menu

システムを入れたまま活用できない残念な事例は、なぜ起きるのか?

大きな予算をかけてシステムを導入したものの、
成果を上げられず失敗していく例を何度も見てきました。

なぜこのような失敗が起きてしまうのか?
どうすればツールを有効に活用できるのか?を考えてみました。

 

システムを入れただけで「何かが起きる」と信じる勘違い

システムは言うまでもなく道具です。
上手く活かすも殺すも、その運用方法次第なのですが、
ITを「魔法の箱」か何かと勘違いしているのか?
その点について考慮しない経営者・システム部門が多いと感じています。

 

システムは道具である

狩猟民族の道具に例えてみましょう。

鉄砲がないときには、素手あるいは弓矢や槍で獲物を獲っていたでしょう。
素手で獲物を捕らえていたとき、弓矢で捕らえていたとき、その時々で戦い方は異なっていたのではないでしょうか?(狩猟のことは詳しくないので、ここでのツッコミは止めて下さい。。)

そこに鉄砲という新たな道具が入ってきたら、戦い方は変わっていくのではないでしょうか?
私が狩猟民族のリーダーだったら、まずはこの新しい道具の特徴や使い方を熟知します。
できる限り経験豊かな専門家に教えてもらいたいものです。

そしてテストで使ってみます。
徐々に実践導入して、良い点・悪い点を整理しつつ、弓矢で戦っていたときと狩猟のやり方をどう変えていくのか?を皆で考えつつ、決定していきます。

狩に出る全員が新しいやり方を理解するまで、周知徹底します。
万が一、新しいやり方を理解していない人が居ると、間違って仲間を打ってしまうような事故が発生しかねません。だから周知徹底するのです。

道具に対する理解と、使い方(運用)の熟知。
この2点が揃って、初めて新しい道具は、威力を発揮することができるようになります。システムも同じです。

 

戦略システムに対する理解と使い方の周知は、経営者の責任

にも関わらず、冒頭に書いた通り、ITを魔法の箱だと勘違いしているのか?あるいはそう思い込もうとしているのか?「導入さえすれば何とかなる」という乱暴な導入事例が後を絶ちません。

CRMを営業の日報ツールと勘違いしたまま導入。
何でも入力させようとする管理職と、入力することが手間としか感じられない営業職の意識乖離。

ERPがCRMやSFAを包含していると勘違いしてリプレース。
貴重な顧客情報や営業情報の大半を失ってしまい、慌てる現場。
現場に任せて問題が起きていることに気付いていない経営層。

悲劇とも言える例は、枚挙に暇がありません。

大事なことは、戦略システムの導入に際しては、経営者が率先して理解をすること。
(全てのシステムではなく、戦略に関わるシステムについて、です)
それも偉そうに概要だけ理解するのではなく、自分が従業員になりシステムを使うつもりで理解すること。
同時にその使い方の周知徹底を自分の責任として行うこと。

鉄砲の使い方を間違えたら事故が起こります。
システムを活かすも殺すも、経営者の関与が大きく結果を左右します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
オフィシャルな仕事復帰?初日。
予想外に集中できました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

会社員を辞めて独立を考えているのですが?

受験のチャンスは今年が最後かもしれない

関連記事

  1. 八子クラウド座談会「クラウドが拓いたデジタライゼーション!」に参…

    昨日は、以前より気になっていた八子クラウド座談会に参加してきました。第19回となった昨日のテーマ…

  2. IT格差の拡大は、次の局面へ

    このところ、SORACOMのニュースが増えていますが、今回も。SORACOMの活躍によって、企業…

  3. ホームページの運用で最も大切なこと

    前回はホームページ設置の際に大切なことを書きました。今回はホームページを設置後の運営について…

  4. IT導入時に業務プロセスを見直していますか?

    今回は、IT導入の際に見つめなおすと効果の高い、業務プロセスについてです。業…

  5. Googleの使命と、Google Analyticsが無料の理…

    突然ですが、Googleの会社としての使命をご存知でしょうか。Googleの…

  6. Facebookの投稿範囲を設定する方法

    こんにちは、渋屋です。今日は普段のオフィスとは違うところに来ています。…

  7. IT企業で働くなら、実はオススメ、中小企業担当

    私が会社員時代の大半を過ごしたのは、いわゆる「エンタープライズ市場」です。この由来がどこにあるの…

  8. システム開発が失敗してしまう理由

    世の中にはシステム開発における多くの失敗プロジェクトが存在します。昨日も今日も、そして明日も、多…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP