menu

なぜ私が個人の独立支援を行うのか?

昨日行ったセミナー後の懇親会で、ご質問をいただきました。
「なんで法人と個人の支援をしているのですか?」

特に個人の独立支援をしている理由について、改めて考えてみました。

<スポンサードリンク>



独立直前・直後、当時の自分が欲しかったサービスを提供したい

私は独立したいと思ってから、実際に独立するまでに、2年半近くかかりました。
今思うと、もっとうまいやり方があっただろう・・と思います。

しかし当時の私にとっては、独立するために必要な、まとまった情報が見つかりませんでした。
断片的に散らばった情報ばかりを、色んな場所でかき集める。
自分なりに組み立てては、試してみて。
また情報を仕入れては、試してみて。

試行錯誤を繰り返した結果、2年半、かかってしまったのです。
それでも最後は、清水の舞台から飛び降りる(と書くと言い過ぎですが)くらいの覚悟で、
安定した会社に別れを告げました。

世の中、高いスキルを持った人は、数多くいます。
しかし、会社で高いパフォーマンスを発揮することと、個人として活動するフリーランスでは、使う筋肉が異なります。
異なる筋肉の動かし方が分からないことで、独立できない。
独立できないから、会社に縛られる。依存する。

この悪循環を断ち切りたいのです。
個人にとっても、会社側にとっても、もっと人が流動的に動いて、
最適な人が、最適な場所で活躍できる社会。

そういう社会を目指したいのです。

<スポンサードリンク>



価値観が合った仲間が欲しいから

もう1つの理由は、中小企業のためです。
私ひとりで支援できる企業の数は、たかが知れています。
そういう数の問題。

そして、私が支援できる内容は、マーケティングとITが中心です。

税金の計算はできませんし、人事制度をつくることもできません。
補助金や助成金にも詳しくありません。
当然、デザインなんて・・美術ずっと下手でしたから!
こちらは質の問題ですね。

このように、数・質の両面から見て、
私が中小企業に貢献できることには、限界があるのです。

そこで価値観の合った、高い専門性を持つ仲間が大事になってきます。

  • 人事のことだったら、Aさんだな
  • お金のことなら、Bさんだな
  • ものづくりなら、Cさんだな

こんな感じで、それぞれが専門性を活かしつつ、
お互いを助け合えるような、緩いつながりが欲しいのです。

そのために独立支援を通じて、そのような仲間を増やしたいと思っています。
独立するときから関係をつくっていれば、その方の人格や得意分野も分かりますので。

結果として、中小企業を支援する、より良い方法ができるでしょう。
形式上はひとりで働くフリーランスですが、それでも仲間は必要なのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日はセミナー後、参加者全員で懇親会へ。
楽しい時間を過ごさせていただきました。
私も、頑張ります!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

ブログを読まれるコンテンツに変えるための7つの打ち手

Web/ホームページからサービスを販売するための2つのこと

関連記事

  1. 【勉強会】参加者と講師、それぞれのゴール #567

    おはようございます。渋屋です。昨日は肩の回復を加速すべく、スポーツ系の病…

  2. 1週間の売上記録を更新しました

    久しぶりに1週間の売上記録を更新しました。■理由はシンプルで、・時間単価の高い仕…

  3. 独立したいのに専門スキルがない中小企業診断士は、どうすべきか?

    「専門スキルがない」「何を身につければ良いか?」という相談を受けることがあります。中小企業診断士…

  4. 企画書のブラッシュアップ #315

    こんばんは、duckです。今朝はバタバタしてしまい、ブログを書くことが出来ませんでした。ようやく一息…

  5. 独立・起業の最大の敵をなんとかする(仕事・上司・家族 etc)

    独立・起業の準備は簡単ではありません。時間をかけてしっかり準備したとしても、うまくいくのか分から…

  6. タダ、500円のセミナーは止めよう

    私の知る限り、士業の世界では、あちらこちらで勉強会が行われています。お互いに研鑽する活動ですから…

  7. サロネーゼに学ぶスタートアップ #613

    おはようございます。渋屋です。■昨日の日経新聞、1面と3面に「サロネーゼ…

  8. 中小企業診断士 独立の失敗事例

    中小企業診断士を取得し、独立された方の中には、しばらくして会社員に戻っていく方がいます。典型的な…

最近の記事

PAGE TOP