menu

クライアント企業から、どんな肩書きを与えてもらいますか?

4月から、ある企業に入らせていただき、仕事をしています。
その会社における自分の「肩書き」について考えてみました。

 

肩書きなんて、既に捨てていましたが

私は3月まで働いていた会社においては、既に肩書きは捨てていました。
チームを預かっていたのですが(いわゆる課長)、その責任を放棄していたわけではありません。

  • 肩書きにしがみつくような行動
  • 上の肩書き(部長)を取るための行動
  • 肩書きを権力として振りまわすような行動

そんな行動を嫌っていたのです。
少なからず、そういう行動をとる人がいましたので、
そんな人たちと一緒にされたのではたまらなかったのです。

むしろ、そんな肩書きはいらないから、自分のやりたい仕事に
集中させて欲しい。そう思っていました。

独立してからは、肩書きはありません。
自分の名前が肩書きです。
だから、肩書きというものについて、考えることはなくなっていました。

 

お客様にどう見られているか?

先日、そんな私でも自分の肩書きを改めて考えさせられる出来事がありました。

今、入らせていただいている会社で、その会社のお客様や、
協業している会社とミーティングをすることがあります。

その際、私もクライアント企業における名刺があった方が良いね、ということに。
フリーランスである私の名刺を出してしまうと、違和感のあるミーティングもあるからです。

クライアント企業の社長は、「どんな肩書きをつけましょうか?」と。
私より前から、その企業に入っている診断士の先輩は、「CFO」となっているようです。
最高財務責任者ですね。

その先輩診断士は、社長にとって財務面でのサポーターになっています。
実際、銀行などとのミーティングにも、その方は同席していますので、
CFOというのも頷けます。

私は「肩書きは何でも良いですよ。気にしませんから。」と本音で言ったのですが、
社長は「考えておきますね。」と。
これは面白い、と思ったのでした。

私には、いったい、どんなラベルが貼られるのでしょうか。
それはお客様から自分が、どういう風に見られているのか?を端的に現すからです。

 

お客様から何を期待されているか?

さらに、将来への期待を込めて、ラベルが貼られることもあるでしょう。
今、できていること以上のラベルが貼られるのであれば、それは嬉しいことです。
今以上に価値を提供できるチャンスを与えられているということですから。

お客様から肩書きをつけてもらうのは面白い!
コンサルの方であれば、一度、やってみてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
先週、インフルエンザになってしまい、空手の昇給審査が受けられなかった息子。
その振り替えで、今日、昇給審査です。私も一緒に行って、観てきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

「稼ぐ」ことに真剣に向き合ってますか?

中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

関連記事

  1. 働き方の3段階を考えてみた

    昨日、ディズニーをオフィス化する記事を書きました。この記事をまとめながら、ふと働き方…

  2. 税理士と会計士が消滅した国から学ぶこと

    少し古い記事になりますが、色んな側面から学びを得ることのできる記事があります。大前研一さんの記事…

  3. 大企業すら突然死する時代の生き残り戦略

    大企業の突然死が続いています。個別の企業名を挙げなくとも、思い浮かぶ企業があるでしょう。まだ…

  4. 難解な戦略は実行できない

    人間、理解できないことは実行することができません。今日はそんな当たり前の話を。&nbsp…

  5. ホームページ立ち上げ第一歩 #395

    おはようございます。渋屋です。昨日は久しぶりに軽くランニングをしました。息子と一緒に3.…

  6. 【勉強会】当日に必要なもの #581

    おはようございます。渋屋です。勉強会を開催するまでには、内容を練って、告…

  7. 資格コレクターでは、何者にもなれない

    資格に対して好意的な人、逆に資格など役に立たないと言う人。両方います。一応資格を活かして商売をし…

  8. 場所・時間に縛られない仕事を増やすと、ラクになる

    私が独立を目指したときから考えていたことの1つが、もっと自由な時間を得ることでした。&n…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP