menu

日常に非日常を、非日常に日常を

おはようございます。渋屋です。

サンフランシスコで2日目の朝を迎えました。こちら(早起きはセルフマネジメントの石の目)で書きました通り、早起きをして、ストレッチ・体幹トレーニングを終えました。1日をコントロールしている感が出て、やはり気持ちが良いです。

 

日常に非日常を持ち込もう

自分のありたい姿を描き、それに向かって変化・成長するためには、日常生活の中に非日常を持ち込むことが必須です。今の日常生活の延長線上には、今のままの生活しかあり得ないからです(むしろ、退化していきます)。では、非日常とはいったい何か?具体的に書いてみます。

 

人に会う

自分の知らない世界を知るためには、自分の知らない世界を教えてくれる人や本との出会いが必要でしょう。特に自分に刺激を与えてくれる人との出会いは強烈です。私の場合、平成進化論の鮒谷さんや、その道場生仲間との出会いがなければ、今の自分は絶対に居ません。

また、メルマガ平成進化論を読んでいたから、変化・成長を決意して中小企業診断士を取得しました。

 

セミナーに出る

セミナーに参加するのも、強烈なインパクトがあります。ただ、セミナーは当たりハズレが多いのも事実です。私にとって、良いセミナーとは、講師の方や他の参加者との目指す方向性が同じセミナーです。そして、これらの方々とのコミュニティが構築されるのが良いセミナーです。

そういう意味では、上述の鮒谷さんの3日間セミナーは、一緒に参加した人だけでなく、他の実施時期の道場生とも、どんどんコミュニティが広がっている最高のセミナーでした。

 

イベントを立てる

自分が変化するためには、自分自身で何かイベントを立てて、能動的に動く必要があります。人の動きに乗ってばかりでは、自分の人生が設計できないからです。最も分かりやすいイベントは自分でセミナーや勉強会を開催することです。朝会やお茶会など、軽いものでも良いでしょう。

自分でイベントを立て、参加者を募集したりすることで、今までにない世界が見えてくるのが分かります。

 

週末起業する

週末起業するのもオススメです。将来、ずっと会社員で居続けたい人にとってもオススメです。大きな会社・組織に属しているほど、自分の仕事は細分化・専門化してしまいます。その一方で、小さいながらも自分自身のビジネスを持つことで、 ビジネス全体を見渡し、運用するチカラが身についていきます。それは、会社員の仕事を続ける上でも、強力なスキルとなりますし、副収入を得ることにもつながります。

 

非日常に日常を持ち込もう

一方、非日常に日常を持ち込むことも必要だと思います。今、私はサンフランシスコに出張していますが、日本からヨガマットを持ち込んで、ホテルでストレッチや体幹トレーニングを行っています。

 

写真

 

非日常の生活に居ると、環境の変化や新たなチャレンジがあるので、どうしてもプレッシャーを感じてしまいます。そのような状態でも日常生活のルーチンワークを持ち込むことで、生活リズムを一定に保ち、精神を安定させることができます。結果として、長期的なパフォーマンスを最大化することができるのではないでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】

昨日は移動と晩御飯だけでしたが、今日から本格的に活動開始です!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

ストレッチを3ヶ月続けた効果

自分で起きるか?他者に起こされるか?

関連記事

  1. 【私の履歴書】悩みに悩んで中小企業診断士の受験を決意

    私のキャリアを少しずつ辿っている「履歴書」シリーズです。管理職になった後、組織の問題(=個人商店…

  2. もぐら叩き生活へ終止符を打つために

    こんにちは、渋屋です。既に何度か書いていますが、週末にドラッカーを学ぶためにセミナーに参加し…

  3. 著しい成長プロセス #185

    おはようございます。duckです。昨日の10kmマラソンのダメージが身体の節々に残っております。そし…

  4. 言葉と人格

    自分が発する言葉は、その人の人格を示すし、その後の人格形成にも影響していく、と私は信じています。随…

  5. 顔は自分の責任

    おはようございます。渋屋です。今日は「顔」についてです。しかめっ面が…

  6. 今日がスタートだ! #373

    こんばんは。渋屋です。今日はセミ総研(セミナー講師総合研究所)のセミナーを実施。先週は運営者ですが、…

  7. マシンモードと人間モード

    こんにちは、duckです。最近、どうにも仕事が遅いなぁ~と悩んでいます自分なりに原因を分析してみると…

  8. 子育ての終わりはいつなのか?

    今日の記事は、親バカなネタを含んでおります。嫌な方はこのままページを閉じて下さい(笑)新…

最近の記事

PAGE TOP