menu

独立したら自分らしくありたい

昨日、ブログのタイトルを変えました。


今までは「大きく考え、小さくはじめる」。
ずっと大事にしてきて、今も大事にしていることです。

着眼大局、着手小局。

物事を大きく考えつつも、動きが止まらないように、
始めるときは小さく。

イキナリ会社を辞めず、週末起業で月に数万円〜10数万円を
稼げるようになってから辞めたのも、こういう価値観があったからです。


新しいブログのタイトルは、「ど真ん中を生きる独立・経営」。

そうです。
最高に自分らしく、つまり自分のエネルギーが最も開放されるところで
私たちは働きたいのです。

給料を貰えるからといって、
やりたくもない、あるいは何の役に立っているのか分からない仕事を、
私たちは続けられないのです。

上司の顔色を伺うでもなく、
自尊心を毀損しながら働くでもなく、
あるいは、士業に定められた独占業務の枠に囚われることもなく。

最も自分らしく、それと同時に顧客から感謝されるような存在。


そんな存在になりたいですよね!
私は、自分の残された人生、そんな存在を目指すことに決めました。

もちろん現実には、乗り越えなければならないハードルもたくさんありますよ。
1つ1つハードルを乗り越えていきます。

それすらも、楽しみです。

あ、ビジネスってそういうことだったのか!

診断士試験「経営情報システム」の議論から見えたこと

関連記事

  1. 積極的ポジショントークの勧め

    「ポジショントーク」には、どういう印象をお持ちでしょうか。一般的には、「何かを買わされる」「…

  2. 1ヶ月にいくら必要ですか?

    先日、ある方と会話をしていたとき、「手取り最低年収で3,000万円ないと、人として生きて…

  3. お金と稼ぎ方を真正面から考える

    私が今まで生きてきた環境では、真正面から真面目にお金の話をすることに一種のタブー扱いがあるよ…

  4. 独立・起業時の夫婦関係

    昨日は独立する上での人脈について書きました。■昨日書きました通り、外の方との人間…

  5. 協会に頼らない世界

    先日、中小企業診断士が集まる機会があり、そこに顔を出していました。皆さんの会話を聴いていて、…

  6. 自分の得意な場所、苦手な場所

    独立して仕事をする上で人脈は必須です。■どれだけの人数とお付き合いするか?どこまで深…

  7. いつからスケジュールを押さえるか

    昨日は、理想の1日、1週間を描きましょう、と提案しました。描いた上で実践してみた…

  8. レベルが高い人ほど、さらに学んでいる事実

    レベルが高い人は、本当に良く学んでいると感じます。■セミナーに行ったり、コンサルティング…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP