menu

IT企業は、そろそろ原価を元にした価格設定を止めよう

多くのIT企業を見てきて、そろそろ止めた方が良いのでは?と思うことがあります。
原価を元にして価格を決めることです。

 

モノ売り時代の価格設定

原価を元にした価格設定は、モノを仕入れて売るときの基本的な考え方です。
100円で仕入れたから150円で販売しよう、と。

今、これほど単純な商売をしているIT企業は多くありません。
クラウドサービスを提供している企業であれば、原価は簡単には算出できません。

システムインテグレータは人件費を原価にしていますが、
「時間がかかるほど高額」なのは、昔から賛成できません。
短い時間で作ってくれた方が嬉しいのに、安くなるのは矛盾を感じます。

 

まずは価値を先に考える

私は価格を設定するなら、まずは顧客に提供できる価値から算出すべきだと思っています。

例えば、私が提供する個別コンサルティングは、90分で3万円(+税)をいただいています。
この金額を決めるに当たって、原価のことは基本的に気にしていません。
競合他社がいると仮定して、競合の価格を調べたか?というと、こちらも調べていません。

それよりも、90分という限られた時間の中で、私が顧客に提供できる価値はどのくらいか?
ということからスタートしています。
90分に3万円投資していただき、それで30万円のリターンを得ていただければ、
十分な投資です。

例を挙げますと、2回のコンサルティングを通じて、採用に成功した顧客がいます。
それまで、何度も何度も面接を繰り返し、徒労に終わる時間を繰り返していたのです。
貴重な経営者の時間が足りなくなり、小さな会社ゆえに現場も業務がまわらなくなりかけていました。

そんな悪循環を90分2回のコンサルティングで断ち切ったのです。
まず良い人材を1人採用でき、そこで得たノウハウを活かして、さらに数人採用できたのです。
しかも広告宣伝費は1円もかけていません。

3万円を2回投資しただけですから、
(自分で言うのはおこがましいのですが)実に効果の高い投資だったのでは、と思います。
この顧客は、テーマを変えて、引き続き仕事を依頼いただいています。

このように、私は中小企業が投資できる金額で、
自分が提供できる価値を元に、サービスの価格を決定しています。

IT企業も同じように決めれば良いと思うのです。
その商品・サービスによって顧客が得られる価値はなんでしょうか?
それは金額換算するとどのくらいでしょうか?

 

原価はチェックツールとして後から考える

価値を元に価格を決めたら、後から原価を考えます。
「価格-原価」が粗利益ですから、それで商品・サービスの収支計画が立てられます。
仮に粗利益が少なすぎたら、もっと価値(=価格)を高くするか?原価を低くするか?あるいは両方の手を打つ必要があります。
このように原価は価格を決めた後のチェックツールとして使う程度で良いのでは、と考えています。

今、多くのIT企業が単なるモノを売ることを止め、サービスへシフトしています。
このサービスの価値を明確なものにするためにも、
原価から価格を求めるのではなく、価値から価格を求めるのは、
真の価値について徹底的に考える良い機会だと感じています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
数ヶ月振りに夜、自宅でバイク(ローラー台)に乗ろうと思っていたのですが、
時間が足りずに断念。。
年が明けても、なかなか時間が上手く使えていません。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

「毒の沼地」環境と、「しあわせの靴」環境

学校や資格の勉強を早く卒業すべき理由

関連記事

  1. 自宅(事務所)に必要なのは、プリンタよりスキャナ

    以前、自宅(事務所)にプリンタは不要かもしれない、という記事を書きました。…

  2. 税理士と会計士が消滅した国から学ぶこと

    少し古い記事になりますが、色んな側面から学びを得ることのできる記事があります。大前研一さんの記事…

  3. 中小企業は小さくIoTを始めましょう

    昨日、非常に面白い記事を見つけました。「身の丈IoT」というキャッチーなキーワードで始まる記事で…

  4. ロボットの葬儀が行われる日

    こんにちは、渋屋です。最新号のAERAの特集は介護でした。子どもが居ない人は数多くいらっしゃ…

  5. 手法の前に思考を知る

    水曜日にアジャイル開発の話を聴いてから、そこでの気付きを記事にしてきました。まだ…

  6. 人と機械(システム・ツール)の関係は、どう変化していくか?

    昨日は「SENSORS IGNITION 2017」に行ってきました。技術の進化を肌で感じること…

  7. バッテリーが劣化したパソコンを修理してきました

    こんにちは、渋屋です。今、メインで使っているPC(東芝Dynabook R631)は購入からもう…

  8. 新商品・サービスを開発するために必要な3つのこと

    大手からの受託開発や、大手への派遣ビジネスが先細りになることが見えている現状、「自社商品・サービ…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP