menu

独立・起業の最大の敵をなんとかする(仕事・上司・家族 etc)

独立・起業の準備は簡単ではありません。
時間をかけてしっかり準備したとしても、うまくいくのか分からないのに、
実際には、様々な環境に邪魔されてしまう・・というケースを良く見ます。

<スポンサードリンク>



独立・起業の準備に必要な時間

独立・起業の準備には、時間がかかります。
私の場合は、このブログを書くことに、だいたい毎日1時間。
セミナーなど、他の活動もしていましたから、平均して毎日1.5~2時間程度を、約2年間続けました。

ザックリと計算しても、1,000時間以上を独立準備に使ったのです。
中小企業診断士試験に合格するために必要な時間が、1,000時間と言われています。
いずれにせよ、片手間でできることではないことが分かるでしょう。

会社員を続けながら、副業→独立という流れを目指すなら、何よりも時間確保を優先すべきです。
時間を取れない原因と、その対策を考えてみましょう。

 

仕事に時間を取られ過ぎる

仕事に時間を取られ過ぎてしまうのは、いくつかの理由があります。

仕事のやり方が悪い(自分が原因)

1つ目は、自分の仕事のやり方が悪い場合です。
会社で働いていると、周りの方と生産性は、あまり変わらないことが多いでしょう。
生産性は環境に依存することが多いからです。

しかし、独立を目指すのであれば、自分ひとりだけでも生産性を高めて、残業ゼロを目指さなければなりません。
ITを活用して自動化する、手間を減らしましょう。

また生産性を高めても、入ってくる仕事量が増えたら意味がありません。
仕事量をコントロールできることも大切です。

私が独立準備を始めた頃は、1つのチームを預かるマネージャでした。
ですから、チームで担当する業務量を、他のマネージャと調整したり、
チームの仕事の多くを、チームメンバーだけで回せるようにしました。
私個人の時間に、できる限り自由度を持たせたのです。

それでも、チームとしての成績は、しっかり上げました。
業務を標準化したり、チーム内外での情報交換を促したからです。
このときの経験は、今の仕事でも役立っています。

職場の環境が悪い(他者が原因)

より苦しんでいるのは、多くの方はこちらでしょう。

  • 上司の仕事の振り方が悪い
  • 価値を生まない業務が多すぎる
  • 万年、残業続きの会社/部署

こんな環境に居たら、時間がいくらあっても足りません。

上司に関しては、仕事の依頼の仕方や、組織の運営方法に問題があるなら、ちゃんとそれを認識させましょう。
「言っても変わらない」と感じるかもしれませんが、言わなければ絶対に変わりません。

無駄な業務は、上司や周りを巻き込んで、なくしましょう。
「そんな社内改善までやってる余裕がない」と考えるのではなく、独立する前の経験と考えましょう。

ある程度、チャレンジしてみても環境が何も変わらないのであれば、転職や部署異動を考えます。

私の場合は偶然なのですが、ITエンジニア部門からマーケティング部門に異動していたことで、独立準備に適した環境になっていました。
エンジニア部門は急なトラブルや、期限までが短い提案に追われることがあります。
しかしマーケティング部門は、年間計画に沿った動きがしやすいので、ある程度、予定通りに動くことができました。

残業が少なく、計画通りに動ける部署や会社に移ること。
そう簡単にはできないでしょうが、今の環境が悪すぎる場合は、選択肢に入れても良いでしょう。
(部署異動希望を出すなら、4月に向けて良いタイミングですし)

 

家族の理解を得られない

もう1つが、家族の理解を得られない場合です。

仕事が終わった後や週末に、外での活動が認められない。
そんな状況が続いてしまったら、準備できないのは当然です。

もちろん、各家庭には様々な事情があるでしょうが、
最低限、平日のうち2日程度、土日のどちらかが自由にならなければ、
実のある独立準備はできないのではないでしょうか。

どうしても独立・起業に対する理解が得られない場合は、適切なタイミングではないのかもしれません。
配偶者との関係を悪くしたままだと、精神をすり減らします。
まずはしっかりと安心してもらい、そして応援してもらえる関係づくりを目指しましょう。

独立・起業するとき、家族(夫・妻)を安心させるためには?

ただ、引き留めるのが配偶者ではなく親の場合は、反抗して良いでしょう。
世代が違うので働くことに対する価値観が異なり過ぎるケースがあるからです。
親の意見は大切かもしれませんが、ご自身の人生ですから、自分の選択を優先しましょう。

 

それでも時間が取れないときは?

これらの問題は、そうたやすく解決できるものではありません。
簡単に解決できるなら、もうやっているでしょうし。

対策を述べてきましたが、それでもできない場合は、
お金を貯めて、まず会社を辞めてしまう、という選択肢もあります。

1,000時間を副業で確保するのは大変ですが、
会社を辞めてしまえば、1日10時間を100日間かければ良いのです。
3ヶ月強、生活できる資金を確保した上で、活動しましょう。

ただ、それで事業が立ち上がるのか?は分かりません。
リスクが高いやり方なのは間違いありません。

副業からチャレンジするのか、まず会社を辞めてしまうのか?
どちらがご自身に合った方法なのかは、きちんと理解した上で実践しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

独立する前に知っておきたいフリーランスのデメリット

学習効果を最大化するために私が行っている3つのこと

関連記事

  1. もっと人の力を借りた方が良い

    「もっと人の力を借りた方がいいな」そんなことをふと感じています。一人…

  2. 自分にどんな問いを投げかけていますか?

    おはようございます。渋屋です。ゴールデンウィークでお休みの方が多いのでし…

  3. 最強のプログラム(ビジネス設計図)が生まれそうです

    少し前のことですが、とあるフレームワークを入手しました。ビジネスを加速させるための、すご過ぎて、…

  4. 独立・起業しなければわからないこと(副業・週末起業の限界)

    独立後、初の出張で稚内に到着しました。明日のお昼すぎから、あるセミナーに登壇させていただくのです…

  5. 私がこんな風になった良いな、と思う世界

    4月からの起業に向けて、理念というほど高尚なことではありませんが、「こんな世界にできたらいいな」…

  6. 多くの方に応援いただき、会社員を卒業しました!

    今日は、14年間勤めた会社の最終日でした。暖かく、桜がとても綺麗で、記念すべき区切りの1日を彩っ…

  7. 新卒で入社したのが小さな会社で良かった

    初挑戦したトライアスロン、ネタはまだまだあるのですが、さすがにこの辺で止めて、通常ネタに戻してい…

  8. 普通の人で良かった

    最近、「自分が普通の人で良かった」と心から思っています。持たざる者私は幼…

最近の記事

PAGE TOP