menu

ランニング・トライアスロンに使えるアプリ・サービス・ガジェット

近所をジョギングすることから、レースにチャレンジすることまで。
ランニングをする人の目的は、人それぞれです。
それぞれの方にとって便利なスマホアプリやサービスをご紹介します。

 

最初に使えるRunkeeper(iPhone/Androidアプリ)

どんなレベルの方にとっても、自分が走った記録が残るのは嬉しいものです。

「どれくらいの距離走れたのか?」
「どのくらいのペースで走れたのか?」
「今月は何km、何分走ったのか?」

こういう記録が残ることは、ランニングを継続する上でのモチベーションになります。
手軽に記録を残すのであれば、スマホアプリが便利です。
GPSで自分の位置を測定してくれるので、距離やペース、走ったルートを正確に保存することができます。

有料版もありますが、まずは無償版で十分に楽しめます。

三浦海岸をランニングしたときの地図

 

GARMIN(GPSウォッチ)

スマホでランニング記録を取るのも良いのですが、常にスマホを持って走るのも面倒です。
特にレースに出るようになったり、雨が降っているときでも走ろうとすると、スマホが邪魔になることがあります。

ある程度、継続的に走ることが習慣になってきたら、専用の時計を買うと良いでしょう。
1万円未満の手軽なものから、5万円を超える本格的なものまであります。

私の場合はGARMINを使い続けています。
210→910XTJ→935と使っていて、今使っているのが3台目です。

スマホに比べて、軽くて邪魔にならない、雨に強いのが特長です。
また上位機種になるとGPSを使う状態でも、10数時間〜20時間程度、電池が持ちます。
フルマラソンなら6〜7時間程度、電池が持てば十分でしょう。
(国内の多くのレースは、制限時間がそれくらいですので)

私の場合、フルマラソン出場を決めた頃、最初の210を買いました。
次にウルトラマラソンに申込んだとき(結局、出なかったのですが)、もっと長時間電池が持つ910XTJを購入し、トライアスロンを始めてからも使い続けてきました。
そして先日、トレーニング以外の日常データ(ライフログ)を含めて、もっと多様なデータが取りたいと思い、935を買ったのです。

GARMINには「GARMIN Connect」というWebサービス・アプリ(iOS/Android)があり、データは時計だけでなく、GARMIN Connect側に溜まります。
ですので、自分の過去のトレーニング履歴は、時計を変えても残り続けます。

私自身の記録を見ると、GARMINで786回、約800時間、1万km近いトレーニングをしているようです。
(ランニングだけでなく、スイム、バイク、ウォーキングを含む)

このGARMINが、ランニング・トライアスロンのトレーニング情報(記録・振り返り)の中心に位置付けられるでしょう。

 

レースを探して申し込むなら、どれ走る?(iOS/Android)・Runnet

「レースに出てみようかな?」と考えたとき、レースを探すのに便利なのが、スマホアプリ「どれ走る?」です。
パソコンからなら、このアプリを運営している「Runnet」からもレースを探せます。

レースの開催日時、開催場所、距離などの基本的な条件から、より詳細な種目(リレー、親子・キッズ、トレイル等)も選べますし、ランニング以外の競技種別(バイク、トライアスロン等)も選べます。
申込みや支払いも、これで済ますことができます。

トライアスロンのレースやトレーニングなどのイベント情報は、マラソンのRunnetほどスタンダードなものがありません。
それぞれの大会で、応募方法が異なりますので、いつ・どこでレースが行われるのか?を探すのが大変です。
トライアスロンはマラソン以上に1人で始めるのが大変ですから、まずは仲間を作るのが良いでしょう。

私はトライアスロンに関して、トレーニングイベントは「LUMINA」を中心にチェックしています。

 

ランニングのペースを計算するなら、ランナー電卓(iOS/Android)

ランニングを始めたばかりの頃、ペースを計算するのが面倒でした。

「1km6分で走ると、フルマラソンはどれくらいで完走できるのだろう?」
「フルマラソンで4時間を切るためには、1kmをどのペースで走らないといけないのだろう?」

最初はExcelを使って計算していたのですが、時間・ペースの計算は結構面倒なのです。(私には)
そのとき見つけたのが、この「ランナー電卓」です。

試しにハーフを1時間30分で走るペースを計算してみたら、1kmを4分15秒で走れ、と出てきました。
実際にはエイドに寄ったりするので4分10秒くらいが必須でしょう。(無理・・)

 

トレーニングする場所を探せる、Strava

Stravaは上述のGARMIN Connectのようにトレーニングデータを蓄積できるサービスです。
私の場合は別の用途で利用しています。
何が便利って、他者が走ったルートを検索できるのです。

近所で2〜3km走っている頃は、特に走る場所は困りません。
走りやすいところを走るだけで十分でしょう。
しかし、少しずつトレーニングに慣れてきて、レベルアップしようとすると、より良いコースを求めるようになっていきます。

