menu

上司の言うことを鵜呑みにするのは止めましょう

LINEで送る
Pocket

大組織で働いている人を観察していると、上司の言うことを、そのまま受け入れる人が実に多いことに気付きます。
でも、それで良いのでしょうか?

 

上司の言うことが制約条件になってしまう

上司が何かを発言すると、それをそのまま受け入れて制約条件にしてしまう人がいます。

「このシステムには2億円までしかかけれられない」
「3月中に作り上げろ」
「あのベンダーが良いらしいよ」

本当に経営上の制約条件のこともあれば、単なる思いつき発言も多々あります。
大きな組織のエライ人は、得てして後者が多い、と個人的には感じています。

そんな思いつき発言を真に受けて、全てを制約条件として捉えてしまう。
仕事がどんどん厳しく、つらいものになっていきます。
そうやって疲弊していく人を、これまでに何人も見てきました。

 

上司が本当に望むのは、提案してくれる人

一方で、その発言の背景をちゃんと確認する人がいます。

「何で2億円まで何ですか?」
「4月から何に使うんですか?」
「と、言いますと?」

発言が思いつきだった場合は、その時点で適当さが露呈します 笑。
適当な発言だったと分かれば、それは制約条件ではありません。
適当に流せば良いのです。
(最も良くあるのが、さらに上の上司に良い顔をしたいから、と言うような個人的な理由だったり。以下、略。。)

ちゃんと確認した上で、上司に対して提案をするのです。

「あと2千万円使えると、ここまでいけます」
「4月から、この部分はリリースしますから、こっちの部分はもう少し待ってもらえますか?」
「このベンダーを使うと、この点は良いですけど、この点はうちに負荷がかかります」

上司だって成果が欲しいですから、ちゃんとした提案を欲しがっています。
ですから提案をした方が良いと思っています。
自分の主張が通れば、制約条件が緩くなって、働きやすくなりますし。

 

押し付けるよりも、支援型のリーダーに

逆に上司側の視点から見てみます。

大前提は思いつきで発言をしないこと 笑。
(笑っている場合じゃないですね、大組織には本当に多いです)
実働をする部下達が、ちゃんと動きやすい環境を作って欲しいと思います。

「頑張れ」「気合」「根性」「やる気」「もっと」「こんな感じ」

こんな曖昧な指示で、人が動けると思わないで下さい。
私の感覚では、指示を押し付ける上司は、ますます嫌われる傾向にあると思います。
適当な指示を押し付けたら、もっと嫌われるのは当然です。
働きにくい環境を作ってしまっているのだから、致し方ありません。

それよりも、チームが機能するような環境を創り出す支援者になること。
支援型リーダーシップみたいなことが言われるようになっているのも、
それが求められているからではないでしょうか。

そして部下からの発言を良く聴くこと。
反発されたくらいで怒らないで下さい。
その器がないのだったら、マネジメントから降りたほうが良いでしょう。
みんな成果を上げるために意見しているのですから。

世の中に、もっと支援型のリーダーが育ち、
そこで働く人が能力を発揮して、楽しく仕事して欲しいと思います。
(組織の規模が大きくなるほど、本当につらそうに働いている人が多くなるように感じています)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
だいぶ久しぶりに平日にランニングしました。
今週末、フルマラソン(古河はなもも)なんですが、
あんなに長い距離を走り切れる気がしません(笑)

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


【セミナー】
ただ今、募集中のセミナーはありません。

アジャイル開発から学ぶ。仕事は「戦い」ではない。

3.11から私たちは、どれだけ働き方を変えられたのか?

関連記事

  1. 迷ったときには顧客に戻る

    昨晩、独立・起業を目指されている方とSkypeでミーティングをしました。そのなかで気づいたことを…

  2. 商売に必要な要素がギュッと詰まった1冊

    商売で成功するために必要なことは何でしょうか?その質問に答えてくれるのが、今回ご紹介する本です。…

  3. 自己探求と社会への貢献を両立させる

    この春ころから、自己探求について学びながら、私自身、自己探求を続けています。おかげでビジネスに限…

  4. アプローチする顧客 #423

    おはようございます。渋屋です。昨日はセミナー講師を育成するセミ総研の自主セミナーでした。…

  5. 専門が活かせないフィールド

    こんばんは、duckです。診断士の試験後、何人かのITを強みとする先輩診断士と会話をする中で、確信し…

  6. データという名の新しい通貨

    こんにちは。渋屋です。新しい通貨が生まれつつあるのをご存知でしょうか?…

  7. ゲーム中毒者だった私がゲームを止められた理由

    かつての私は、ひどいゲーム中毒者でした。ゲーム中毒者だった私物心がついた…

  8. ビッグデータ #405

    おはようございます。渋屋です。昨日は金沢まで出張をしてきました。日帰りだったので…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP