IT・システム関連

専門家以外がITスキルを身につけるためには?

このところ、ITの専門家ではない方がITスキルを向上したい、という要望を良く聞きます。

 

ITスキル向上が求められている

私が直接、話を聞いた要望は以下のようなものです。

  • 事業部門がビジネスを設計・展開する上で、ITスキルが必須となってきた
  • どんな業務を行うにしても、システム・ツールの存在が無視できなくなってきた
  • 士業としてコンサルをしているが、ITについての相談が多くなってきた

何れもITの専門家としてスキルを向上させたいわけではなく、
自らのビジネスを継続・成長させていくために、ITスキルを向上したいというものです。

大企業においては、事業部門がITの専門家を雇いたい、という要求も増えているようです。
これが実現していくと、企業の情報システム部は、ますます立場が弱くなる気がします。。

 

ITスキルを向上させるために必要なこと

以前にも記事を書きましたが、ITスキルを向上させるために必要なことは、

  • とにかく試しに使ってみる
  • 何を使うのかを知るために事例を知る

ではないか、と考えています。
https://biz-it-base.com/?p=4104

こちらでは「小さな会社」について書いていますが、「ITの専門家がいない組織」と捉えると、大企業の事業部門でも同じことです。
https://biz-it-base.com/?p=4184
色々なシステム・ツールを試しに使ってみることで、ITで一体何ができるのか?を知ることが、「センス」を身につけることにつながります。
最近のシステム・ツールは、クラウド型で無償でお試しできるものも多く、試しに使うだけなら、ほとんどコストも掛かりません。

また、こういうツールの類が好きな方であれば、少しずつ、「どういう構造をしているのだろう?」と技術的な面を気にしていくことで、技術センスも身についていくでしょう。

 

体系的に身につけるなら「ITパスポート試験」

ただ、技術的なことを身につけていこうとするなら、もう少し体系的に身につけた方が良いです。
システム・ツールを試しに使っているだけですと、なかなか技術的な面を掘り下げていくことはできませんし、表面的・一時的な理解にとどまってしまうからです。

体系的に土台から身につけるのであれば、「ITパスポート試験」の勉強をしてみるのが良いでしょう。
(余談ですが、こういう公式キャラクターは止めて欲しいです。。)
このようなニーズが増えているからか、受験者数は年々増えています。

about_data

ITパスポートでは、技術面以外にもスキルが身につきます。
大きく、ストラテジ、マネジメント、テクノロジの3分野から出題され、
いわゆる技術面は「テクノロジ」の分野で、全問題数の半分弱が、このテクノロジから出題されます。

専門家ではない立場にとって、特に大企業の事業部門の方にとっては、

  • 企業(事業)戦略やシステム企画を含むストラテジ分野、
  • プロジェクトマネジメントや、サービスのマネジメントなどを含むマネジメント分野

を学んでおくことも価値があると思います。

それよりも、もっと手っ取り早くITの全体像を掴んでおくのであれば、
手前味噌ですが、こちらの書籍をオススメします。
実際、ITの専門家以外の方が手に取っていただくケースが多いようです。
https://biz-it-base.com/?p=4123
おかげさまで3刷、韓国語版の出版オファーもいただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今まで、情報処理技術者試験は、高度試験しか受けたことがないので、
ITパスポートを受けてみようかな、と思いました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!