  • 信号の少ないところ
  • アップダウンの多い(少ない)ところ
  • 不整地(山の中など)
  • 周回コース/折り返しコース
  • 大通りの近く
  • 川沿い、海岸沿い

等など、より細かい条件を求めるようになっていきます。

最初は近所の地図とにらめっこしていましたが、
トライアスロンを始め、バイクに乗るようになって、いよいよ情報が欲しくなってきました。
自分以外の人がどういうところを走っているのか?を、検索するのにStravaを使っています。

これはバイク(サイクリング)のルートを「湘南国際村」のキーワードで検索して出たルートの1つです。
3km弱で130メートル昇るのが分かります。
この情報を元に、先日はもう少し手前(海寄り)から頂上まで登ったりしました。
(150メートルの登りが、今度出場する五島の条件に近いからです)

 

Zwift

冬の寒い時期、雨の日、あるいは早朝・深夜はバイク練習がしにくいです。
ローラー台に乗ることもできますが、何の刺激もないと、非常に苦しいです。

私もローラー台を持っていましたが、頻繁に乗ることもなく、一昨年〜昨年の冬はバイク練習がほぼゼロになってしまいました。
そんな心を入れ替えるために始めたのがZwiftです。

豊富なトレーニングプランがあり、そのときの状態に合わせてメニューを選んでいます。
元気なときはFTPを向上させるSSTトレーニングをやったり、逆にリカバリー目的のときは自由なメニューで軽くまわす程度など。
パワーが見える化されたので、自分の貧脚っぷりを自覚させられたと共に、トレーニングが続くようになりました。

今はiOSアプリだけでも楽しめるようになっています。
なお、Zwiftは使い続けるには、月額料金(1,200円)が掛かります。
ランステ1〜2回分の料金で自宅トレーニングできるのだから、安いものです。

なお、Zwiftでのトレーニング結果は、GARMIN Connectに自動連携してくれません。
(Zwiftの問題ではなく、自動連携するAPIを提供しないGARMIN側の問題です。Stravaには自動連携できます)
ですので私はZwift終了後、毎回トレーニングデータをダウンロードして、GARMIN Connectにアップロードしています。
面倒ですが、GARMIN Connectにデータを集めたいので我慢しています。

 

メトロノーム

スマホアプリでメトロノームを入れています。(色々とありますのでお好きなものを)
ランニング・トライアスロンに限らず、スポーツにはリズム感が必要です。
そのリズムを覚えさせるために、確認をしています。

また、ランニングのピッチ、バイクのケイデンスを確認する意味もあります。
人間は年齢と共にピッチ・ケイデンスが落ちてきます。
脳が認識するリズムが遅くなってくるからなのでしょうか。
神経や主要筋肉を維持・向上させるために意図的にピッチ・ケイデンスを上げる練習を入れるようにしています。

 

こうして見ると、ランニング・トライアスロンをやるにも、Webサービスやアプリ・GPSウォッチなど、ガジェットを使えるとやれることが多く・便利になります。
時間を有効に使って効果的に情報を集めたいですし、仕事の合間にトレーニングやレースを入れているので、使える・使えないの差は大きいと感じています。

IT屋ですから、そういう視点でもマラソン・トライアスロン周りの動きを観察するようにしています。
(・・と言い訳をつけて、ガジェットを買ってしまう 笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
先週・今週は私にしては時間的にも距離的にも多くトレーニングしました。
2週間後に迫った五島が怖くて仕方ないからです。
ただ、そろそろ回復・調整期に入らないといけません。
追い込むのは遅くとも明日までとします。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

自分の時価総額を考えてみる

道と道がつながり、世界が広がっていく

関連記事

  1. クラウド・AI時代に士業が生き残る3つのアプローチ

    士業の業務は、確実にクラウドサービスに置き換わりつつあります流行りのクラウド会計は言うまでも…

  2. オススメ!大人の合宿!!

    子どもたちを見ていると、合宿があったり、遠足があったり、普段の学校とは別の、変化をつけるイベント…

  3. 下請け・孫請け受託開発から脱却するには

    昨日はIT業界を大きく4つに分けて、その特徴を考えてみました。私が主に支援し…

  4. 9月のトレーニング記録とその効果、やっぱり目標は大事

    今日は終日トレーニングできない予定なので、9月のトレーニング記録をまとめておきます。「プロジェク…

  5. IT導入と業務プロセス変更をセットで考える

    ITを導入する際、業務プロセスの見直しを同時に行うと、効果が高いという記事を書きました。その…

  6. アジャイル開発から学ぶ。仕事は「戦い」ではない。

    IT企業を支援する上で、主流となりつつあるアジャイル開発を学んでいます。ただ、これは単なる開発手…

  7. Facebookの投稿範囲を設定する方法

    こんにちは、渋屋です。今日は普段のオフィスとは違うところに来ています。…

  8. IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

    「IoT」という言葉が一般紙などに書かれることが多くなりました。経済産業省が押しまくっているのも…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP