menu

私が会社員を辞め、独立した理由(人事編)

私が会社員を辞めて、フリーランスとして独立した理由。
今日は人事面から書きたいと思います。

 

仕事を選ぶ自由が欲しい

1つ目は仕事を選ぶ自由です。

会社勤めをしていると、日々、様々な仕事が与えられます。
なかには個人で仕事をしていたら絶対に経験できないような魅力的な仕事があります。
(参考:会社員で居た方がオトクなこと

その一方で、必ずしも自分が望んでいない仕事が割り振られることもあります。
自分で営業もせず、仕事を与えて頂けるのだから、当たり前なことだと思います。

このように、自分がやる仕事の選択を他者に委ねていることに疑問を感じたのです。
「もっと自分で自主的に仕事を選べるようには、どうしたら良いのか?」と。

 

部署に依存しないスキルが欲しい

2つ目はスキル面です。

大企業になればなるほど、他の部署が何をしているのか、分かりにくくなります。
小さな組織では、他部署との連携がしやすいものです。
(参考:新卒で入社したのが小さな会社で良かった

私は所属する部署に依存せず、マーケティングもセールスも、企画・商品開発も、
アフターサービスも、全てを経験したいと感じていました。
そう考えたとき、私のキャリアプランは、中小企業の役員になるか、独立するか、
の2択になったのです。

 

昇進・昇格するための苦労をしたくなかった

1つだけネガティブなことを書いておきます。

昇進・昇格するための努力をするのに嫌気がさしたからです。
ここに意識が向かうと、市場・お客様と接する意識から、社内・上司へ意識が向かいがちです。
特に大企業の会社員として上を目指すのであれば、少なからず求められることだと思います。

上司に認められずして、昇進・昇格することもなれければ、給料も上がりません。
ただ、この点に構造的な欠陥があると、前々から感じていました。
次の項目で書きますが、評価や報酬を決めるのは、本来、お客様ではないか?と。

お客様に価値を提供し続けることこそ、仕事の本分だとしたら。
社内政治に付き合うことに何の価値があるのか?
そう考えずにはいられなくなったのです。

あ、ちなみに私は上司に恵まれていたので、上司が使えない!とか、
憎んだりというような、良く居酒屋で聞くような文句・愚痴はありませんでした。

 

評価・報酬は市場と自分が決めたい

既に書きましたが、自分への評価、その結果としてついてくる報酬は、
お客様(市場)に決めてもらいたいと思っています。

その前に、自分がどういうお客様に、どのような価値のあるサービスを提供するのか?
という自分のビジネス設計が終わっていることが、前提となります。
設計ができていたら、あとは真摯に価値あるサービスを届けるのみです。

このように自分のやるべきことをした上で、自分への評価をお客様に委ねたい。
もちろん、高い評価をいただけるように、工夫・努力しています。
社内政治にまい進するよりも、自分にとっては価値ある日々を送っていると感じます。

このように考えた上で、結局、独立することを選んだのでした。
人からは、特に会社員からは、「よく独立したね」と驚きの目で見られることが多いです。

確かにリスクが高い一面もあると思います。
ただ、このように自分の働き方を真剣に考え続けた結果、
私には大企業に居続けるという選択肢が自然となくなったのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【編集後記】
昨日は定期的に集まるメンバーで、ビジネスミーティング。
毎回、新たなアイデアと、実現するための多角的な視点が得られる刺激的なミーティングです。
昨晩も遅くまで、熱い場となりました。

今日も素晴らしい1日になります。感謝!!

医療保険:退職後の選択肢は3つ

税理士と会計士が消滅した国から学ぶこと

関連記事

  1. 独立・起業したら事業収入を妻に教えるか?

    会社員の頃、私の周りでは給与(年収)は妻に教えている方がほとんどでした。でも、独立して、周りに聞…

  2. 集中と迅さ #646

    こんばんは、渋屋です。■やりたいことが山積み先週までは、初マラソンに向け…

  3. 人と会って、起きた化学反応が面白い!

    このところ、人と会う機会を急激に増やしています。先週末からの1週間で、50人以上は会い、そのうち…

  4. 新たな出会い #669

    おはようございます。渋屋です。■新たな出会いを求めて昨日は、今後の活動に…

  5. 「日収 100万円」の世界から感じたこと

    最近、恐ろしい2人にお会いしました。1人はコンサルタント(本人はコンサルトは名乗っていませんが)…

  6. 会社という環境を活かすことができる強み

    このブログでは「独立」をテーマにした記事を多く書いています。しかし、私は全ての人に独立をオススメ…

  7. フリーランスの限界を超える発想 『ストックビジネスの教科書』

    昨日の記事で、もっと多くの会社の成長に貢献したい、ということを書きました。多くの方に…

  8. 販売を甘く見ると、痛い目に遭う

    こんにちは、渋屋です。少し前に診断士を取得し、独立・起業を目指している方向けに記事を書きました。…

最近の記事

最近読んだ本

PAGE TOP