menu

スキルアップは仕事ではない

資格をとってまで勉強する人や、
会社以外に大学・大学院・予備校にまで通う人は、
本当に勉強熱心です。

このメルマガ読者は、勉強熱心な方が多いです。

ただ、私は自分を戒めるためにも、
スキルアップは仕事ではない、
と割り切っています。


先日読んだ本に書いてありました。

人のお役に立つのが仕事であり、
自分のためにすることは趣味である、と。

モヤモヤと考えていたことを、
見事に言語化された、と衝撃が走ったのでした。


スキルアップすることは、最終的には顧客のためです。
自分が得たスキルを活かして、顧客の役に立つのですから。

でも、現実にはそう上手くいっていないようです。

顧客が興味を持っていないのに、専門分野を誇らしげに語る人。
それ以前に顧客のことなど考えず、
自分がスキルアップすることが目的となっている人。

本当に多く見てきました。
いえ、私自身も過去にそのような状態に陥ったことがあります。


ですから、スキルアップはあくまでも仕事ではない、
と割り切った方が、健全でしょう。
まだ人の役に立っていないのですから。

敢えて、「趣味」だと言い切ってしまって良いと思っています。
自分のためにやっていることですので。

プラモデルに夢中になる、
鉄道に夢中になる、
カフェめぐりに夢中になる、

同じように、資格取得やスキルアップに夢中になっているのです。


今、私は意図的にスキルアップの時間を増やしています。
ただこれは、顧客からは見えないことですから、
「仕事」だとは考えていません。

頭を使いますし、悩みもします。
キツイと感じることもあるのですが、
それでも楽しんでやっていることです。

だから「趣味」なのです。


スキルアップを趣味ととらえると、
もう一方で仕事に集中する時間が必要なことが分かります。

趣味だけに集中せず、
目の前の顧客に対して、お役に立てているか?
常にこの視点を忘れないようにしたいです。

顧客のニーズを知る最も簡単な方法

【セミナーレポート】独立時に仕事獲得に困らない営業術

関連記事

  1. 気持ちが動いたことは記録しておく

    日々、生きていると、頻繁に気持ちが動きます。笑うときもあれば、イラっとするときもあり…

  2. 教えないけど、学びはどこまでも深く

    このメルマガでは何度も書いていますが、私のコンサルティングのスタイルは、基本的に「教えない」…

  3. 自分のスキル・経験をカネに変えていく

    このところスキルや経験は本当に大事だと改めて痛感しています。■「スキル」「経験」など…

  4. 覚悟を決めたら楽になった話

    先日、ある顧客に対して、私自身の覚悟を明確に示してみました。■具体的なことは書けませ…

  5. IT企業の支援者育成の場を作ります

    こちらの記事でも書いたのですが、IT企業を支援する仲間づくりを始めます。■…

  6. 最初の課題は、真の課題ではない

    コンサルティングをする上で、一番気にしているのは、顧客が言う課題の奥底を読むことです。…

  7. いきなりコンサルティングは売れません

    「独立してもコンサルティングが売れる気がしないんです。」先日、ある方から言われました。…

  8. 1ヶ月にいくら必要ですか?

    先日、ある方と会話をしていたとき、「手取り最低年収で3,000万円ないと、人として生きて…

最近の記事

PAGE TOP