menu

クライアント企業から、どんな肩書きを与えてもらいますか?

4月から、ある企業に入らせていただき、仕事をしています。
その会社における自分の「肩書き」について考えてみました。

 

肩書きなんて、既に捨てていましたが

私は3月まで働いていた会社においては、既に肩書きは捨てていました。
チームを預かっていたのですが(いわゆる課長)、その責任を放棄していたわけではありません。

  • 肩書きにしがみつくような行動
  • 上の肩書き(部長)を取るための行動
  • 肩書きを権力として振りまわすような行動

そんな行動を嫌っていたのです。
少なからず、そういう行動をとる人がいましたので、
そんな人たちと一緒にされたのではたまらなかったのです。

むしろ、そんな肩書きはいらないから、自分のやりたい仕事に
集中させて欲しい。そう思っていました。

独立してからは、肩書きはありません。
自分の名前が肩書きです。
だから、肩書きというものについて、考えることはなくなっていました。

 

お客様にどう見られているか?

先日、そんな私でも自分の肩書きを改めて考えさせられる出来事がありました。

今、入らせていただいている会社で、その会社のお客様や、
協業している会社とミーティングをすることがあります。

その際、私もクライアント企業における名刺があった方が良いね、ということに。
フリーランスである私の名刺を出してしまうと、違和感のあるミーティングもあるからです。

クライアント企業の社長は、「どんな肩書きをつけましょうか?」と。
私より前から、その企業に入っている診断士の先輩は、「CFO」となっているようです。
最高財務責任者ですね。

その先輩診断士は、社長にとって財務面でのサポーターになっています。
実際、銀行などとのミーティングにも、その方は同席していますので、
CFOというのも頷けます。

私は「肩書きは何でも良いですよ。気にしませんから。」と本音で言ったのですが、
社長は「考えておきますね。」と。
これは面白い、と思ったのでした。

私には、いったい、どんなラベルが貼られるのでしょうか。
それはお客様から自分が、どういう風に見られているのか?を端的に現すからです。

 

お客様から何を期待されているか?

さらに、将来への期待を込めて、ラベルが貼られることもあるでしょう。
今、できていること以上のラベルが貼られるのであれば、それは嬉しいことです。
今以上に価値を提供できるチャンスを与えられているということですから。

お客様から肩書きをつけてもらうのは面白い!
コンサルの方であれば、一度、やってみてはいかがでしょうか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
先週、インフルエンザになってしまい、空手の昇給審査が受けられなかった息子。
その振り替えで、今日、昇給審査です。私も一緒に行って、観てきます。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

「稼ぐ」ことに真剣に向き合ってますか?

中小企業がITを導入できない理由。コストは主原因ではない。

関連記事

  1. これから起業する人のITとの付き合い方

    こんにちは、渋屋です。昨日は、ITに造詣の深い方々との会合でした。毎度のことながら、自分の日…

  2. 本物フリーランスと、偽フリーランス

    独立し、「フリーランス」になってから、もうすぐ3ヶ月になろうとしています。色々と変化した3ヶ月で…

  3. 会社員は将校であり、フリーランスは戦闘民族である

    30代半ばを過ぎた頃から、会社員には気をつけなければならないことがあります。一人の兵として、戦闘…

  4. 中小企業診断士試験とトライアスロンの意外な共通点

    先週末はトライアスロンチーム「ポセイ丼」の仲間達が、佐渡で行われたレースに参加し、全員完走してき…

  5. 診断士は、セミナー事務をルーチン化する

    こんにちは、渋屋です。今日はテレワークです。自宅で仕事をしていたのですが、午後からは近所のカフェ…

  6. 税理士と中小企業診断士の関係

    経営コンサルタントを顧問として雇っている中小企業はそんなに多くありませんが、税理士を顧問につけて…

  7. 99%の見えないことで勝負が決まっている

    士業だからなのか、こういう商売をしているからなのか、理由は分かりませんが、士業向けの広告が実によ…

  8. 1円の重みに違いを感じた瞬間

    これまでの人生を振り返ると、同じお金をもらうにしても、印象に残っている瞬間があります。そのと…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP