menu

忙しすぎじゃないですか?

公的支援機関で働く知人と会話していたときのこと。

その彼は平日日中は、
様々な支援機関でのスケジュールが入っています。

月曜日は支援機関A。
火曜日はB。
水曜日は基本的にAなんだけど、
合間にBの仕事。

等など。
休みは会社員同様、土日です。


それを知った別の知人(女性)が、

「え〜、私、そんなに働けない。
基本、週休3日にしてるから。」

と。色んな考え方の人がいるもんだなと感じました。

私はと言うと、どちらの働き方も合いません。

月曜から金曜まで公的支援機関の仕事を入れてしまうと、
スケジュールにゆとりがなくなってしまいます。

急に対応したい仕事や、
参加したいセミナー、イベント、趣味があったとき、
諦めるしかなくなってしまうのです。

それでは独立して自由を得た意味がなくなってしまいます。


もうひとりの女性の考え方の方が、
ゆとりがあるという意味では賛同できますが、

公的支援機関の仕事を週に4日やるだけでは、
明らかに収入が足りません。
(5日でも一緒ですが)

ここでの問題は、
マーケティング・営業を他者(公的機関)に任せて、
単価の低い仕事しかできていないこと。


単価が低くなれば、時間のゆとりがなくなるのは当然です。

ある程度のゆとりを確保しつつ、
目標とする売上を上げるためには、

単価を上げたサービスをつくり、
それを自分で売るのがベストな選択肢だと考えています。

せっかく独立するのなら、
お金と時間の問題は自分で解決したいもの。

もし公的機関などから仕事をもらうだけで
忙しくなっているのなら、
何ができるのか?を考えてみましょう。

なお、公的支援機関での仕事にもメリットがあります。
だから私も最大で週に2日、売上で3割程度を上限に、
公的支援機関での仕事をしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

タスクリストをパッケージ化することで仕事の質とスピードを高める

経営支援とは1から0(ゼロ)への引き算なのかもしれない

関連記事

  1. 【セミナーレポート】キャッシュフロー・クワドラントから見る働き方…

    引き続き、先週末に行ったセミナー(放談会)からです。おそらく、フリーランスのキャリアアップという…

  2. 独立して良かったと実感していること

    先日の夜、電車で近くに座っていた会社員2人が、ずっと仕事の文句を言い合っていました。きっと色んな…

  3. セミナーから始めてみては?

    このメルマガはコンサルタント向けですが、敢えてセミナーをやることもオススメします。■…

  4. 取り敢えず門を叩いてみれば、道は開ける

    一昨日のセミナーでご質問を頂きました。■「顧客とつながっている組織に入ることのメリッ…

  5. 公的機関の仕事はすぐに受けられる?

    質問を頂きました。「公的機関の仕事はすぐに受けられるのでしょうか?」という内容です。…

  6. 一人で悩むより #291

    こんにちは。duckです。昨日・一昨日の記事で、やることを絞り込んでいくべきだ、ということを…

  7. 独立1年目と2年目で変わる売上構成

    プロスポーツの世界には「2年目のジンクス」があります。1年目に好成績を収めた結果、相手に徹底的に…

  8. 練習以上のものは出ない、トライアスロンもコンサルティングも同じ

    昨日はトライアスロンのレースでした。スポーツからは、ビジネスでも大切なことをたびたび学んでい…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP