menu

セールスレターにおける仁義なき戦い

このところ、様々な方の商品・サービス案内を拝見する機会があります。
それを見るにつれ、セールスレターを書くときには「熾烈な争い」をする覚悟が必要だと思うようになってきました。

 

気付かずに現れる自己主張

自分で書いたセールスレターを翌日に読みなおし、愕然とすることがあります。
主語が「私」なんです。
それに気付いてから、他者のセールスレターを読み返すと、同じ傾向があることが分かりました。

  • 私(弊社)のサービスはこんなに素晴らしいですよ
  • この商品はこんなにハイスペックなんです
  • 特許や実用新案登録しています

もう、とにかく自己主張ばかり。
そこに顧客の姿はありません。

IT関連企業の商品・サービス紹介は、特にこういうのが多いように感じました。

 

主語を顧客にしてみたら

私はセールスレターは主語を意識するだけで、もっと良くなるのでは?と感じています。
そして主語を「あなた(=顧客)」にするのです。

  • 商品・サービスを上手に活用した事例
  • その結果、顧客はどのように変わったのか?(Before/After)
  • 顧客が価値を感じた瞬間に発した言葉

本当に顧客が欲している情報は、これらのようなものだと思います。
商品・サービスの説明はそこそこに、それ以上に顧客の立場に立った情報を提供する。
それだけでセールスレターは、より深く顧客の心に届くようになるのではないでしょうか。

 

「私」と「あなた」を戦わせる

私自身、セールスレターのライティングテクニックは初心者だと認識しています。
ただ、この「私」と「あなた」を徹底的に戦わせることで、
次のステージに進める確信があります。

自己主張を抑え、顧客の立場で書くということは、
改めて自分の商品・サービスの価値を徹底的に掘り下げること。
顧客の言葉として書かれた価値は、必然的に顧客の心に刺さるようになります。

セールスレターのたった1つのチェック事項。
主語が「私」になっているか、「あなた」になっているか。

確認してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
以前から少しずつまとめているコンテンツがようやく形になりつつあります。
他のセミナー同様、まずはメルマガにてご紹介します。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

仕入れをやめてしまった八百屋の末路

レベルアップが止まりません

関連記事

  1. 私が提供しているサービスを図にまとめてみました

    「最近のあなた(私のこと)は、色んなことに手を出しすぎて、何屋なのか分からない」と言われます。そ…

  2. 大企業の役職者は意識を変えないと危険

    先日、知人の苦労話を聴いておりました。本当に大企業で責任ある立場にある方々、いい加減に変わらない…

  3. 成功法則に振りまわされない

    失敗しました。何人かの先輩に相談して、得ていたアドバイスを鵜呑みにしていました。私もアドバイ…

  4. フリーランスのお金は、先払い・事前入金が良いかもしれない

    先日、事業で使っているクレジットカードを変えました。お金の管理方法を変えた方が良いと感じたからで…

  5. 「マーケティング=新規顧客獲得」ではない

    「マーケティング」と言うと、すぐに新規顧客の獲得の話だと捉えられてしまうと感じることがあります。…

  6. 強みは顧客が決めてくれる

    先日、ようやく納得したというか、腹落ちしたというか、そういうことがありました。自分の「強み」につ…

  7. ダイレクトレスポンスマーケティングの全体像

    こんばんは、渋屋です。風邪がようやくピークを過ぎ、ラクになってきました。本当に健康は気をつけ…

  8. 自分の状態を評価する指標を持っていますか?

    「今日は頑張った!」「今日はイマイチ乗り切れなかったな・・」「今日はグダグダだった・・」…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP