menu

あなたは倹約家?それとも投資家?

お金に関して私たちは、

基本的な考え方を間違ってインストールされてきた、

と感じています。


【あなたは倹約家?】

その間違った考え方というのが、

お金はとにかく倹約しましょう、

というもの。
goo辞書によれば、

【倹約=むだを省いて出費をできるだけ少なくすること】

だそうです。

確かにお金は大事に使うべきだと思います。
ただ、「むだ」って何でしょう?

それを定義しておかなければ、
何もかも「使わない」という選択に陥ってしまいます。


その一方で、私の周りで成果を上げている社長達は、
思いのほかポンポンとお金を使っていきます。
即断即決で。

先日お会いした社長は、180万円するセミナーを
迷いなく申し込んだそうです。
彼らは言います。

「すぐに元が取れるから、決して高くないですよ」

彼らは倹約家ではなく、投資家なのではないでしょうか?
スキルや経験を「むだ」と定義していません。
積極的に積み上げるものと理解しているようです。


そんな社長に対して、私たちコンサルタントが倹約家だとしたら、
話がかみ合わないのは当然ですよね。

中小企業診断士の集まりに行くと、
たかだか5千円や1万円のセミナーを「高い」と言っている人がいます。

それでは投資家の社長の気持ちは理解できません。
倹約家の社長に安いサービスを提供することしか
できなくなってしまうでしょう。

また、自分が高いコンサルティングやセミナーを
提供しようと思ったら、
顧客の気持ちを理解しないといけません。

私は、自分のスキル、経験にお金を投下して、
それ以上のリターンを得ようとする、投資家でありたいと思っています。

【セミナーレポート】独立時に仕事獲得に困らない営業術

ロールモデルになったり、ライバル視されること

関連記事

  1. 絞る前に広げまくるのもアリでは

    昨日の午後は初めての経営革新計画の支援でした。珍しく、士業っぽい仕事です(笑)■この…

  2. 起業・創業には2種類ある

    起業や創業について会話をしていると、「話が噛み合わない」と感じることが多々あります。世の…

  3. 会社員に戻るという選択肢はあるのか?

    少し前のこと。私の1年後に診断士合格した仲間が独立しました。■ある公的機関での仕事に…

  4. 士業の世界より外に出ていこう

    私は中小企業診断士を取得した頃から、診断士だけで集まりすぎないようにしていました。■…

  5. 顧客のことをどれだけ知っているか?

    自分の顧客が誰か?を定義できたら、次に確認すべきは、顧客のことをどれだけ知っているか?…

  6. 世の中の「歪み」を体験する

    一昨日・昨日と合宿に行っていました。皆さん仕事があるので、抜けたり入ったりでしたが、常に6〜…

  7. スキルを変化させていく力

    士業などの有資格者の弱点の1つに、「スキルへの固執」があると感じています。■皆様も感…

  8. インサイトマップに来る顧客の傾向

    「インサイトマップ・セッション」リリース後から次々とご依頼をいただいています。「何それ?…

最近の記事

PAGE TOP