menu

軸となる価格を決める

稲盛和夫さんが仰られている通り、
値決めは経営の肝です。


私たちのように目に見えない
コンサルティングのようなサービスを売る人は、

なおのこと値決めに真剣に向かう必要があるでしょう。

空気のように目に見えないものに
どれだけの価値を乗せることができるのか?

そして、乗せた価値を、
どれだけ顧客に伝えることができるのか?


私が独立後にぶつかった壁の1つが
正に値決めでした。

複業時代も自分で価格を決めていましたが、
会社員として安定収入がありましたから、

それほど真剣には考えていなかったのでした。

独立後に各種サービスの価格をつけようとしたとき、
動きがピタッと止まってしまったことを、
今でも覚えています。。

そのとき気づいたのです。
会社員のときは、売るものの価格を会社が
決めてくれていたのだ、と。

私は商品企画もやっていたので、
価格を決める側に居たこともありますが、

フリーランスの価格のつけ方と、
大企業のそれとは、必要な筋肉が違うのでした。


今も毎回悩む値決めですが、
多少はブレなくなってきました。

軸となる価格を決めているからです。
私の場合は個別コンサルティング(5万円)の価格が
1つの目安となっています。

個別コンサルティングは対面でお話しすることが基本。
法人向けサービスでは、他にもいくつかあります。

●弊オフィスの法人向けサービス
https://biz-it-base.com/?page_id=5753

毎回、最も値決めに悩むのが
「3.ハンズオン型プロジェクト支援」です。

要件が毎回異なるので、調整をしてから契約となります。
特に最初は迷ったのですが、今は個別コンサルティングの
価格が軸になっています。

2時間で対面でお話しする個別コンサルティング。
ハンズオンは資料を作ったり、調査したりと、
私が手を動かす時間も必要となります。

そのため時間単価は個別コンサルティングよりも
高くなります。
逆に手を動かす時間の少ないハンズオンなら、
個別コンサルと同じ時間単価を設定します。

こうして少しずつ値決めに方針ができてきました。

ただ、市場も常に変化しますし、
私自身の成長もありますから、

今後もずっと価格とは向き合い続けるのだと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

人と機械(システム・ツール)の関係は、どう変化していくか?

中小企業診断士がなかなか儲からない理由を考えてみた

関連記事

  1. 仕事の割合を最適化する

    私は自分の仕事を少しずつ理想の状態に近づけようとしています。いくつかの切り口がありますが、そのう…

  2. 独立直後こそ必要なバランス感覚

    独立直前・直後の最大の不安と言えば、「本当に稼ぐことができるか?」極論、この1点に尽…

  3. 私が独立してからやらかした失敗・つらかったこと

    「独立してから失敗したことや、大変だったことはありませんか?」質問をいただきましたので、記事…

  4. 優秀な複業起業家の台頭に、現フリーランスはどう対応するか?

    国が働き方改革を言い続け、確実に複業を推進する流れが強くなっています。人材の流動性が低いことが、…

  5. 先輩経営者に対してコンサルティングすることへの躊躇

    コンサルティングを始めた頃、ある躊躇がありました。 当時はまだ会社員だったこともあり、そん…

  6. 会社員は将校であり、フリーランスは戦闘民族である

    30代半ばを過ぎた頃から、会社員には気をつけなければならないことがあります。一人の兵として、戦闘…

  7. 経験を買うことで加速する

    今年に入ってから高額セミナー・コンサルティングに投資しました。それによってかなりの加速度がついた…

  8. 自分という商品への想い

    コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、「自分」が商品であることを痛感します。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP