menu

freeeの新しいプロダクト構想が面白い

クラウド会計ソフトを提供するfreeeが新たなプロダクト構想を発表したことが記事になっていました。

この記事を読んで、freeeがここまで伸びてきたのは、偶然ではないと感じました。
世の中の動きを見て、しっかりとそれに対応しているからです。

 

freeeの新しいプロダクト構想、「クラウド完結型社会」

過去にfreeeは、「自動化」、「バックオフィス最適化」をプロダクト構想として唱えていました。

ネットバンキングの口座、クレジットカードやAmazonなどと連携し、
経理の「自動化」を目指した頃から始まり、
その後、領収書・請求書の処理を簡略化する「バックオフィス最適化」を狙っていました。

そして今回、「クラウド完結型社会」を唱えたのです。
私の感覚だと、「自動化」はバージョン1.0、「バックオフィス最適化」はバージョン1.1。
今回の「クラウド完結型社会」はバージョン2.0と言っても良いジャンプアップだと思います。

 

外部環境変化を上手く捉えている

その理由は、freeeが描く世界の範囲が、格段に広がったからです。
「自動化」では、会社の経理部門や、個人事業主の経理作業が、主な対象でした。
「バックオフィス最適化」では、その範囲が総務などにも広がったと言えます。

ただ、どちらも1つの会社・個人の範囲を越えるものではありませんでした。
しかし、「クラウド完結型社会」は、構想の名の通り、「社会」を対象としています。

さて、そもそも「クラウド完結型社会」とは何でしょうか?
この2015年、政府は電子化に向けた舵を大きくきります。
マイナンバー制度を初めとして、様々な施策が実行されていくからです。

具体的には、利用者が特段のソフトウェアを必要とすることなく、
ウェブブラウザを利用して各府省に対する電子申請・届出などの手続を
一元的に行うことができる窓口サービスを提供しようとしています。

技術的には、APIを公開し、他のクラウドサービスとの連携を容易にしています。
ただ、APIを公開しただけでは、何の価値も生まれません。
そのAPIを利用してサービスを開発・提供する会社があってこそ、価値があるのです。

freeeは、その大きな流れに、いち早く乗った、ということです。

 

細かなシステム要件、技術トレンド以前の構想

このように、より便利な社会を目指して、商品開発の方向性を定めていることが読み取れます。
一方、一般的なシステム開発は、どのように行われるでしょうか。

お客様の言うがままに、システムを作っているだけの会社があります。
新しい技術を積極的に取り入れて、システム作りをしている会社もあります。

どちらも、しっかりやれば価値のあることなのですが、
このfreeeの事例のように、より大きな構想があった方が、より多くの価値を提供できるようになるのでは、
と感じます。

世の中の動きを見て(マクロな視点)、目の前のお客様の困りごとを見て(ミクロな視点)、
大きな視点で、商品の構想を練りたいものですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
新しい仕事が始まりましたが、まだ何もできず、OJTを受けている状態です。
早く戦力にならないといけませんね。
今日はこの後、「企業内診断士のリアル」をお伝えするライブセミナーです。
ご興味ある方は、ぜひご視聴ください。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

システム屋さんとあなたの会話は、なぜ噛み合わないのか?

中小企業診断士について語ったことで、改めて考えたこと

関連記事

  1. 最高データ責任者(CDO)の設置

    こんにちは、渋屋です。今日は台風が来る予定だったこともあり、休暇です。午前中に先週の峠走(噂…

  2. 子どもにスマホを持たせるか?の議論が不思議に感じる

    今朝のラジオで「子どもにスマホを持たせるか?」を議論していました。私はこの議論を不思議に感じてな…

  3. コンピューティングモデルの変遷を確認してみる

    物事の変化は加速している。それはコンピューティングモデルについても同様です。クラウドの覇…

  4. あなたの自宅(事務所)にプリンタは不要かもしれない

    私の自宅(事務所兼用)には、プリンタがありません。独立したら必要になるかな?と思っていたのですが…

  5. 経営課題から見るIT投資の動向

    こんにちは、渋屋です。今日から新年度が始まる方が多いと思います。このブログは今日で788…

  6. インダストリー4.0とスマート・ファクトリー(工場)

    「インダストリー4.0」最近、良く聴く言葉です。これが何を表すのか?日本の製造業復権が期待さ…

  7. 手法の前に思考を知る

    水曜日にアジャイル開発の話を聴いてから、そこでの気付きを記事にしてきました。まだ…

  8. 古いシステムの捨て去り方

    捨てることが進歩・進展につながる。私はそう考えています。日常をシンプルに…

最近の記事

PAGE TOP