジュールを押さえるか

昨日は、理想の1日、1週間を描きましょう、
と提案しました。

描いた上で実践してみたいのが、
「いつからスケジュールを押さえるか?」です。

私は顧客にコンサルティングをするときの最後、
次回の日時をその場で決めてしまいます。

ほとんどの顧客が月に1度のコンサルなので、
来月の予定を押さえることになります。


これを良いと思うか。
あるいは嫌だと思うか。

より自由を求めるのであれば、
「1ヶ月も先のスケジュールを
押さえられたくない!」になるでしょう。

逆に「来月の仕事が入っていた方が安心できる」と
いうケースもあるでしょう。

周りの診断士を見ると、
数ヶ月先までスケジュールを押さえられている人を
良く見かけるのですが、

私の場合は、そんな先まで押さえられると、
自由を失われる気がするので、それは避けています。

正解はありません。
人それぞれの感覚ですので。


そして、この感覚は顧客と合っていた方が、
お互いに幸せです。

顧客が先まで押さえようとしているのに、
こちらが嫌がったり、

逆にこちらが先まで押さえようとして、
顧客に迷惑をかけてしまったり。

私と長くお付き合い頂いている顧客は、
この感覚が近い感じがします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

理想の1日、1週間を描く

政府が行うべきはキーワードの連呼ではなく、目指す姿を示すこと

関連記事

  1. 会社員に戻るという選択肢はあるのか?

    少し前のこと。私の1年後に診断士合格した仲間が独立しました。■ある公的機関での仕事に…

  2. 行動するか、しないかを見極めるポイント

    コンサルタントである以上、顧客が成果を上げることに全力を尽くしています。■色んな顧客…

  3. 取り敢えず門を叩いてみれば、道は開ける

    一昨日のセミナーでご質問を頂きました。■「顧客とつながっている組織に入ることのメリッ…

  4. 投資に対する社長と会社員の意識は違う

    独立後、コンサルタントとして社長を支援するとき、注意したいのが、投資に対する意識の違いです。…

  5. 技じゃなくてもいいから覚えてもらう

    昨日は資格以外の技を持ちましょう、と書きました。■特別なスキルではなくとも、…

  6. 鉄板コンテンツは何ですか?

    あなたの鉄板コンテンツは何ですか?■コンサルティングをするにせよ、研修やセミナーで講…

  7. 商品を作るときの視点

    商品を作るとき、1つ1つの商品に着目することも大切ですが、それ以前にその商品の「位置付け」を…

  8. どっちかじゃなくて、どっちも

    ポケモンGoの爆発的人気で、拡張現実(AR)が世の中一般的に受け入れられました。こんなブ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP