menu

システム屋さんとあなたの会話は、なぜ噛み合わないのか?

昨日は、Eコマース事業をやられている小嶋さんとランチ。
久々にお会いして、情報交換をさせていただきました。

夜は、診断士としても、フリーランスとしても先輩の上江さんと会食。
二人とも立ち上げ時期のフリーランス同士。色々なお話しを。
お互いに切磋琢磨して、皆で成功しよう!と。

小嶋さん、上江さん、ありがとうございました!!

 

ユーザの視点、システム屋の視点

上記のEコマース事業をやられている小嶋さんと会話していたとき、
システム屋さんが期待通りに動いてくれないことをうかがいました。
つい先日までシステム屋で働いていた身としては、とても耳の痛い話でした。

と同時に、ユーザ企業とシステム屋の間に起こる乖離は、容易に想像がつくものでした。
ユーザ企業から見ると、システム屋さんは、数多くの企業にシステムを導入することによって、
システムのみならず(ここが大事!)、業務についても、事例を良く知っていることを期待しています。

物流システムに特化したであれば、物流における業務フロー・データの流れなどの
ベストプラクティスを知った上で、そのユーザ企業に適した提案をしてきて欲しい、と。
Eコマースでも同様です。

一方、システム屋さんは、そんなことは考えていません。
いえ、その要求に気づいてはいるものの、そんなことができる人材は、極めて稀です。
結果として、そんな要求・期待には、ほとんど応えられません。
応えられる場合は、「コンサルティングサービス」として、高い報酬を要求することでしょう。

この両者の間には、埋めがたい溝があるように感じています。
ユーザ企業の目的は、事業を伸ばすことにあるのですが、
システム屋さんの目的は、システムを作ることにあるからです。

両者がチームとして一体化するためには、まず共通の目的を持つことが必要でしょう。

 

ユーザ企業に求められること

とは言え、その溝を放置しておくわけにもいきません。
両者が少しずつ成長し、お互いの期待領域に踏み込むことで、溝は減っていくと思っています。

システム屋さんがユーザ企業に望むことと言えば、業務をしっかり理解することです。
大企業になるほど、事業部門とシステム部門の壁は厚く、業務要件が整理されないことが多いと感じます。
「業務を理解し、それを何とか見える化」する。
業務フローやデータフローを図式化するだけで、システム屋さんは相当助かると思います。

ついで、「技術の格子を理解する」ことです。
業務要件をシステム要件に落とし込む作業を、技術を全く知らずして行うことはできません。
とは言え、技術の詳細を理解することは、なかなか難しいでしょう。

急に宣伝になってしまいますが、こちらの本は、このような一般ビジネスパーソンが
IT技術を理解するために書かれています。

「とにかく分かりやすい」というコメントを、IT業界以外の方から、数多くいただいています。

 

システム屋に求められること

システム屋さんには、上述の通り、数多くのシステムを導入して得られた経験を、
ユーザ企業に提案することが求められます。

人事システムであれば、社会保険労務士がやっているような人事的な企画を、
会計システムであれば、公認会計士や税理士がやっているような財務・経理の企画を、
求められているのです。

つまり、物流システムを提案するなら、システムの提案以前に物流の提案を、
Eコマースシステムを提案するなら、Eコマース事業の提案を、
予算管理のシステムなら、どのように予算管理をすると良いのか?という提案を、
お客様は望んでいます。

「それはお客様の仕事じゃ・・・」という嘆きが聞こえてきそうですが、
望まれていることを提供できる企業が生き残り、そうでない企業は市場から退場させられる。
市場とは、そういうものでしょう。

品質・納期・コストを守るためのスキルは、システム屋さんは既に意識していることでしょう。
ただ、それだけでは足りない。
上述のような専門性を持った提案が求められていることに対して、どのような手を打つでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
4月に入ってから昨日まで、ずっと1社のお仕事をしていたのですが、
今日から別の仕事も始めます。
新たな出会いもありそうで、楽しみです!
とにかく今は、ひたすら経験を積んでいきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

気軽に参加できる「よこはま月例マラソン」でランニングの習慣を

freeeの新しいプロダクト構想が面白い

関連記事

  1. マイナンバーで新たに事務処理が生まれるツラさ・・

    「マイナンバーって、余計に事務処理が重くなっただけなんじゃないの?」経営者やフリーランスは思…

  2. テクノロジーをどこまで戦略に組み込むか?

    普段からIT関連企業の支援をしていて、悩むポイントがあります。それがテクノロジーをどこまで戦略に…

  3. ランディングページ作成に便利なサービス

    昨晩、商工会議所にてセミナー講師として登壇してきました。昨年の秋に初登壇したのですが、今回も再度…

  4. IoT時代、良きパートナー開拓が肝になる

    「IoT」という言葉が一般紙などに書かれることが多くなりました。経済産業省が押しまくっているのも…

  5. Mac Book購入後、最初にインストールしたもの、設定したこと…

    ずっと使っていたノートパソコンが古くなってきたので、少し前に新しいMac Book Proを買いまし…

  6. IT(情報技術)はETに向かっているのかもしれない

    産業革命以降、最も世の中にインパクトを与えたことは何でしょうか?私はIT(情報技術)だと思います…

  7. ブログ運営の基礎を知る1冊

    こんばんは。渋屋です。本ブログは毎日記事を投稿していますが、今日で723…

  8. IT(情報通信)中小企業の研究開発を増やしたい

    IT(情報通信)業界は、一般的に他の産業と比べると研究開発費が多い産業とされています。&nb…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP