menu

ITエンジニアが経営に関わるメリット

最近、「コンサルティング」と「エンジニアリング」の相性について考えています。
以前にこんな記事を書きました。

改めて、今感じていることをまとめてみました。
結論から言えば、エンジニアがコンサルティングをしたり、経営に携わることは、大いにプラスになります。

 

デジタルビジネス・サービス化を発想しやすい

世の中、ビジネスのデジタル化が進んでいるのは、言わずもがな。
デジタルカメラの登場によって、従来型カメラ産業は存亡の危機に晒されました。
しかしデジタルカメラの隆盛は長く続かず、スマホのカメラが高機能化すると、あっという間に危機に陥りました。

首都圏では、車は買うことよりも借りることが当たり前になりつつあります。
旅行での宿泊は、ホテルよりもエアビー、という人も増えています。
枚挙にいとまがないほど、あらゆる業界でデジタル化が進んでいます。

さらに言えば、サービス化も進んでいます。
GEは航空機エンジンを売らず、運行距離に応じてチャージするサービスをしています。
同様に、ミシュランもタイヤを売らず、走行距離でチャージしているそうです。

顧客の立場から見れば、

  • 購入しなくて良い(資産が軽くなる)
  • 初期投資が低くなる(稟議を通しやすい)
  • 運行・走行できないときのリスクを回避できる

など、様々なメリットが得られます。
おそらく、多くの業界にとっては、発想しにくいビジネスだったでしょう。

ただ、IT業界で働くエンジニアにとっては、そうではありません。
「As a Service」という言葉があるように、サービス化が進むIT業界では、サービス化は随分前から言われてきたことだからです。
あらゆる業界で進むデジタル化・サービス化を本質から理解し、企業を支援するには、ITエンジニアというキャリアは非常に効果的なのです。

 

「ちょっと試す」がやりやすい

発想しやすいことだけではありません。
ビジネスは、アイデアを生んだだけでは何も起こりません。
アイデアを形にして、顧客に渡して、はじめて意味あるものになります。

エンジニアであれば、「ちょっと試す」を自分で行うことができます。
昨今では便利なサービスが次々と生まれています。
廉価に、あるいは無償で、素早く試験的なシステム(PoC)をつくれてしまいます。
私も先日、ちょっとしたシステムを動かしてみたくなり、Kintoneでアプリをつくりました。
30日以内だったので、1円も使っていません。

簡単なアプリやシステムをつくり、それを元に関係者や顧客と会話します。
実際に動くモノを見て会話するので、会話の精度が飛躍的に高まります。
顧客からのフィードバックを得られれば、改善すべきポイントも明確になります。
そしてまた、エンジニアとして修正を加えていくのです。

このスピード感がエンジニアが関わることのメリットです。
時間もお金も不足しがちな中小企業にとって、このスピード感は非常に大切です。
何よりもアイデアをいち早くビジネスとして立ち上げられることは、楽しくもあり、企業の本質的な強みになるでしょう。

 

IT業界の常識を他業界に適用できる

ここまでは新規商品・サービスを立ち上げるときの話でした。
しかし、エンジニアが活躍するのは、そこだけではありません。

テストでつくったものを本番システムとしてつくるときには、「プロジェクトマネジメント」のスキルが必要です。
顧客にサービスを提供するときには、サービスで提供するものの定義が必要です。
モノと違って、渡せば終わりではありません。

しっかりとサービスを定義して、提供体制を整えます。
顧客からの問い合わせに応えたり、サービスの品質を把握して改善したり。
このような「サービスマネジメント」のスキルが必要です。

このようにIT業界で培ってきたスキルを、企業に対して提供することができます。
この辺りも、エンジニアが活躍できる場でしょう。

私はエンジニアが経営に関わることは、良いことしかないと考えています。
(もちろん、エンジニア自身も変わっていく必要がありますが)
オープンマインドで、楽しく成長しましょう。

私も、もう少しエンジニアリングスキルを高めたくなってきました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は7時間かけてトレイルランニング30kmの予定だったのですが、悪天候により中止。
天気の悪い昼過ぎまで仕事して、その後からトレーニングします。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

夜・暗闇でのランニングを安全に行うには

あなたに足りないのは本当に「資格」ですか?

関連記事

  1. 情報・データはお金同様の資産である(情報セキュリティのはじめの一…

    日頃から多くの会社でIT関係の支援をしています。先週も、お客様がクラウドファンディングを活用する…

  2. アーリーリタイアなんてとんでもない!

    先日、ある会話の中に「アーリーリタイア、良いですねぇ〜!!」という言葉を聴き、驚いてしまいました…

  3. 顧客情報活用のまとめ #437

    おはようございます。渋屋です。3月25日のブログ以降、顧客情報活用の記事を多く載せてきました。…

  4. モノよりもココロの時代だからこそ自己探求を

    一昨日の記事で、自己探求の旅に出ていることを書きました。「自分のことなんて知り過ぎな…

  5. まず身につけたい情報リテラシーとは #407

    おはようございます。渋屋です。昨晩は久々に仕事で帰宅が遅くなってしまいました。残業癖が復…

  6. 削ぎ落としてシンプルに生きるには

    昨日、あるコンサルタントの方と会話をしました。その方は、独立した直後は紹介などもいただいて順調に…

  7. SWOT分析のワナ

    こんばんは、duckです。経営や戦略論の勉強を始めると、必ず出てくるSWOT分析。認知度…

  8. 「1万時間の法則」をどこに効かせるか?

    何かの分野において最低限プロを名乗るのであれば、その分野に1万時間を投下するのがスタート地点だ、…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP