menu

ITトレンドを把握するためのリサーチ・データ活用法

IT関連のトレンドを把握するためには、何らかのデータが必要です。
特に私のように個人で活動している場合、会社にリサーチ専門部署があるわけでもありません。
勘と経験で「今後はコレが流行りそう」と思っても、それだけでは何の裏付けもありません。
ですから、データが必要になるのです。

 

ITトレンドを把握するハイプ・サイクル

私が大企業に勤めていたときから参照にしていたデータの代表例が、
ガートナー社が毎年発表している「ハイプ・サイクル」です。

ガートナー社のハイプ・サイクルのページより引用

詳細はこのガートナーのページを参照していただくとして、
非常にザックリ言えば、テクノロジーは「黎明期」から「生産の安定期」と5つの状態を移っていく特徴があります。
(途中で死んでいくテクノロジーも、もちろんありますが)

ガートナーのような専門知識をもったリサーチ会社が、各テクノロジーを調査しています。
それぞれがどのフェーズにあるのか?を確認することで、私のような個人や一般企業は、ITトレンドを把握しているのです。

なお、このハイプ・サイクルは各テクノロジー分野毎の詳細も出ています。
詳細を知りたい場合には、ガートナーから購入する必要がありますので、お問い合わせ下さい。
(気軽に個人が購入できる代物ではありません・・会社員時代は重宝させていただきました。。)

 

2016年と2017年のハイプ・サイクルを比較する

このハイプ・サイクルは単年度のデータだけ見ていても、あまり意味がありません。
それよりは複数年度で、各技術の位置がどのように変わったのか?を見るのがお勧めです。

先日、2017年版、新興技術のハイプ・サイクルが発表されていました。
新興技術については、毎年ハイプ・サイクルをプレスリリースしてくれるのです。

2016年発表のものと、横に並べながら、各テクノロジーの動きを探ってみましょう。

左が2016年版、右が2017年版です。
なかなか細かくて見えないと思いますが・・

VR(仮想現実)は変わらず「啓蒙活動期(Slope of Enlightnment)」にあります。
ただ、主流になるまでの年数(Years to mainstream adoption)が「5 to 10 years」から「2 to 5 years」になっていますので、ますますVRは実用に近づいていると読み取ることができます。

一方のAR(拡張現実)は、「減衰期(Trough of Disillusionment)」のままで、年数も変わっていません。
VRよりは、まだまだ時間が掛かりそうです。

その他、ブロックチェーンが「過度な期待のピーク期(Peak of Inflated Expectations)」を、もうすぐ超えそうです。
機械学習も同じところにあり、去年とほとんど変化がない一方で、深層学習(ディープラーニング)は今年突然出てきて、もう機械学習とほぼ同じ状態になっています。

 

リサーチデータとニュースを組み合わせる

私は、このようなリサーチデータでITトレンドのベースを身につけておきつつ、世の中のニュースを追いかけます。
例えば、上述のブロックチェーンは過度の期待のピーク期にありますから、実に多くのニュースが出てきます。

ニュースで各技術が実際どのように利用されるのか?市場に浸透しているか?など、
アンテナを立てて、技術と実用の両面から情報を把握するのです。
それによって、各技術を単なる技術としてではなく、使われる事例などを通じて、より深く理解することができます。

私の場合は、Facebookを見ているだけで知人・友人が新しいニュースをつぶやいてくれるので、
ニュースを把握するにも、感度の高い情報が入ってきます。
その他、比較的新しい技術やマーケットの情報を発信してくれるサイトをRSS(feedly)で読んでいます。

大金を払わずとも、ある程度のデータは入手することができます。
ITトレンドを把握するなら、積極的に外部データを活用しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今後の活動を考えて、レンタルオフィスを契約してきました。
私が主催のセミナーや、ちょっとしたミーティング・コンサルティングは、
ここで行う予定です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

マニュアルは良くて「満足」まで。「感動」は生み出せない。

カラダを整えれば、自然と心も整ってくる

関連記事

  1. Googleの使命と、Google Analyticsが無料の理…

    突然ですが、Googleの会社としての使命をご存知でしょうか。Googleの…

  2. メール疲れからの脱却

    こんにちは、渋屋です。世の中、「SNS疲れ」なんて言葉もありますが、数多…

  3. Facebookで安易にプライバシーを拡散しないために

    こんにちは、渋屋です。オフィスの雰囲気がすっかり年末です。明日が祝日だということもあり、人数もま…

  4. IT導入と業務プロセス変更をセットで考える

    ITを導入する際、業務プロセスの見直しを同時に行うと、効果が高いという記事を書きました。その…

  5. IT企業の戦略は「技術」と「何か」を掛け合わせる

    戦略の基本は「誰に?」「何を?」「どのように?」届けるか。極論言えば、この言葉に集約されます。…

  6. 銀行にお金を預けることを恐れますか?

    「クラウド」というシステム形態は、十分に浸透し、誰でも使えるものになってきたと感じています。その…

  7. 大企業のシステム・業務は、既に「3周遅れ」

    一部の先進的な大企業を除き、多くの大企業のシステム、そしてシステムを利用して行われる業務の流れは…

  8. 日常の手間をテクノロジーで減らせないだろうか?

    先日、ズボンを買いに出掛けたのに、買わずに帰ってきました。ズボンの「試着」が面倒くさくなってしま…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP