経営・セルフマネジメント

自分は何者か?で目標・行動が変わる

あいまいな目標では、何事もなされませんよ、ということを書きました。

https://biz-it-base.com/?p=6637

とは言え、やみくもに目標を立てたところで、自分らしく生きられるわけではありません。
前提条件が必要なのです。

 

自分が何者か?で目標は変わる

上記の記事で書いたことは、

  • マラソンの目標は明確だった
  • トライアスロンの目標は不明確だった
  • 結果、マラソンは目標を達成し、トライアスロンは何となくレースを迎えてしまった

というものでした。
これは言葉を換えると、ランナーとしての自分は定義できていたけれど、
トライアスリートとしての自分は定義できていなかった、ということです。

実際、過去の記事でも書いたことがあるのですが、
フルマラソンの記録更新を狙うのと、トライアスロンの記録更新を狙うのでは、
トレーニングメニューが変わってきます。相反する部分があるのです。
厳密に言えば、「どちらも両立」ではなくて、「どちらかを選択」なのです。

ランナーとしてトレーニングを積み、トライアスロンにも出場するのか。
トライアスリートとしてトレーニングを積み、マラソンにも出場するのか。

自分をどちらと定義するかによって、目標も、それに伴う行動も変わってくるのです。

 

コンテンツ開発者を選んだ方の事例

もう少しビジネスの事例で見てみましょう。

先日お会いした方は、数人の会社を経営されている方。
「経営者」「コンテンツ開発者」「講演家」など、様々な顔を持っている方でした。
既に相当の実績を上げている方でしたが、本人にしてみれば、
「どうも突き抜けない」という状況だったようです。

自分との対話を繰り返し、結果的に「コンテンツ開発者」としての自分を突き進むことを決断されました。
立場上、「経営者」の顔を持っているのですが、それは最小限に留めて、
経営者の仕事と定義されているマーケティングなどを人に任せてしまったのです。
「自分はコンテンツ開発者だから、集客も売上も、極論知らない」と言い切っていました。
経営者としては、恐ろしい決断です。。

ここから、彼のリリースするコンテンツが爆発的な勢いでリリースされていくのです。
自分のど真ん中にフォーカスし、他のアイデンティティを捨てたことによって、
エネルギーが爆発したのでした。

 

自分が何者か?を選んでいく

私たちはうっかりすると、新たな顔がどんどん増えていきます。
私の例を挙げれば、事業主、コンサルタント、支援者、応援者、夫、息子、父親、ブロガー、セミナー講師、ランナー、トライアスリート、マーケッター、プロジェクトマネージャ、(元)ITエンジニアなど、
適当に書いているだけでも次々と出てきます。

30歳頃を超え、社会人経験をある程度積み、家庭を持つようになると、
自然と多くの顔が増えていくのが実情でしょう。
だからこそ、私たちは自分が何者か?を積極的に選択していく必要があるのです。

最も自分らしく、最も楽しく、最もパフォーマンスを発揮して生きるには?
まだ私も自分が何者なのか?を必死に探求しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日は日帰り出張で愛知へ。
行きは名古屋経由、帰りは豊橋経由の新幹線。
たまには出張もいいもんです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村