menu

いつからスケジュールを押さえるか

昨日は、理想の1日、1週間を描きましょう、
と提案しました。

描いた上で実践してみたいのが、
「いつからスケジュールを押さえるか?」です。

私は顧客にコンサルティングをするときの最後、
次回の日時をその場で決めてしまいます。

ほとんどの顧客が月に1度のコンサルなので、
来月の予定を押さえることになります。


これを良いと思うか。
あるいは嫌だと思うか。

より自由を求めるのであれば、
「1ヶ月も先のスケジュールを
押さえられたくない!」になるでしょう。

逆に「来月の仕事が入っていた方が安心できる」と
いうケースもあるでしょう。

周りの診断士を見ると、
数ヶ月先までスケジュールを押さえられている人を
良く見かけるのですが、

私の場合は、そんな先まで押さえられると、
自由を失われる気がするので、それは避けています。

正解はありません。
人それぞれの感覚ですので。


そして、この感覚は顧客と合っていた方が、
お互いに幸せです。

顧客が先まで押さえようとしているのに、
こちらが嫌がったり、

逆にこちらが先まで押さえようとして、
顧客に迷惑をかけてしまったり。

私と長くお付き合い頂いている顧客は、
この感覚が近い感じがします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

理想の1日、1週間を描く

政府が行うべきはキーワードの連呼ではなく、目指す姿を示すこと

関連記事

  1. 世間が休みのときにどう過ごしたか

    フリーランスの働き方は自由です。GWのように大型連休のときほど、その働き方に差が出るのではな…

  2. そして「自分は何者か?」に辿り着く

    顧客の期待値を超える話を続けています。■昨日は顧客の期待値をコントロールするためには、…

  3. もっと研修講師をやろうと思った理由

    このところ、いくつかの研修講師をしています。■独立したときから、研修やセミナーの講師より…

  4. タダでも顧客の声をもらいに行く

    昨日、コンサルタントとして独立するのであれば、「プロフィール・サービスメニュー・顧客の声」…

  5. 案件を作る仕組みづくり

    1年半ほど支援しているお客様ですが、恐ろしい勢いで案件数が増え、売上が3倍くらいになってきました…

  6. 商品は、価値を提供するための媒体

    中小企業診断士は独占業務がありませんので、皆さん、何をやっているのか?が分からないくらい、提…

  7. コンサルはアイデアマンでなくて良い

    引き続き、売上を伸ばすための5つの要素についてです。■復習ですが、売上=客数×客単価…

  8. 仕事日をカレンダーに任せない

    独立すると仕事をする日、休む日を決めるのも自分自身です。■年末年始に入ったからと…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP