menu

ライフログとしても使えるGARMIN ForeAthlete 935レビュー

「トレーニング以前に、生活習慣を見直し、カラダと向き合いたい」

そう考えて、ライフログを取得できるツールを探していました。
最終的にトレーニングに使っていたGARMIN ForeAthlete 910XTJを新しい935にしました。

 

ライフログとしての機能、使い勝手

心拍数計として

ライフログとして最重要視していたのが心拍数です。
疲れが残っているときや、体調が悪いときは、何をしなくても心拍数が高く出る傾向にあります。
自分で気づかなくとも、心拍数を確認することで異変にいち早く気づきたいのです。
また、トレーニングの計画をするにも使いたいと考えていました。

このように時計で直近4時間の心拍数を確認することができます。

スマホアプリ「GARMIN Connect」とも連携するので、こちらでは過去の記録を確認することもできます。
今朝は起床時から心拍が高めなのですが、昨日のトレーニングの疲れが抜けきっていないのでしょう。

1日ごとの詳細を見ることも可能です。

トレーニングをしていなくとも、歩いたとき、走ったときなどはイベントとして認識してくれるようです。
(トレーニングモードのときのような詳細データは取りません)

睡眠計として

従来はiPhoneアプリの「Sleep Cycle」で記録を取っていましたが、腕時計に変えたらどうなんだろう?と。
このところ、疲れが抜けにくくなっているので、睡眠の質を高めたいと考えています。
(今のところ、アプリとGARMINを併用しています)

23時から6時を標準の睡眠として設定しているので、このように表示されます。
この写真だと昨晩、21時に寝ているのがバレますが・・(^_^;
(日曜・月曜と起きた後にも睡眠の記録が取られているのですが、なぜだろう・・)

歩数計として

今までもiPhoneでチェックすることはありましたが、ホーム画面から何度もタップしないと見られないので手間でした。
935を買ってからは、チラッと見るだけで良いので、歩数を気にしやすくなりました。

この画面で「1428」になっているところが歩数計です。
直近1週間分がグラフで分かるようになりそうです。
(なお、この表示画面は気に入ったデザインをダウンロードして利用できます)

スマホでも心拍同様、過去の推移と1日の詳細を確認できます。

私は1日の歩数目標を1万歩に設定しています。
標準だと確か7,500歩でしたが、もう少し歩きたいな、と。

 

ランニングウォッチとしてランニングダイナミクスを確認する

GARMIN ForeAthelete 935にはランニングダイナミクスポッド(RDポッド)というものが付属しています。

これをパンツの背中側中央に装着すると、これまでのGARMINよりも詳細にランニングデータを取れるのです。

これは昨日走ったときのデータです。
午前中にバイク40kmに乗り、息子のサッカーの応援に行くのに諸事情で走った後。
昼ごはん抜きで炎天下を走ったので、完全にバテバテでした。。
もう少しカッコ良いデータをお見せしたかったのですが、これが現実ということで(^_^;

なお、私のGARMIN Connect言語設定が英語になっていたので英語表記ですが、日本語設定にすれば日本語で表示されます。

  • パフォーマンスコンディション
  • ランニング時の歩幅(ストライドの長さ)
  • ピッチ(1分間に何歩進むか)
  • 上下動比
  • 設置時間バランス

これを見て、普段からやや右脚に重心が偏っているのでは?と感じていましたが、
データで裏づけされました。
ゆっくり走っててこれなのですから、スピードを上げたときに右脚への負担は増えそうです。

光学心拍計が標準搭載ですから、心拍数や心拍ゾーンを見ながらのトレーニングも可能です。
毎度こんなデータを分析するわけではありませんが、何かのタイミングでチェックするツールとして使えそうです。

なお、走ったらVO2MAXを勝手に測定してくれました。
走るたびに少しずつデータが修正されていきます。

20歳並だと褒められてます?が、トライアスリートとしてはどうなんでしょうか?
(追記:この数字ではショボいです・・)

 

トライアスロンウォッチとしてのForeAthelete 935

なお、このForeAthelete 935はトライアスロンウォッチでもあります。
スイムやバイクでも使えます。
海にも耐えられる仕様なので、つけたまま普通にお風呂も入れます。

昨日バイクで使ったのですが、今まで通りの距離・スピードに加えて心拍数・心拍ゾーンが取れました。
データとしてはケイデンスやパワーも取れたら良いのですが・・色々と投資がかさみますね。。
(ケイデンスはサイコン(サイクルコンピュータ)の方で取っています)

ちなみにバイクで1回走りましたが、バイク版VO2MAXは出力されませんでした。
何か条件があるのかもしれません。
(追記:マニュアルによるとパワーメーターを装着してアクティビティを行なう必要があります)

また、スイムでもデータを取れます。
ストローク数とスピード・距離などが分かるので、トレーニングやレースの振り返りに便利です。
一般のプールでは腕時計が禁止のところが多いので、ご注意下さい。

なお、スイムで心拍数を取るには専用の心拍計(いわゆる乳バンド)が必要です。
標準搭載の光学心拍計では測れませんのでご注意を。

日常の健康管理と、トレーニングの両立ができるGARMIN ForeAthlete 935。
耐久系スポーツをする方には、オススメです!

(後日追記)
「Garmin Connect」の利用記事を書きました。
よろしければこちらもご確認下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日の夜は、ビジネス書の著者会に行ってきます。
私も一応著者なので参加権利があり、一緒に学んだ知人が出版されたからです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

顧客の一挙手一投足に注目する

大企業は中小企業からもっと学ぶべし

関連記事

  1. 勝田マラソン体験記:マラソンをはじめた理由

    おはようございます。渋屋です。昨日の記事(勝田マラソン体験記:勝田マラソンの特徴)は、一般的なこ…

  2. 私だったら、ITで選挙をこう変える

    昨日はネット選挙を早く実現して欲しいと書きました。ちなみに政治に関してど素人の私がこ…

  3. 経営戦略は、アナログか?デジタルか?ではなく、どっちも

    「ついに!」というか、「もう来たか!」というべきか。以前より推測されていたことではありましたが、…

  4. プログラミングを学びたい

    おはようございます。渋屋です。このところ、プログラミング教育に関する記事…

  5. オープンデータ時代のインターネット

    昨日の記事(日本のIT戦略とオープンデータ)では、日本におけるIT戦略と、その施策の1つであ…

  6. 通信手段がなくなり、焦らないために(ネットワーク二重化の勧め)

    連休前の5月1日。私は焦りました。ネットワークがインフラであることを思い知らされました。…

  7. 人工知能に食われる仕事をしていませんか?

    日々、多くの士業の方とお会いしていると、ついつい余計な心配をしてしまいます。■最近、…

  8. IT(情報技術)の変化を機会と捉えたい

    一昨日・昨日とブロックチェーンについて書きました。またITに疎い中小企業診断…

最近の記事

PAGE TOP