menu

トラブルはあれど、無難に着地したスイム【バラモンキング2015完走記③】

6月14日に行われた、五島長崎 国際トライアスロン(スイム:3.8km、バイク:180.2km、ラン42.2km)、通称:バラモンキング、ギリギリ完走してきました。
素人トライアスリートが完走までに行ったこと・感じたことを、複数回に渡って、お伝えします。

いよいよレーススタートしました。最初はスイム3.8kmです。

 

スイムコースの特徴

2015swimmap

スイムは覚えにくい形をしたコース(1.9km)を2周します。
このコースの特徴は、波がほぼなく、潮の流れも少ないことでしょう。
少なくとも、コースを2周する間、(周りの選手が立てる波を除いて)波や潮の流れを感じることはありませんでした。

水の透明度は、普通らしいです。
私が唯一比較できる久米島と比べると、さすがに透明度はかなり低く感じました。
それでも、周りの選手の動きは十分に見えたので、無駄にバトルになることを避けることができました。
相変わらず、海水のしょっぱさには、慣れません。。

 

イキナリ脚がつるも、1週目は順調

スタート直後は、周りに人が溢れています。
経験の少ない私は、バトルに巻き込まれたら、一溜まりもありません。
周りを観察し、人にぶつからないように、ときには立ち泳ぎや平泳ぎで、周りの選手が先に行くのを見届けます。

私の目標はバラモンキングを完走すること。
1分1秒を急ぎ、体力を浪費するようなことはしません。

540メートルの直線を泳ぎ終える頃には、周りで泳いでいる人たちが、
大体、同じスピードに近くなってきました。
こうなると、泳ぎやすくて快適です。

しかし、帰りの470メートルを終え、ブイを曲がろうとしたとき、最初のトラブルが起きます。
後ろの選手に思い切り脚を引っ張られ、右脚がつってしまったのです。
このままだと溺れそうだったので、コースガイドとなるロープに捕まり、脚を揉みほぐします。

ボートに乗ったスタッフから、「大丈夫ですか~?」と声をかけてもらいます。
「脚がつりましたけど、大丈夫です~」
泳いでいる最中は、人と会話ができないので、こんな会話でも癒されます。

再度泳ぎだし、1週目を上がってみると、時計は39分でした。
久米島の2kmが44分だったので、思ったより早いタイムでした。
やや抑え目に泳いでいたつもりだったのですが、レースでテンションが上がっていたのでしょう。

陸に上がって、つった脚を回復させるため、ストレッチをします。
ここでもスタッフに声をかけられますが、笑顔で「大丈夫」と。
水を飲み、お湯をカラダにかけて、2周目に入ろうとしますが。。。

 

ヘッドアップをガマンして、2周目は遠回り

2周目に入ろうとするとき、首の後ろが妙に痛いことに気づきます。
どうやら、ウエットスーツがヘッドアップ(泳ぎながら顔を上げて前方確認する)のときに擦れているようです。
久米島のときは、水の透明度が高かったので、ヘッドアップしなくとも、遠くの集団についていけば十分でした。

今回、初めてヘッドアップを多用しましたが、こんなところにトラブルが起きるとは。。
2周目は、ヘッドアップの回数を減らさざるを得なくなりました。
だいたいコースは覚えたから大丈夫だろう、と思っていたのですが、どうやら遠回りをしていました。

swim

特にゴール前、大きくぶれていたのが分かります。(白抜きの黒い丸がある辺りです)
結果、3.9kmのコースなのに、4.4km泳いでいたようです。
2周目は46分かかり、合計1時間25分でスイムを終えます。
(上の図で陸に上がってからも線が伸びているのは、バイクに乗ってから時計のスイッチを押したからです)

ペースが落ちてしまいましたが、

  • 1時間30分以内にゴールすることと(次のバイクに時間を確保したかった)
  • できる限り体力を温存する

という2点は上手く達成できました。

 

スイム~バイクへのトランジット

トランジットでは、

  • 自分のバイクバックを取って着替え
  • バックをスタッフへ返却し
  • バイクを取りにいき、バイクスタートする

という流れでした。
初回の久米島では、ここで随分と手間取りましたが、今回の方がスムーズにできました。
(それでも、スイム後は寒くて、ガタガタしていましたが)

着替えている最中、元帥と羅王に会って、一言交わします。
元帥は私より後から来たっぽいのですが、さっさと準備を終え、更衣室を出て行きます。
この辺り、さすがに経験値が違います。

仙人とみよっしーは前か?後ろか?分かりません。
きっと、バイクの折り返し地点で分かるでしょう。
スイムが苦手なザックは、まだ頑張っているはず。

海をチラッと見てから、自分のことに集中しバイクに乗りました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
筋肉痛は治ったのですが、脚がどんよりと重いです。
本当はスイムウォークや疲労抜きランを行いたいのですが。。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

いよいよレーススタート!【バラモンキング2015完走記②】

バイクが肝!180.2kmの戦い【バラモンキング2015完走記④】

関連記事

  1. つくばマラソン体験記:練習不足を補って自己ベストを出した方法①

    こんにちは。渋屋です。昨日はつくばマラソンに参加してきました。つくば大学周辺は、紅葉が進んで…

  2. 人生2度目のハーフマラソン挑戦記(その2)

    昨日に引き続き、ハーフマラソン挑戦記です。<スポンサードリンク>…

  3. トライアスロンのレースが近づいてきてビビッている件・・

    今シーズンのトライアスロン。初レースの横浜まで、あと8週間。強烈に厳しい五島長崎まで、あと1…

  4. 勝田マラソン体験記:勝田マラソンの特徴

    おはようございます。渋屋です。昨日は、茨城県の勝田にてマラソンに参加してきました。&nb…

  5. トライアスロンチーム「ポセイ丼」の愉快な仲間たち

    いよいよ五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)の当日になりました。去年の自分からどれだけ成…

  6. トレイル・ランニングをトレーニングに組み込んでみたら

    今シーズンのトライアスロンレースが終わり、マラソンシーズンや来期のトライアスロンを見据えています。…

  7. ゴール後の感動:私がレースに参加する理由【バラモンキング2016…

    6月19日、五島長崎国際トライアスロン(通称:バラモンキング)に参加し、完走してきました。去年に…

  8. 初トレイルランニングに挑戦、トレイルでランナーは強くなる

    昨日、初めてトレイルランニングに挑戦してきました。「東京八峰マウンテントレイル」というレースです…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP