menu

見積を出したのに受注できない世界?

会社員としてIT企業に勤めていた頃、
お客さんから複数社に提案依頼がされることは
日常的でした。


お客さんのシステム要件をヒアリングしたり、
RFP(提案依頼書)を皆で読み込んだりしながら、
お客さんの求めるシステム像を描く。

提案依頼から提案までは、通常はせいぜい数日。
この間にプレゼンテーション資料を作ったり、
システム構成や、それを作るための時間的・人員的な
見積りをしなければなりません。

徹夜になることも多々ありました。

IT企業に関わらず、複数社から相見積をとって
比較されることは、良く見られる光景です。

3社での相見積だったら、
単純計算で受注確率は3分の1。

5社だったら20%。
10社だったら10%です。


受注できるか分からないのに、
何人もの人が夜を徹して動く。

大企業だったら、まだ耐えられるかもしれません。
(決して営業効率は良くありませんが)

しかし、ひとりビジネスではそうもいきません。

受注できるかどうかも分からないものに、
そんな時間をかける余裕はないのです。

私は

【 私から提案するときには、
既に受注が決まっている状態 】

を目指したいと思っています。

逆に言えば、見積りを出しても
受注できない世界とは、さよならしたいのです。

まだまだ、その理想には遠く、
他社(他者)と比較されてしまうこともあります。


ただそれは、私がまだ
比較・競争されるポジションに居るということ。

独自の立ち位置を築けていないのです。

「アレを頼むなら渋屋しかいない」

そう顧客に想起してもらえるようにすること。

それがスモールビジネスの基本ですが、
とは言え、たやすいものではない。

だからこそ、その状態を目指したいと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

能力を伸ばしたいなら、負荷をかけるしかない

受託開発からサービスへシフトできない理由

関連記事

  1. 顧客グループが生む雰囲気

    一昨日、仲間達と話していて「あるある!」と感じた話を。■数ヶ月前にあるセミナーに行っ…

  2. 書く仕事を増やしてみて、感じていること

    最近、書く仕事を増やしています。「聴く」、「話す」、「書く」仕事の割合独…

  3. 独立を考えたら、いつ妻(夫)に相談すべきか?

    独立することを妻に伝えるタイミング、私は完全に失敗しました。いつ相談すべきか?独立志望の方から質…

  4. フリーランスとは総合格闘家である

    久しぶりに年末にテレビで格闘技をやっていました。旅行中だったのでビデオに録画し、昨日から観ていま…

  5. お金がゴールの人は居ない

    インサイトマップセッションで、毎日のように、人の深い悩みを聴いています。そこで気づいたこ…

  6. 電話を止めたらどうなるか?

    私は基本的に仕事で電話を使いません。FAXも使いません。■「電話は丁寧」「メール…

  7. 士業界における致命的な弱点とは

    これから士業を目指す方にとっては残念な記事かもしれません。■私の知る限り、現在の士業…

  8. 「ITは苦手だから・・」は通用しなくなってきた

    公共系の仕事をすると、毎回、頭が痛くなることがあります。■今どき「紙」の文化だからで…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP