menu

あなたは倹約家?それとも投資家?

お金に関して私たちは、

基本的な考え方を間違ってインストールされてきた、

と感じています。


【あなたは倹約家?】

その間違った考え方というのが、

お金はとにかく倹約しましょう、

というもの。
goo辞書によれば、

【倹約=むだを省いて出費をできるだけ少なくすること】

だそうです。

確かにお金は大事に使うべきだと思います。
ただ、「むだ」って何でしょう?

それを定義しておかなければ、
何もかも「使わない」という選択に陥ってしまいます。


その一方で、私の周りで成果を上げている社長達は、
思いのほかポンポンとお金を使っていきます。
即断即決で。

先日お会いした社長は、180万円するセミナーを
迷いなく申し込んだそうです。
彼らは言います。

「すぐに元が取れるから、決して高くないですよ」

彼らは倹約家ではなく、投資家なのではないでしょうか?
スキルや経験を「むだ」と定義していません。
積極的に積み上げるものと理解しているようです。


そんな社長に対して、私たちコンサルタントが倹約家だとしたら、
話がかみ合わないのは当然ですよね。

中小企業診断士の集まりに行くと、
たかだか5千円や1万円のセミナーを「高い」と言っている人がいます。

それでは投資家の社長の気持ちは理解できません。
倹約家の社長に安いサービスを提供することしか
できなくなってしまうでしょう。

また、自分が高いコンサルティングやセミナーを
提供しようと思ったら、
顧客の気持ちを理解しないといけません。

私は、自分のスキル、経験にお金を投下して、
それ以上のリターンを得ようとする、投資家でありたいと思っています。

【セミナーレポート】独立時に仕事獲得に困らない営業術

ロールモデルになったり、ライバル視されること

関連記事

  1. 未経験の仕事を恐れない

    独立していると、ふいに未経験の仕事を依頼されることがあります。■私の場合ですと、独立…

  2. 顧客を絞り込むことで期待値を超える

    ここまで数回に渡って、期待値のことについて書いてきました。■まとめますと、顧…

  3. 積極的ポジショントークの勧め

    「ポジショントーク」には、どういう印象をお持ちでしょうか。一般的には、「何かを買わされる」「…

  4. 自分なりの鉄板フレームワークを持っていますか?

    コンサルティングのスキルを上げるなら、何か頼りどころになるフレームワークがあると良いでしょう…

  5. 常識人だからこそ、人の常識に振り回されていませんか?

    士業やコンサルタントに中で、「常識」とも捉えられているような考え方があります。■・事…

  6. お金がゴールの人は居ない

    インサイトマップセッションで、毎日のように、人の深い悩みを聴いています。そこで気づいたこ…

  7. ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!!

    昨日のメルマガ『ライバルを増やして大丈夫なんですか?』を送付した後、読者の皆さまから続々とご意見…

  8. ビジネスの肝は期待値コントロール

    以前、メンターの一人に「ビジネスの肝は何ですか?」と質問したことがあります。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP