menu

当たり前の基準が低いから・・

日々の生活に変化を感じなくなったときこそ、「当たり前の基準」を見直すときだと感じています。

 

トレーニングの基準を変えてみた

このところ、なかなか満足いくレースができないマラソン・トライアスロン。
どちらも始めて数年経ち、「慣れ」だけでベストタイムが出せるフェーズは脱した、ということなのでしょう。

トレーニングは量の前に質を問いたいところですが(カラダを故障するので)、
それでも敢えて、量の基準を上げることにしました。

ランニングについては、私の(無意識の)基準は10km・60分でした。
時間がないときは、その半分の5km。
週末など時間があるときには、少し増やして15kmや20km、というように。
この当たり前の基準を15kmにしてみたのです。

時間がないときの5kmは変わりませんが、
「ちょっとジョグ行ってくるか」のちょっとを15kmに設定するようにしました。
すると週末は、何も考えずとも15kmは走るようになります。

同じようにスイムも無意識に1,200メートル・60分くらい泳いでいました。
これを2,000メートルが当たり前になるようにしたのです。
スイムに関しては休憩時間が減っただけで、時間は変わっていません。
1時間もあれば通常練習でも、2,000は泳げることが分かりました。

このようにランもスイムも当たり前(=無意識)の基準を上げてみたのです。
これに結果がついてくるのか?は、未だ分かりませんが。。

 

成果が出ないのは、当たり前の基準が低いから

生活に変化がない、期待したような成果が出ないのは、当たり前の基準が低いからです。
昨日ご紹介しましたように、自分の価格を上げられないのは、普段受けているセミナーやコンサルティングが安すぎるからでした。

自分の価格に限った話ではありません。

  • 1回で食べる食事の量、質
  • 1日の売上
  • 1ヶ月の生活費
  • 1日に働く時間
  • 1日の睡眠時間
  • 1週間で出会う人の人数(通常の仕事以外で)
  • 日頃から一緒に居る人の職業・人格・教養
  • 配偶者や子ども、両親との会話
  • 1週間で行う運動量

思いつくままに書きましたが、なんとなく普段行っていることが、将来の成果につながるのは推して知るべし。
毎日ファーストフードをドカ食いしていたら、健康を損なうのは当然です。

 

何の基準を上げるか?

では、何の基準を上げるか?ですが、これは人それぞれでしょう。
人それぞれに、どんな姿になりたいか?
『7つの習慣』の第2の習慣、終わりを思い描くことから始める。と言い換えても良いでしょう。

自分が死ぬとき、家族とどういう関係になっていたいか?
それによって、日々の会話も変わってくるでしょう。
老人になったときも、颯爽と歩いていたいから、私はトレーニングをしています。
もっと教養豊かになりたいから、自分の無知が恥ずかしくとも、教養のある方とご一緒させてもらうようにしています。

どんな自分になりたいのか?を思い描き、
そこから逆算して、当たり前の基準を上げてみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は月に1度、両親と過ごす午前中〜ランチです。
その後はIT関係のイベントに参加して、夜はバイクトレーニングのイベント。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

士業・コンサルタントが価格を上げられない単純な理由

1年の振り返り・新年の目標設定の前に、やらなければならないこと

関連記事

  1. 外部環境に目を向けてみると・・

    昨日は、ITにおける調査・コンサルティング企業であるITRが主催する「IT Trend 2016…

  2. 分かりやすい・分かりにくいマーケティングの使い分け

    少し前に、「分かりにくさ」で参入障壁を築くマーケティング手法があるのではないかという記事を書きました…

  3. 社長はどこまで学ぶべきか

    『V字回復の経営』などで有名な三枝匡さんが、とある場所で「日本の社長は不勉強すぎる」と漏らしていたそ…

  4. カラダ&ココロとの対話を繰り返す

    改めて定点観測って大事だな、と感じています。アンテナの精度が高まるからです。…

  5. 社員に認められる社長になるための、最もシンプルな方法

    「社長」として社員に認められるかどうかは、社長個人のプライドに関わる問題なだけでなく、会社組織の士気…

  6. 「人件費」の捉え方で経営は変わる

    人件費を日頃、どのように捉えていますか?その捉え方1つで、その会社は10年後、全く異なるものにな…

  7. 成長を促す「適切な負荷」をかけるために必要な、たった1つのこと

    「痛たたた・・(またやってしまった・・)」今朝起きたときの私の反応です。木曜日にフルマラ…

  8. ちょっとした一言で顧客との関係を深める

    こんばんは、渋屋です。夏休み最終日。今日は朝イチからカフェに篭り、休み中に溜まったメール処理…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP