menu

働かない上司・おじさんに、いつまで迎合するのですか?

先日、飲みの席で「ストライクゾーンが狭い」と言われました。
もう少し表現は違ったと思いますが、受け入れられる世界観・価値観の幅が狭い、と言うことでしょう。
一般的にはダメ出しの言葉とも捉えられますが、ひとりビジネスを営む私にとっては褒め言葉です。

 

職場の働かない上司・おじさんに、どう反応しますか?

職場にいませんか?働かないおじさん達。
私の経験上、大組織には必ず一定数、働かないおじさん達がいます。

昔は頑張っていたのかもしれませんが、
今は怪しい役職・肩書きを与えられつつ責任は皆無。
高い給料をもらいながら、毎日のほほんと過ごしている、あの人達です。

そういう人達の存在に、あなた(=同僚や後輩だと仮定)はどう反応しますか?

  • 給料泥棒だから何とかしろ!と組織に働きかける
  • 目くじらを立ててもしかたないので、心の中だけで文句を言う
  • 職場の空気を悪くしたくないので、表面的にはちゃんと付き合う
  • 昔は頑張っていた人なのだから、尊敬して付き合う

どれが正解ということもありません。
ただ、私のように「ひとりビジネス」をやっている人なら、「どれも選べない」と思うのではないでしょうか。

成果を上げていないのに高い給料をもらうのは、ひとりビジネスでは有りえません。
市場に価値を提供していないのだから、もらえるものは無いはずでしょう。
(ここでの「市場」とは組織内顧客を含んだ表現です)

心の中だけだったとしても、文句を言っていたら、脳内メモリが無駄に消費されます。
ムカムカしている状態では、知的労働に集中できません。

職場の空気を乱したくないと考えても、
遊んでいるおじさんの存在自体が、職場の空気を悪くしています。
そういう存在が許容されていることで、組織のマネジメント層に対する不信が募るからです。
その結果、敏感な若手から、やる気を失っていくのです。
若手の上げた成果を働かないおじさんに搾取される組織なのですから、当然の結末でしょう。

ドラッカーはマネジメントの役割の1つを、『仕事を生産的なものにして働く人たちに成果をあげさせる。』(マネジメント)と書いています。
昔頑張っていた人が、今役立たずなら、それは市場や組織の変化に対応できなかったということ。
マネジメントの責任であり、本人の責任なのです。

大きな組織になればなるほど、一定数、パフォーマンスを上げない人が存在するのは避けられない事実です。
ただ、そのような人にどう対応するのか?は、マネジメント層の手腕・哲学・覚悟が試されているとも言えるでしょう。
いつまでも「みんな仲良し」していたら、組織ごと沈んでしまいます。

「ひとりビジネス」や小さな組織の経営者にとって、成果も上げずに遊んでいることなどできません。
遊んでいる人を雇うような資源の余裕もありませんし、それ以前に「そんな人と付き合いたくないわ!」と思うでしょう。
「そんな人を長期間放置できるのは大組織の余興でしかない」という感覚は独立・起業経験者なら分かることと思います。

 

フワッとした世界観では、自分の存在を主張できない

ここで冒頭の話に戻ります。
ひとりビジネスを営む者として、ストライクゾーンが狭いのは必要条件だと思います。

働かないおじさんの問題は1つの例です。
同じように顧客面(づら)をする非顧客にも、迎合する時間はありません。
意見ばかり言ってくるけど、実は一度も対価を払ったことのない非顧客。
これも一定の事業規模になると必ず現れる存在です。

このような1つ1つの問題全てに対して、フワッと全部を受け入れることなどできません。
できないというより、やるべきではないでしょう。
資源は限られているのですから。

小さなビジネスを営むものは、自分を針のように尖った存在にする必要があります。
尖らせなければ、その存在を市場に気付いてもらえないからです。
世界観・価値観を研ぎ澄まして、世の中に対して自分のメッセージを送り届けるのです。

「他の人と一緒にするな!」

そういう自負・プライドがあるからこそ、小さなビジネスを自分の名前で営むことができるのです。
逆に言えば、

常に周りの人とぶつかりたくない。
表面的には仲良くしていたい。
成果ばかり追いかけたくない。

そう考えている人は、大きな組織の中にいるのが幸せなのでしょう。
ただ1つだけ意見を言わせてもらうと「そもそも仕事とは何なのか?」ということだけは、ちゃんと考えておいた方が良いでしょう。

最後に、他者がどのような世界観・価値観で生きるのか?はその人次第ですし、
私がどうこう言うことでもないので、普段は意見も批判もしません。
(求められれば意見は言いますが)

また、自分自身にも多様性が必要だとは思っていますので、
他の尖ったモノをお持ちの方の話は積極的に聴きにいきます。
違った方向に尖っている人、より鋭利に尖りまくっている人の話は面白いですし。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は息子のマラソン大会です。
応援に行ってから、仕事に向かいます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

真の独立経験者に会いに行く

神エクセルを回避する、ファイル作成時の思考法

関連記事

  1. 見え始めた私の勝ちパターン(方程式)

    ブログを書いて、メルマガを書いて。見る人から見ると、私は「ネット営業の人」なのかもしれません。…

  2. 自分を押し殺していませんか?

    このところ、様々な方とお会いするなかで、「ん!?」と思うことが増えてきました。良く言えば控えめな…

  3. いつでも休める自由と有給休暇のない不自由

    この時期、お客さんとミーティングしていると年内の休みはいつからか?という話に良くなります。…

  4. 資格コレクターでは、何者にもなれない

    資格に対して好意的な人、逆に資格など役に立たないと言う人。両方います。一応資格を活かして商売をし…

  5. 自分の勝ちパターンを持つ

    事業をする上で、仕事を獲得することは避けられないことです。■「売りましょう」「そ…

  6. お金の話は明るく楽しく!

    おはようございます。渋屋です。昨日は天気が悪く、寒い1日でしたね。私はテレワークの1日でした…

  7. 【独立のリアル】肩書き喪失の不安

    独立してから、今でも名乗るときに物足りなさを感じることがあります。会社員時代、訪問時や名刺交換時…

  8. 活動基地を持つとラクになる

    フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、「活動基地」があるとラクになります。■…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP