menu

セールスレターにおける仁義なき戦い

このところ、様々な方の商品・サービス案内を拝見する機会があります。
それを見るにつれ、セールスレターを書くときには「熾烈な争い」をする覚悟が必要だと思うようになってきました。

 

気付かずに現れる自己主張

自分で書いたセールスレターを翌日に読みなおし、愕然とすることがあります。
主語が「私」なんです。
それに気付いてから、他者のセールスレターを読み返すと、同じ傾向があることが分かりました。

  • 私(弊社)のサービスはこんなに素晴らしいですよ
  • この商品はこんなにハイスペックなんです
  • 特許や実用新案登録しています

もう、とにかく自己主張ばかり。
そこに顧客の姿はありません。

IT関連企業の商品・サービス紹介は、特にこういうのが多いように感じました。

 

主語を顧客にしてみたら

私はセールスレターは主語を意識するだけで、もっと良くなるのでは?と感じています。
そして主語を「あなた(=顧客)」にするのです。

  • 商品・サービスを上手に活用した事例
  • その結果、顧客はどのように変わったのか?(Before/After)
  • 顧客が価値を感じた瞬間に発した言葉

本当に顧客が欲している情報は、これらのようなものだと思います。
商品・サービスの説明はそこそこに、それ以上に顧客の立場に立った情報を提供する。
それだけでセールスレターは、より深く顧客の心に届くようになるのではないでしょうか。

 

「私」と「あなた」を戦わせる

私自身、セールスレターのライティングテクニックは初心者だと認識しています。
ただ、この「私」と「あなた」を徹底的に戦わせることで、
次のステージに進める確信があります。

自己主張を抑え、顧客の立場で書くということは、
改めて自分の商品・サービスの価値を徹底的に掘り下げること。
顧客の言葉として書かれた価値は、必然的に顧客の心に刺さるようになります。

セールスレターのたった1つのチェック事項。
主語が「私」になっているか、「あなた」になっているか。

確認してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
以前から少しずつまとめているコンテンツがようやく形になりつつあります。
他のセミナー同様、まずはメルマガにてご紹介します。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

レベルアップが止まりません

関連記事

  1. 組織は遅さで沈没する

    このところ、企業のスピード感を感じる場面にいくつか出くわしました。なぜこんなにスピード格差が…

  2. 人は慣れ、そして惰性になるからこそ、イベントを立てる

    人は成長し、大人になるにつれて、新しいチャレンジをしなくなります。そして変化のない日常に慣れてい…

  3. 自分自身と向き合う機会を取っていますか?

    外部環境分析として、PEST分析(政治、経済、社会、技術)をすることがあります。私は主にITの変…

  4. 「出来る」と「出来ない」は、すごく僅差かもしれない

    何かが「出来る」、「出来ない」の差はとてつもなく大きく感じます。しかし、実はその差はすごく僅差な…

  5. 「給料は我慢代」という会社に明日はあるのか?

    「給料は我慢の代償として支払われるものだ」まことしやかに語られるのを聞いたことはありませんか…

  6. あいまいな目標は効果がない

    最近の私自身のマラソン、トライアスロンの結果を見て、つくづく「目標って大事だな」と感じています。…

  7. 顧客の年間予算と自社のシェア #445

    おはようございます。渋屋です。営業活動をするときに、顧客の年間予算と、その予算に対する自…

  8. マーケティングでは、顧客との距離を大事にしたい

    何度かこのブログで書いていますが、私が3月末で会社を辞め、フリーランスとして独立します。今回…

最近の記事

PAGE TOP