menu

自分という商品への想い

コンサルタントに限らず、サービス業をひとりでやっていると、
「自分」が商品であることを痛感します。


そこで思うのが、「自分」を好きかどうか?ということ。

もし、私自身が自分のことを嫌いだったら。
私が顧客に提供している「商品」を、私は嫌っていることになります。

そんなの顧客に失礼ですよね。
嫌いなものを押し付けるのですから。

私だったら、売っている商品を大好きな人から
買いたいです。


ですから、ひとりでサービス業を営む私たちは、
誰にも先んじて、自分自身を好きにならなければいけません。

では、どうすれば自分のことを好きになれるか?

私見ですが、良いところも悪いところも全て受け入れることだと思います。
良いところだけを見て、悪いところから目を背けては、
何も前進しません。


そして、自分らしく生きることです。
自分らしさを発揮して、天命とも感じる仕事をしたなら、
自然と「生きている実感」を感じられるのではないでしょうか。

そうして自分を好きになる頃には、
顧客も自然と増えていくのでは、と思います。

私がトライアスリートとして目覚めた日

協会に頼らない世界

関連記事

  1. 独立するには別の筋トレが必要

    独立支援のコンサルティングをしているので当然ですが、これから独立を考えている方との出会いが良くあ…

  2. 活動基地を持つとラクになる

    フリーランスとしてひとりでビジネスをやっていると、「活動基地」があるとラクになります。■…

  3. いきなりコンサルティングは売れません

    「独立してもコンサルティングが売れる気がしないんです。」先日、ある方から言われました。…

  4. バグを掘り起こされました

    昨日は、毎月、定期的にコンサルティングをお願いしている方と、個別コンサルティングでした。…

  5. 無条件の理想を掲げる

    自分に対しても、顧客に対しても意識していること。■一切の制約条件を抜きにして、ありた…

  6. インサイトマップに来る顧客の傾向

    「インサイトマップ・セッション」リリース後から次々とご依頼をいただいています。「何それ?…

  7. 1ヶ月にいくら必要ですか?

    先日、ある方と会話をしていたとき、「手取り最低年収で3,000万円ないと、人として生きて…

  8. 集団の同調圧力に負けない

    連休中に改めて痛感した出来事がありました。■私は集団行動に向いていないのだな、と。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP