menu

独立・起業直後の2年間を耐え抜くには?

多くのビジネスで、独立・起業直後の2年程度はガマンの時期だと言われます。
若くして独立・起業していれば、収入がない時期を「修行の期間」などと言えるでしょう。

しかし、既にある程度の社会経験を積み、配偶者や子どもが居て、ローンがあったりすると、
「修行の期間」などと言う余裕はありません。
実際には「稼がなきゃいけないのに、稼げないツラい期間」です。
この期間をどのように定義し、どのように過ごせば良いのでしょうか。

 

ある士業の苦悩

知人の士業の方が言っていました。

独立直後、最初の半年間。
外には上手くいっている風に振舞っていたものの、
本当のところは、売上らしい売上が立たず、銀行残高が急激に減っていた。
恐ろしくて通帳を見ることを避けていた。見ることができなかった。

次の半年は足掻きまくって仕事は多少増えたものの、まだまだキャッシュフローは厳しい状態。
まとまった生活費を奥様に渡せず、お金のことでビクビクしながら年を越したことが、本当につらかった。
「今でこそ笑い話ですけどね〜」と。

この方の場合、士業なので、まだ紹介でビジネスを作ることが出来たわけですが、
士業でなかったら、立ち上がりはもっと苦労されたのでは、と思います。
(私も独立直後は、本当に診断士で良かったと実感しました)

 

厳しい期間を支えてくれる、たった1つのこと

キャッシュが目減りしていく現実。
社会に貢献できていない無力感。
傷つく自尊心。

家族からは不安をぶつけられるかもしれません。
「いつになったらラクになるの?」「いつから稼げるの?」と。
それがプレッシャーになりつつも、どうにも出来ないもどかしさ。

負の感情と戦い続けなければならない期間です。
このような期間をどのように過ごせば良いのでしょうか?

私は、厳しい時期だからこそ、自分のありたい姿を描き、
そのビジョンを既に体現した者として振る舞うことだと思っています。
言い方を変えれば、自分の内在エネルギーを最大化し続けることです。

 

ビジョンの体現者として、現在の自分を「振り返る」

現実は現実です。
売上が上がらず、キャッシュが目減りしていく現実を変えることはできません。
しかし、この状況を上手く耐え抜く方法があるとしたら。

既に厳しい現実を乗り越えて、自分のありたい姿を体現した者になりきって、
現在の自分を「過去の自分」として振り返るのです。

私の場合は、仕事がないときにランニングしたり泳ぎに行ったりしていました。
独立前、平日の日中に自由にやりたかったことをやったのです。
どうせ仕事がないのだから、悩む前にやりたかったことをやろう、と。

独立前、大きな夢や希望を持っていたはずです。
しかしこの時期、最も怖いのは、目の前の現実にがんじがらめとなり、
自分が小さく縮こまっていくことです。
夢や希望を失わないような、内在エネルギーが必要なのです。

この内在エネルギーを維持し続けるために、ビジョンを見続けるのです。
人間、自分の実現したいビジョンを描くときには現実を飛び越えて、
エネルギーが出まくるからです。

不思議なもので、エネルギーが出ている人には、人や仕事が集まってきます。
つらいからと言って、ただただ凹んでいては、人も仕事も遠ざかってしまいます。
厳しい時期は、仕事が少ない分、時間はあるはずです。
そのデメリットを逆手に取って、ビジョンを鮮明な映像として描き、
自分のなかに刷り込んでいきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
昨日はセミナー後、友人の結婚パーティに参加。
幸せそうな友人(新婦)の笑顔。
久しぶりに合う仲間と夜遅くまで話し、楽しい場でした。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メルマガ 『非常識なコンサルタント』】
独立・起業を目指す方、特に自分らしく働き・生きたい方。
コンサルティングを事業の軸にしたい方に向けたメルマガを配信しています。
こちらから登録できます。

【Facebookページはこちら
「いいね!」すると、ブログ更新のお知らせを受け取れます。
たまに気になるニュースなども通知しています。

ブログ村ランキングに参加しています!
応援のクリックをしていただけると、嬉しいです。
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村

真摯さが求められる背景:ドラッカー読書勉強会レポート

コンサル合戦が面白い

関連記事

  1. 【勉強会】開催で最初につまづくところ #550

    おはようございます。渋屋です。今日も早起き成功です(^^;昨日は…

  2. 取り敢えず門を叩いてみれば、道は開ける

    一昨日のセミナーでご質問を頂きました。■「顧客とつながっている組織に入ることのメリッ…

  3. 診断士を取得して変化した「働き方」への考え方

    こんにちは、渋屋です。今日は早朝からミーティング10連発でした。。昼食の時間もまともにありません…

  4. フリーランスの限界を超える発想 『ストックビジネスの教科書』

    昨日の記事で、もっと多くの会社の成長に貢献したい、ということを書きました。多くの方に…

  5. 独立するには別の筋トレが必要

    独立支援のコンサルティングをしているので当然ですが、これから独立を考えている方との出会いが良くあ…

  6. ケモノ道を自分で切り開ける人、マニュアルに従うだけの人

    難関資格を突破した人が得る、「士業」という資格。一定以上の努力家だけが得られるものという印象があ…

  7. フリーランスはリスクに伴った自由が欲しい

    おはようございます。渋屋です。今日も7日に行った診断士のパネルディスカッションで思ったことを。…

  8. 独立前に社内転職してみたら?

    私が独立前にやっておいて良かったと思っていることがあります。社内で全く別の部門に異動していたこと…

最近の記事

PAGE TOP