menu

自分の商品を売るときの恐怖。それを克服した先にあるもの

稼げない中小企業診断士はどうすれば良いのか?
昨日は生意気にも、そんな記事を書きました。

  • 自分の商品をつくる
  • 自分の商品を自分で売る
  • コミュニティを持つ

この3つをやった方がいい、と。

ただ、記事を読まれて「んなもん、言われなくとも分かってる!できないから困ってるんだ!」
と思われた方もいらっしゃったかもしれません。
そう。これらはどれも、そう簡単なことではありません。

この3つが大変な理由を確認しつつ、どうやって克服するのか?を考えてみました。

 

自分と向き合う苦痛

自分自身の商品をつくろうとすると、自分と向き合わざるを得ません。

  • 自分がやりたいことは何か?(Want)
  • 自分の強みは?世の中に貢献できることは何か?(Can)

これら2つと向き合い、そして市場のニーズと合致するところから、商品をつくることになります。

どこかの機関に属して、既にあるサービスメニューに応じて対応したり、
顧客の要望に応じて、その要望に応えるだけの「請け仕事」をしていると、
自分と向き合う必要がなく、ある意味ではラクです。

繰り返しになりますが、自分の商品をつくるということは、自分と向き合うこと。
今まで見なくて良かったものと、正面から向き合うことになりますので、苦痛が伴うのは避けられません。

私自身、自分の商品をつくるときには、いつも自分と向き合うことになり苦痛です。
お客様と商品づくりに関わるときに、様々な質問を投げかけたり、インサイトマップ・セッションを行ったりしながら、
お客様がご自身と向き合うことを支援しています。

 

売れない恐怖と戦い続ける

自分の商品をつくり、それを自分で売るということは、「売れない恐怖」と戦い続けることでもあります。
1度でもやってみれば分かりますが、売れないのは恐怖です。

自分が顧客側のとき、「買わない」ことは気楽にやっているはずです。
たまたま日程が合わないとか、今月は予算が厳しいとか、上司の承認が得られなかったとか。
しかし、売る側に立った途端、「売れない」という現実は、喉元に刃物を突きつけられるような恐怖に変わるのです。

中小企業診断士のように1人で仕事をしていると、売れないという現実が、
自分という人間の価値を否定されているような気持ちに陥れるからでしょう。

世の中の多くの中小企業診断士・その他士業の方が、「自分自身で売る」ことをしないのは、
この恐怖に立ち向かいたくないからだと思っています。
少なからず、多くの士業が難関資格を取得した自分に対して、プライドを持っています。
売れないという現実によって、そのプライドを毀損されることを怖れているのです。
私の勝手な仮説ですが。

この恐怖の克服に対して、私は明確な答えを持っていません。
売ることは科学なのだから、失敗を繰り返しながら改善し、売れるようにしていくしかないと考えています。
むしろ恐怖があるから、改善しようという気になります。

 

自分に向かい合い、売れない恐怖を乗り越えた先にあるもの

このように、自分自身の商品を売ることは苦痛が伴います。
それでもオススメするのは、それを乗り越えた先に得るものが莫大だからです。

自分自身の商品を売れるということは、単価をコントロールできるということです。
労働集約型の仕事とは別に、収入源を確保できる可能性もあります。
他者がつくったメニューにしたがって、言われるがままの金額で仕事を請けるだけの状況と比べて、豊かになるのは明らかです。
その差は今は小さくとも、数年・数10年後には、非常に大きなものになっているでしょう。

私が「見た目の独立」と「真の独立」を使い分ける理由を、ご理解いただけたでしょうか。
見た目は独立していても、他者に言われるままに動くのは、雇われていることと何ら変わりません。
一方、会社に勤める人であっても、自分の商品を売れるようになれば、真の独立なのです。

さらに。自分自身と向き合い、市場に揉まれれば、成長することは明らかです。
単に自分の商品を売るというステージから卒業し、新たな市場や価値観を創造できるようになるかもしれません。
私の知る限り、ここまで至っている中小企業診断士は、せいぜい2〜3名です。
他の士業まで広げても、10名もいません。

そういうステージを目指して、自分の商品を世の中に届けたいと考えています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
情報セキュリティ入門セミナーをするため、昨晩から福岡に来ています。
知人が教えてくれたお店に足を運び、 珍しく1人で外食。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

稼いでいない中小企業診断士がやった方が良い3つのこと

それでも私が公的機関の仕事を続けている理由

関連記事

  1. 独立・起業したら事業収入を妻に教えるか?

    会社員の頃、私の周りでは給与(年収)は妻に教えている方がほとんどでした。でも、独立して、周りに聞…

  2. 独立して1ヶ月。振り返って良かったこと。

    独立して1ヶ月が経ちました。新しい体験ばかりで、右も左も分からないということが多かったです。…

  3. 中小企業診断士の理論政策更新研修(理論研修)は民間で!

    一昨日、中小企業診断士の理論研修に行ってきました。やっぱり工夫のある民間が実施しているものが良い…

  4. どこの馬の骨?

    おはようございます。渋屋です。一部の方にはお伝えしておりますが、徐々に独立が近付いてきています。…

  5. 中小企業診断士とブログの関係

    昨日は、中小企業診断士に良く読まれている雑誌『企業診断』の座談会でした。テーマは「ブログ」。…

  6. 「営業」の定義を変える

    独立したいと考えたときに、一番不安になるのが、「営業をやったことがない」という事実で…

  7. 無限の手数を打ち続ける

    おはようございます。渋屋です。昨日は6月まで半年間行っていた起業ワークショップの仲間で懇親会…

  8. 士業が稼げないのは、お金の使い方が間違っているから

    士業の集まりに行くと、こう書いては何ですが、「貧乏くさい」と感じてしまうことがあります。当然です…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP