経営・セルフマネジメント

強みは顧客が決めてくれる

先日、ようやく納得したというか、腹落ちしたというか、そういうことがありました。
自分の「強み」についてです。

 

強みを探し続けてきました

私はずっと、自分の強みは何だろう?と探し続けてきました。
自分なりに考えてリストに書いてみたり、自分の経験を棚卸ししたりして、探してきました。
過去、そのようなことを、このブログにも書いています。

2年前には既に強みで悩んでいますし、
https://biz-it-base.com/?p=376

顧客の声を大事にすることに気付いています。
https://biz-it-base.com/?p=742

そして、1年半前には、実際に声を集めています。
https://biz-it-base.com/?p=2238

それでも、ずっと、その後も悩み続けていたのです。

 

強みは顧客が決めてくれる

強みというと、かなり広い意味に解釈できますが、
ビジネスの視点に立てば、強みの定義は、顧客が自分(自社)を選んでくれる理由です。
他人(他社)ではなく、自分(自社)を選んでくれる理由が、あなた(の会社)の強みです。

独立して、色々な方とビジネスをご一緒させていただく機会があります。
そして、フィードバックをいただいたり、別の仕事の依頼をいただいたり。
そうするなかで、自然と自分の強みが見えてきました。

自分では、「あの分野にも広げていきたい」、「その分野を深堀りしたい」と思うことは大事でしょう。
実際に私も、いくつかの分野をもっと極めていこうとしています。
ただ、自分の意思だけでなく、顧客の声に真摯に耳を傾けることも、同じくらいか、それ以上に大切だと感じています。

この記事で最も伝えたいことは、実際に多くの方とビジネスをできた(つまり動き続けた)ので、
自分の強みが見えてきた、ということです。

 

誰から見ても当たり前の結果に

冒頭の「納得」「腹落ち」ですが、なんてことはない、私が20年近く携わり続けてきたITの世界。
特にITインフラを中心に全体を見据える視点。
ここに自分の高い専門性があることを再認識したのです。

技術職を離れて5年は経ちますので、そこが強みだとは思っていなかったのです。
しかし、それは自分たちの業界の中での話。
一歩、業界から離れてみれば、私が持っているITの知見は、広く多くの方に役立つのだ、と。

あまりにも当たり前すぎて、「納得」「腹落ち」したのです。
これからは躊躇なく、ITに関する情報のインプットを増やして、自分の強みを広げ・深めていきたいと思います。

他にもやりたい「あの分野」や「その分野」はあるのですが、
自分の今の強みをコアとしながら、関連付けて伸ばしていくことにしました。

ようやくビジネスのスタートに立てた気持ちです。
(もう独立して3ヶ月以上、経っているのですが。。)
ここを中心に、ビジネスを再設計していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日は自宅で作業。
目的としていた仕事が1つ進んだので、満足です。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!