menu

Web/ホームページからサービスを販売するための2つのこと

これまで、士業/コンサルタントがWebで情報発信をするためのステップ1、2をご紹介してきました。
今日はステップ3のサービスを販売することについて、ご紹介します。

士業/コンサルタントのWeb/ホームページに用意したいコンテンツ10選

ブログを読まれるコンテンツに変えるための7つの打ち手

<スポンサードリンク>



3ステップの大前提

本題に入る前に、この3ステップは誰しもが構築しなければならないことではありません。
ビジネスの流れは人それぞれだからです。

Webで集客から、受注まで一貫して行う人も居ますし、
集客だけ、受注だけをWebで行う人も居ます。

私の場合は、最も多いのが法人顧客の場合は、

  1. リアルで会う
  2. 興味を持って下さった方がブログを読む
  3. 仕事の依頼をいただく

という流れです。

つまり集客については、Webがあまり機能していないとも言えます。
一方、個人の場合は、一貫してWebというパターンが増えてきました。

あなたにとって必要なステップを、取捨選択していただけたらと思います。

 

販売するための記事の書き方

普段のブログ記事と、サービスを販売するときの記事の書き方は異なります。
日常の記事の目的は、

  • 顧客の問題を解決する(特に検索流入の方)
  • 自分を知っていただく
  • 顧客との関係性を構築する

ですが、販売ページの目的は、当然「売ること」です。

売るためには、顧客に自らの問題を認識してもらい、それを解決したいと感じてもらう必要があります。
そこで有名なのが、新・PASONAの法則です。

この流れに沿って販売ページを構成することで、自然と買いたいと感じていただける文章になります。
詳細は、この本に書かれています。
読みやすい本なので、一度確認しておくと良いでしょう。

Web/ホームページの全体設計を行う

本当はホームページやブログをつくる前に設計しておきたいことなのですが。
最初からサイト設計だとか、デザインだとか言い始めると、いつまでも記事が書けないのも事実です。
そのため、私はある程度、記事を書くことが慣れた人に対して、初めて全体設計の話をします。

設計というと複雑に感じられますが、要するに記事を読んでいただく流れを意識することです。

どうやってお客様が最初のページにたどり着き、商品・サービスのページを読み、購入するか?
当然ですが、販売ページにたどり着かなければ、購入されることはありません。

トピックAに関する記事の下に、サービスAに関しての販売ページが、
トピックBに関する記事の下に、より深い関連記事があり、その最後にサービスBに関しての販売ページが、
というように設計します。

最後になりますが、3つのステップを意識して、今、どこをやっているのか?を意識することで、
ホームページやブログの効果は、確実に変わってきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

なぜ私が個人の独立支援を行うのか?

情報発信メディアの歴史・アプリの違いと特徴

関連記事

  1. 世界が変わって見えてきた #348

    こんにちは。duckです。昨日も書きましたが、昨日は社内業務として1日講師をしました。当然、準備もあ…

  2. ペルソナの設定はやっぱり大事だった!

    こんにちは。渋屋です。会計ネタが続いていましたので、今日は少し違うネタを。このところ、何…

  3. 事業を成功に導くモノ

    会社の看板も何もない私たちが、個人で事業を成功するためには?■今まで幾度と考えてきま…

  4. マーケティング戦略から実践まで学ぶためにオススメする7冊(+α)…

    どんなビジネスを行う上でも避けられないのが「売ること」。今回は私がオススメするマーケティング関連…

  5. 独立して、価値観を問われることが増えました

    最近、仕事で感情を揺さぶられることが増えています。良いことも、悪いことも増え…

  6. 話の流れ #303

    おはようございます。duckです。中小企業の社長に向けた人材育成についてのセミナーが10日後に迫って…

  7. 独立して良かったと実感していること

    先日の夜、電車で近くに座っていた会社員2人が、ずっと仕事の文句を言い合っていました。きっと色んな…

  8. 実績もスキルも足りないのですが、どうすれば、、?

    「実績もスキルも足りないのですが、どうすれば良いでしょうか?」良くいただく質問です。…

最近の記事

PAGE TOP