menu

フリーランスの自由を、ちょっぴり謳歌しました

フリーランスというと、自由に働いているイメージがありますよね。
特に会社員で、身のまわりにフリーランスの方が少ないと、
そんな先入観を持っているかもしれません。

私の周りのフリーランスは様々な人がいます。
会社員以上に、9時~17時に、場所も決められて働く人もいますし、
羨ましいくらい、自由に働いている(ように見える)人もいます。
私は後者には、ほど遠いのですが、そこを目指しています。

で、ほんの少しだけ後者っぽい体験をしてきたので、共有を。

 

平日に子どものスイミングを観賞

昨日は外に出る仕事が早く終わりました。
16時半には帰宅という、会社員では考えにくい状態!
ちょうどスイミングに向かう息子に会い、見に行くことに。

私が子どもだった頃は、スイミングを見に来る親なんて、ほぼゼロでした。
しかし、今の親は暇なんでしょうか?随分、たくさん居るんですね。
子どもが少なくなった分、親は子どもに関与したいのかもしれません。

とにかく、会社員時代では考えられなかった時間の使い方をしてみました。
元気に泳ぐ息子を見て、パワーをもらいました。
いや~、自由って素晴らしい。

その後、夜の8時半から、お客様とスカイプでミーティングをして、
それから、あるレポートを作成。仕事が終わったのが24時過ぎでした。
「これは自由なのか?」と少し疑問を抱きつつ、仕事をやり切った満足感とともに就寝。

 

自由な時間が増えた理由

純粋な労働時間という意味では、会社員の頃よりも、むしろ増えたように思います。
ただ、「自由な時間」は少し増えたように感じています。
その最大の理由は、無駄なミーティングが減ったからです。

会社員の頃は、

  • 何で呼ばれたのか分からないミーティング
  • 利益が相反する部門間の調整を行うためのミーティング
  • 偉い人を満足させるためのミーティング
  • アウトプットが何もないミーティング

がかなりありました。
私は1日に3~6件程度のミーティングがありましたが、
正直、少なくてもその半数は、上記のどれかに当たるものでした。

立場上、1日の大半をそんなミーティングに費やさざるを得なかったのですが、
それがなくなった分、純粋なアウトプットにつながる仕事に集中しています。
結果として、労働時間の割に、自由が増えたように感じているのでしょう。

 

大前提は戦闘力アップ

とは言え、いきなり自由を謳歌しまくれるほど、世の中甘くはありません。
そんな状態をイキナリ望める状態にあるとも思っていません。

まずは私自身がもっと経験を積み、ビジネス戦闘力を上げること。
それによって、お客様から信頼を得ること。
そういう基盤があってこその自由です。

今は、たま~に(笑)自由を楽しむ程度にしておきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
今日の午後は、セミナーに参加。
ビジネス戦闘力を上げるため、しっかり学んできます!

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

スムーズに最初の一歩を踏み出せる、3つのコツ

自分の商品・サービスにこだわり過ぎる人に贈る、最強の言葉

関連記事

  1. マーケティングの効果

    昨日、コンサルタントの方が起業するのにホームページ制作に協力して欲しいという依頼が来ました。…

  2. 期待を全身で受け止めて #616

    こんばんは。渋屋です。昨日と今日は、ITPro EXPO 2013へ。…

  3. 自分の商品を売るときの恐怖。それを克服した先にあるもの

    稼げない中小企業診断士はどうすれば良いのか?昨日は生意気にも、そんな記事を書きました。…

  4. 【独立のリアル】私が新たに購入したもの

    独立するには、それなりの準備が必要です。ただ、昔に比べたら随分、身軽に独立・起業できるようになっ…

  5. 独立するのに自分のメディアがないのは致命的

    先日、お会いした方が仰っていました。「士業は情報発信してくれないから、仕事をお願いしにくい」…

  6. 新たな出会い #669

    おはようございます。渋屋です。■新たな出会いを求めて昨日は、今後の活動に…

  7. 相談できる人はいますか?

    明日・明後日と北海道(稚内)に出張してセミナーをしてきます。実は独立してから初めての出張です。…

  8. 好きなことのために時間とお金をコントロールする

    4月の下旬から5月中旬まで、実は仕事量を少し減らしていました。昨日参加した、五島でのトラ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP