menu

顧客のニーズを知る最も簡単な方法

モノであれ、サービスであれ、何かを売るためには、
顧客の(潜在的・顕在化した)ニーズを知ることが重要です。
独りよがりの商品を準備したところで、何も売ることはできません。

ニーズを把握するのは難しい?

そうアタマでは分かっていながらも、
実際にニーズを知るための行動がなかなかとれない、
そんな悩みはありませんか?

  • そもそも潜在顧客に会うことができない
  • 顧客に会っても、ニーズの聴き方が分からない

そんな声を聴くのです。

大企業だと、顧客のニーズを調査するためだけに
外注に依頼をして、顧客の行動調査などを行うことがありますし、
Web上での行動もA/Bテスト、ヒートマップ、アクセス解析などで調べられています。

ただ、私たち「ひとりビジネス」あるいはスモールビジネスにとっては、
そんなコストや時間がかかるやり方はできませんし、必要ありません。

(補足)Webについては、スモールビジネスでも上記のようなツールはお手軽に導入できるようになりました。

 

顧客のニーズを把握する最も簡単な方法

このブログをお読みの方に多い、サービスを売る方であれば、
ニーズを把握する確実かつ簡単な方法があります。

「自分が顧客になってしまう」のです。

私は独立して以来、自分が何かを購入するときの心理状態に
非常に敏感になりました。

  • どういうときに購入してしまうのか?
  • どのような状況で購入する心理になるのか?
  • 逆に途中で購入するのを止めたときの理由は何か?
  • どういうキッカケで、そのサービスを知ったのか?
  • 価格感をどのように感じているか?

特に高額商品になるほど、そういう心理状態を意識しながら、モノを買うようになりました。
自分という、たった1つの事例ですが、何でもヒアリングできる顧客事例を手に入れられるのです。

そのために敢えて高額のセミナーやコンサルティングサービスを調べては、
それが欲しくなるか、不要だと思うか、考えるようにしています。
(競合調査にもなりますし、ベンチマークにもなります)

 

自分という事例を掘り下げて、他の事例からも学ぶ

そうやって自分が高額サービスを購入するときの心理状態やニーズを把握できると、
他の(潜在)顧客からの声をスムーズに聴けるようになります。
自分の事例から、仮説も立てられるようになるので、ヒアリングも出来るようになります。

ここまで書いてきたように、セミナーやコンサルティングを行う人自身が、
同様のサービスを購入するメリットは計り知れません。

実際にセミナーやコンサルティングを受けると、
その運営の仕方、サービス提供の仕方から学べることが多々ありますので。

しかし、私の周囲に「買ったことがあるか?」を聞いてみると、
予想以上に「買ったことのない」人が多いのです。

士業の勉強会・研究会に出てみると、100円とか500円で開催されているものがあります。
それはそれで意義があるので良いのですが、
同時に、「自分が売りたい価格」で提供されているサービスを購入する経験をした方が良い、と思っています。

顧客の立場になることでしか、見えてこないこともある、と感じています。

(2018年8月9日更新)

定期的にマーケティング情報が受け取れるメルマガはこちらです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ドラッカーを学んでいて気になったこと

スキルアップは仕事ではない

関連記事

  1. あなたの商品・サービスの価値を、正しく伝える3つの方法

    どんなに良い商品・サービスでも、価値が正しく伝わらなければ、それは売れません。お客様にとって「存…

  2. 世の中に似たような商品・サービスが溢れかえってしまう理由

    あるところで、新事業(商品)の企画を見比べていたことがあります。楽しみにしていたのですが、蓋を明…

  3. 【トライアスロン経営塾】マーケティングの基本の基本を行いました

    9月25日、『トライアスロン経営塾(マーケティング編)』の第1回を行いました。社長・取締役・次期…

  4. あなたのお客様とは、誰のこと?顧客を定義する視点

    ビジネスをする上で、「お客様を定義すること」は生命線です。適当な顧客定義で、中長期にうまくいって…

  5. 「分かりにくさ」という参入障壁・ブルーオーシャン

    自社をアピールするには「分かりやすさ」が一般的に求められます。誰に向けて、どんなメッセージを…

  6. 顧客関係の深さ・広さと、商品ラインナップについて

    年明けから3月までは、既存のお客様に対して、今まで以上の深い支援を行ってきました。4月からはそれ…

  7. マーケティングを実践する前に、最初にやるべきこと

    トライアスロン経営塾(マーケティング編)、残席2名となりました。お申し込み下さった皆様、あり…

  8. 顧客像を描くときに必要なイノベーター理論、メッセージを連動させる…

    マーケティングでは理想とする顧客像を描くことが、非常に大切です。特にリソースに限りのあるスモール…

最近の記事

PAGE TOP