menu

ブログを読まれるコンテンツに変えるための7つの打ち手

前回は、これから情報発信を始める方に向けて、どんなことを書けば良いのか?
ネタ10選をご紹介しました。

士業/コンサルタントのWebに用意したいコンテンツ10選

この段階において大切なことは、以下の2つです。

  • 記事を書く習慣を身につけること
  • 記事作成を通じて、自分の専門性や、市場におけるポジショニングを決めていくこと

もやもやと考え続けるのではなく、言語化することによって、
自分という商品・サービスをつくり上げていくイメージです。

そのため、どういう仕事をしたいのか?が既に決まっている方は、
このステップを早く卒業して、次のステップに進みましょう。

今日は【情報発信のステップ2】、読まれるコンテンツを増やす方法を7つお伝えします。

<スポンサードリンク>



サイトの全体設計をする

情報発信のステップ1は、書く習慣を身につけること、自分という商品を磨き上げることが目的でした。

ステップ2からは、Web(ホームページ・ブログ)をつくるフェーズに入っていきます。
最初に行うことは、Webサイトの全体設計です。

一番大事なのは、どんな人に読んで欲しいのか?
このサイトから、仕事の獲得を目指すのですから、ターゲット顧客の定義は重要です。

ステップ1から2で、一番の変化は読み手を意識することです。
「自分との対話」という状態から、「読者とのやりとり」へと変化させるのです。

 

カテゴリーを整理する

最初に書くネタ10選を元に書いてきたなら、ある程度の記事が溜まっているはずです。

自分の専門分野をどう伝えていくか?
カテゴリーを作成して、各記事を分類していきます。

ネタ10選のうち、

  • プロフィール
  • 商品・サービスメニュー
  • お客様の声

の3つは、単独記事(ワードプレスの場合は固定ページ)で良いでしょう。

それ以外の記事をカテゴリーに割り振ります。

 

メニューを決める

メニューはサイトの構造を案内するものです。
このサイト(biz-it-base.com)の場合は、こんなメニューになっています。

メニューは必要に応じて適宜変えられますが、この段階で一度、作成しておくと良いでしょう。

<スポンサードリンク>



キーワードを選んで記事を書く

1つ1つの記事は、読み手の何らかの問題を解決するものです。
何かの疑問に対して、答えを提供する。

疑問があるということは、検索するということ。
どんなキーワードで検索するでしょうか?
それを調査して、記事のタイトルや文中に使用します。

そうやってGoogleに覚えてもらうのです。
詳細は割愛しますが、例えばGoogleのキーワードプランナーを利用することで、
どんなキーワードが世の中で検索されているのか?が調査できます。

そのキーワードで既に上位にある競合ページを読んでみたり、
Yahoo知恵袋のようなQ&Aサイトで、どんな質問がやり取りされているか?を確認することで、
世の中のニーズを把握することができます。

 

アクセス解析を行う

Google Analyticsを利用して、アクセス解析を行います。

  • どのページが良く読まれているのか?
  • サイトへの流入はどこからなのか?(検索、SNS、他サイトから、など)
  • 新規ユーザーと既存ユーザーの割合

などを確認します。
この時点での目的は、2つです。

  • 書き続けるモチベーションのキッカケにすること
  • ユーザー(読み手)にニーズを把握すること

アクセス数が増えたり、ニーズが分かることで、「もっと良い記事を書こう」というモチベーションにつながります。
また、アクセス解析は、立派な市場調査です。
ここで「自分が書きたいこと」と「お客様が望んでいる情報」をすり合わせしていきます。

 

サーチコンソールを使って記事を改善する

Googleサーチコンソールというツールを使うと、以下のようなことが分かります。

  • どんなキーワードで記事に流入してきているか
  • そのキーワードにおける検索順位
  • 表示回数とクリック数

例えば検索順位が上位で、良く表示されているのにクリックされない場合、
タイトルやデスクリプションが悪いことが想定されます。

こんなやつですね。このケースでは、
『独立後の「食えない不安」を減らすためにやっている3つのこと』がタイトル。
URLの下に表示されている、独立時の最大の不安は「食べていけるかどうか?」・・・がデスクリプションです。

既存の記事を修正することで、検索順位を上げたり、クリックされやすくします。

 

余裕があれば、キーワード順位チェック

この時点でまだ余裕があれば、狙っているキーワードに対する順位をチェックします。
私はGRCというツールを使っています。
Macを使っている方の場合は、Rank Trackerというツールが使いやすいようです。

狙っているキーワードが正しく、かつ順位が上がってくると、よりアクセス数が増えてきます。

ご紹介したツールの使い方だったり、テクニカルなことが増えてきます。
そのため、ステップ2に慣れるまでには時間が掛かるかもしれません。

ただ、「自分が書きたいことを書く」ことだけでなく、「読者に価値を提供する記事を書く」という本質を見失わなければ、やり方は身につくでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebookページ:こちら
Twitter:@giraffe_duck

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

士業/コンサルタントのWeb/ホームページに用意したいコンテンツ10選

なぜ私が個人の独立支援を行うのか?

関連記事

  1. ベイビーステップの前に #515

    こんばんは。渋屋です。今日はひょんなことから、仕事で面白いことを学びまし…

  2. クラウドソーシングセミナー開催します #707

    こんにちは。渋屋です。■IT業界向けクラウドソーシングセミナー開催昨年、…

  3. 鉄板コンテンツは何ですか?

    あなたの鉄板コンテンツは何ですか?■コンサルティングをするにせよ、研修やセミナーで講…

  4. 個人向けビジネス(B to C)が増えて生活リズムが変わってきま…

    独立してからしばらくは、法人向けのビジネスしか行っていませんでした。今年の春頃から、独立を希望す…

  5. 大きく考える #662

    おはようございます。渋屋です。■「大きく考え、小さくはじめる」とは?色々…

  6. なぜ私が個人の独立支援を行うのか?

    昨日行ったセミナー後の懇親会で、ご質問をいただきました。「なんで法人と個人の支援をしているのです…

  7. 【勉強会】その他の支払方法 #561

    こんにちは。渋屋です。■8月30日 3Knot CLUBの「大人の社会科…

  8. 【独立・起業の非常識?】貯蓄が必須とは言えない

    「独立・起業の前には、どれだけ貯蓄しましたか?」という質問をいただきました。…

最近の記事

PAGE TOP