menu

IT素人の士業にこそ、ITを学んで頂きたい

「ITは苦手」
「全然分からないアナログ人間」

という士業にこそ、ITを学んで欲しいと思っています。

理由は大きく3つです。

1つ目は顧客企業の事情です。
今まで顧客企業のIT活用度は、まちまちでした。

一部の有効活用している企業以外は、
ほとんど使えていないのが実情です。

しかし、もう逃げられません。
ITを使うことが前提の産業構造に変わって来ています。

ですからその企業を支援する士業にも、
当たり前にITのことを知っておく必要があるのです。


2つ目は、士業の仕事自体を
ITで効率化できるからです。

士業の仕事の多くは定型業務。
例外などややこしいことが多々あるとは言え、
文章化できているということは、システム化できます。

理由の3つ目にもつながるのですが、
システム化の延長として、
今の士業の仕事は、
人工知能(AI)などのITに変わっていきます。

まとめると、

・顧客のため
・効率化のため
・生き残るため

と言えます。


では、どうすればITスキルを伸ばせるのか?

1つは体系だった学び方をすることです。

インターネット、人工知能、IoT、ブロックチェーン、
VR、クラウド、ソーシャル、モバイル、ロボット・・etc

これらをキーワード暗記しても、
全く使えません。

学生の頃、歴史の年号を暗記しても、
何も歴史を理解できなかったのと同じです。
(私だけ?)

体系として技術を学ぶこと。

もう1つは自分で使ってみること。

さらに、一緒に学んだり情報交換できる仲間が
いると良いですね。

近々、発表できると思いますが、
そのような場を定期的に作る予定です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

頭が凝り固まる前に、若手と交流しよう

現場を見に行く、社員に会う3つの理由

関連記事

  1. ロボットと人工知能(AI)は競うものではなく、利用するもの

    昨日の日経新聞の朝刊、タイトルが挑発的でした。「ロボットと競えますか」労働者の不安を煽ろうと…

  2. 第5回「ITでスモールビジネスを元気にする会」はツールの情報交換…

    昨日、第5回となる「ITでスモールビジネスを元気にする会」を行いました。テーマは、参加者の皆さん…

  3. 確実に見えている将来の世界と、それに適応する方法

    ドラッカーは言いました。「すでに起こった未来は機会である。潜在的な機会である。一つの傾向にお…

  4. 「IoTで何かやれ!」という最悪の指示

    日々、色んなIT企業とお付き合いしていますが、昔から良く聴くのが、「○○で何かやれ!」という最悪…

  5. 仕入れをやめてしまった八百屋の末路

    先日、街中を歩いていると昔ながらの八百屋さんがありました。■置いてある野菜や果物は、…

  6. システムの先にある業務を見る

    おはようございます。渋屋です。昨日から東北へ旅行に来ています。今日も昨日の記事(情報シス…

  7. Googleの使命と、Google Analyticsが無料の理…

    突然ですが、Googleの会社としての使命をご存知でしょうか。Googleの…

  8. 「エンジニア=起業家」の方程式

    おはようございます。渋屋です。私が以前から感じ始めていたモヤモヤを見事に…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP