menu

忙しすぎじゃないですか?

公的支援機関で働く知人と会話していたときのこと。

その彼は平日日中は、
様々な支援機関でのスケジュールが入っています。

月曜日は支援機関A。
火曜日はB。
水曜日は基本的にAなんだけど、
合間にBの仕事。

等など。
休みは会社員同様、土日です。


それを知った別の知人(女性)が、

「え〜、私、そんなに働けない。
基本、週休3日にしてるから。」

と。色んな考え方の人がいるもんだなと感じました。

私はと言うと、どちらの働き方も合いません。

月曜から金曜まで公的支援機関の仕事を入れてしまうと、
スケジュールにゆとりがなくなってしまいます。

急に対応したい仕事や、
参加したいセミナー、イベント、趣味があったとき、
諦めるしかなくなってしまうのです。

それでは独立して自由を得た意味がなくなってしまいます。


もうひとりの女性の考え方の方が、
ゆとりがあるという意味では賛同できますが、

公的支援機関の仕事を週に4日やるだけでは、
明らかに収入が足りません。
(5日でも一緒ですが)

ここでの問題は、
マーケティング・営業を他者(公的機関)に任せて、
単価の低い仕事しかできていないこと。


単価が低くなれば、時間のゆとりがなくなるのは当然です。

ある程度のゆとりを確保しつつ、
目標とする売上を上げるためには、

単価を上げたサービスをつくり、
それを自分で売るのがベストな選択肢だと考えています。

せっかく独立するのなら、
お金と時間の問題は自分で解決したいもの。

もし公的機関などから仕事をもらうだけで
忙しくなっているのなら、
何ができるのか?を考えてみましょう。

なお、公的支援機関での仕事にもメリットがあります。
だから私も最大で週に2日、売上で3割程度を上限に、
公的支援機関での仕事をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

タスクリストをパッケージ化することで仕事の質とスピードを高める

経営支援とは1から0(ゼロ)への引き算なのかもしれない

関連記事

  1. 独立したら自分らしくありたい

    昨日、ブログのタイトルを変えました。■今までは「大きく考え、小さくはじめる」。ずっと…

  2. 「毎日が給料日」の職業

    「独立するとしても、会社員の収入を維持できるか?不安でたまりません。」独立志望の方から話を聴…

  3. 独立後、再び会社員に戻る人

    読者の方よりご質問をいただきました。「独立後食べていけるまでになる方は 全体の何割くらい…

  4. 必要な時間を #310

    おはようございます。duckです。昨日は4年振りにTOEICを受験してきました。(団体受験のTOEI…

  5. 独立するのに自分のメディアがないのは致命的

    先日、お会いした方が仰っていました。「士業は情報発信してくれないから、仕事をお願いしにくい」…

  6. 論理思考をうながす2つの問い

    最近は右脳開発に偏っている私ですが(笑)、論理思考も忘れてはおりません。■例えば、ビ…

  7. 経営支援とは1から0(ゼロ)への引き算なのかもしれない

    昨日、経営支援の本質とは、1を差し引いて0(ゼロ)へ戻すことなのかもしれない、と感じました。…

  8. 顧客と直接の関係を結ぶことが最初のステップ

    昨日、中小企業診断士を取得した(する予定)の方々に向けてメッセージを書きました。自分…

最近の記事

PAGE TOP