メルマガ:非常識なコンサルタント

自分の時価総額を考えてみる

企業には時価総額という考え方があります。


その企業が将来生み出す利益を元に、
企業の時価総額を計算します。

私はフリーランス・ひとり社長にも、
この考え方を当てはめても良いのでは?と思います。
(後日追記:VALUなんてものも出ましたし)


自分の事業が、果たして将来、
どれくらいの利益を生み出すのか?

「自分」というブランド価値を金額換算したものと
言えるのかもしれません。

企業から、知識労働者である個人に
価値の源泉が戻ってきている時代だからこそ、

この個人のブランド時価総額を
意識したら、面白いのではと考えています。


自分の影響力を高めるとか、
世の中に貢献するとか、
自由を得るとか、

そのままですと全て定性的な目標なのですが、

時価総額という数字に置き換えることによって、
将来のビジョンが、

もう一歩進んだ、具体的な目標となって
現れるのでは、と思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村