menu

売れる商品の特長とは?

売れる商品には共通の特長があるように感じています。
私が仕事で支援することの多い「IT企業」と「士業・コンサルタント」。
この両者は、ほぼ関係がありませんが、このような異業種であっても、売れる商品には共通点があるように感じています。

 

コアとなる価値がしっかり存在している

1つ目の特長は、「コアとなる価値」が明確に定義されていることです。
顧客にとっても分かりやすく伝えられています。

IT企業の例では、IoT機器専用のデータ通信を提供するSORACOM。
最初にリリースした「SORACOM Air」以降、「Beam」「Canal」などサービスが次々とリリースされてきています。
ただ、「IoT機器専用」つまりIoT機器に最適化されたサービスというコアは、全く揺らぎません。
サービス内容から料金体系まで、(人ではなく)IoT機器をターゲットにしているのです。

SORACOMSORACOMのサービス紹介ページより

この時点で「IoT機器のデータ通信・ネットワークと言えばSORACOM」というブランドを確立しています。
SORACOMには、このブランドを確立するための「強み」、強みを生み出す「独自資源」があると感じているのですが、本記事では割愛します。

 

様々な価値が多角的に展開されている

2つ目の特長は、「コアとなる価値」を中心に様々な価値が多角的に展開されることです。
コアな価値と異なり、数多く展開された価値の全ては、顧客は必要としていません。

ある顧客Aは、aという側面に魅力を感じ、
別の顧客Bは、bという側面に魅力を感じる、ということが起きます。

またしてもSORACOMの例で言えば、料金体系に魅力を感じる人が居る一方で、
WebコンソールからSIMの設定ができることをに魅力を感じる人も居るでしょう。
コアとなる価値はあくまでも「IoT機器のデータ通信」ですが、異なる側面に魅力を感じるのです。

どの顧客にどの価値が刺さるのか?は分かりません。
だからこそ、自分たちの「コアな価値」を徹底的に考え抜き、
その価値を中心に、付随する価値を広く・多角的に展開する必要があるのです。

 

コアを決めたら走り出す

3つ目の特長は、「コアとなる価値」さえ決まってしまえば、もう走り出すことです。
数多くの付随する価値を展開する前に、もうリリース(販売開始)です。

いくら考えても、商品を作る側が考えつくことには限界があります。
だから商品をリリースした上で、顧客の話を聴く。反応を見る。
そうやって付随する価値を発見し、別の顧客に伝わるように言語化していきます。

実際、ここまで事例を挙げてきたSORACOMも最初は「Air」のみでした。
その後「IoT機器向けデータ通信」に必要なサービスを、次々と追加してきているのです。

走り出して反応を見る。
別の側面を追加して、反応を見る。
さらに別の側面を追加して、反応を見る。

この繰り返しを高速に回している企業は、それがITだろうと士業・コンサルタントであろうとも、
あるいはその他の業種であったとしても、売れる商品を作っていくことができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
今日は丸1日、ある企業で商品企画の研修をやります。2日間の2日目。
参加者からどんな企画が出てくるのか、楽しみです。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

第三者に見てもらって気づくこと

気づいてもらうのに必要なこと

関連記事

  1. 突き抜けるための、最もシンプルな方法

    私のなかで、1つの仮説が生まれてきました。偶然なのか、私のアンテナが立っているからなのか、そのよ…

  2. 強みを伸ばすことだけが良いわけじゃない

    一般的には、強みを伸ばし、弱みを克服することが求められています。でも私たちは自分の強みが何なのか…

  3. 実務従事と実務補習

    こんばんは、duckです。今日から実務従事が始まりました2月の実務補習に続いて2社目です…

  4. IT屋がハマりやすい罠

    こんばんは、渋屋です。今日はビジネスの基本についてです。私を含め…

  5. 小学生サッカーから学ぶ組織論

    昨日は息子のサッカー試合で、応援に行ってきました。1試合、全後半合わせて30分なので、あっという…

  6. ボトルネック発見 #425

    おはようございます。渋屋です。顧客情報の活用シリーズ、まだまだ続きます。今日は顧客情…

  7. 紙の本と電子書籍はどちらが良いのか?

    実に良く聴く議論の1つ。「紙の書籍と電子書籍(Kindleなど)とどちらが良いか?」私は、こ…

  8. もっと「知ってもらうこと」を大事にしては?

    多くの企業、あるいはフリーランス(士業・コンサルタント)と話をしていて感じることがあります。…

最近の記事

PAGE TOP